世界中の大学、カレッジ、ビジネス学校をこちらで探しましょう!

世界中の大学、カレッジ、ビジネス学校をこちらで探しましょう!

様々な学習目的地に関する詳細情報

以下のリンクにクリックし、様々な国での学習について読んでみよう。 国々における一般的な情報を提供し、各国の高等教育システム、学費、学年の構造、国際的留学生のための研究の可能性などについて説明いたします。 健康保険、留学生のビザ、生活費に関する便利なポイントや実用的な情報についても書いてあります。

世界中の高等教育の可能性

Postgraduate studies, whether master’s degrees, MBAs or short courses, are becoming increasingly common in our modern economy characterized by specialization and globalization. 実際に、たくさんの国では学士号プログラムよりも、大学院の学位、ディプロマや証書の方が増加しています。 Master’s degrees, PhDs and courses are available in just about every academic discipline imaginable and with thousands of universities around the world to choose from, everyone pursuing postgraduate studies can find a school and program that is perfect for their needs.

世界中に様々な大学と高等学校の種類があります。詳細は国によって異なりますが、それらのほとんどが以下のいくつかのカテゴリーに分類されます:

  • 研究と授業の両方に焦点を当ており、さまざまな学問分野を提供する一般的な大学
  • MBA(経営修士号)や他のビジネスに関連する大学院の学位に焦点を当てるビジネス学校
  • 自然科学、テクノロジー、工学や数学に関連する学問分野に焦点を当てる工科大学
  • 彫刻、絵画、劇場、ダンスなど芸術関連の諸分野に焦点を当ている美術大学
  • 初等・中等教育レベルで教える専門家の学位に焦点を当ている教育機関

Students who enroll in a master’s degree program from a research-oriented university can usually expect to conduct a research project or write a thesis in addition to coursework. Master’s programs taught by other institutions may also require some sort of project, but generally tend to focus more on coursework or practical experience. ほぼすべての博士課程プログラムは独自の研究の上、卒業論文を提出することが必要とされています。

Potential students may also want to consider studying abroad, particularly if they are interested in highly specialized academic disciplines such as international business or Middle East studies. 高等教育 (大学または大学院レベル) のすべての段階において、海外留学を選ぶ学生が多くなっています。 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の統計研究所(UIS)の情報によりますと、海外留学の学生の数は400万人に近づいており、2000年に海外で勉強していたおおよそ200万人のほぼ二倍になっています。 東アジアと太平洋地域からの留学生の割合は28%になっており、北米とヨーロッパの学生は15%を占めています。 海外に留学をしている学生の数は中国、インド、そして韓国でもっとも多いです。 中央アジアからの留学生の約 6%、そしてサハラ以南アフリカの約 5% の学生は海外で勉強しており、これらの地域の学生は世界中に最も流動性を持っています。 海外留学の最も人気の目的地はアメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ、並びに日本です。

多くの学生は、自分が在住している国と違う国で提供されているオンラインおよび遠隔教育の大学院レベルのプログラムにも参加しています。 これらの学生は、UIS統計の数字には含まれていませんので、海外で勉強している留学生の総合数字はもう少し高く、おおよそ400万人を超えると思われます。

海外留学を考慮する際に様々なことについて検討をすることが必要です。たとえば:

  • Being able to select from the world’s top programs for a given academic discipline. さらに、いくつかの学問分野は一部の国ではしか存在していませんので、一番良いプログラムはいくつかの国でしかありません。 例えば、仏教研究に興味ある方は、一番良いプログラムをタイの大学で見つけることができるでしょう。
  • 異文化の中で学習できること。 Students pursuing master’s degrees, PhDs or courses in regional studies should consider a program taught in that region to obtain a full cultural immersion. さらに、国際ビジネスのキャリアを目指す学生は、異文化の中で生活をすることで貴重な経験を得ることができます。
  • Increased language skills if the program is taught in a different language than the student’s native tongue. In addition, although many international master’s and PhD programs are now taught in English even in non-English speaking countries, students may have the opportunity to increase their language skills through extra studies or assimilation with the local population.

大学院レベルの学位を取得したいと思っている学生は、研究を母国か外国の大学で進めることを決める時に、以下のポイントを考慮することをおすすめします:

  • 生活費を含めたプログラムにかかるすべての費用。 安いまたは無料の大学学習がある国もありますが、一方で、生活費が高くなる場合もあります。 しかし、国と大学の多くでは、奨学金や他の援助金が提供されており、それらの中に留学生のみを対象にしているものもあります。 留学生の労働許可に関する法律は国によって大きく異なることもありますし、留学生労働をまったく許されない国もあります。 健康保険の費用も国によって異なります。
  • 海外で留学する費用と文化の吸収や言語力のような様々な特徴に対する取得した教育の質。 Although all accredited master’s programs meet a high level of standards, teaching methods vary widely across different schools, programs and cultures. さらに、母語ではない言語で勉強することが困難であると思う学生もいるかもしれません。
  • 必要な言語力。 学習言語を十分に理解していない学生は、言語力を向上させるために大学で一年ほどの追加期間を過ごせなければなりません。 母国でコースに参加することであらかじめ言語力を身につけることもできますが、言語を勉強するため海外留学が延長されることもあります。
  • パートタイム対フルタイム、オンライン、並びに遠隔教育のような学習のタイプ。 ほとんどの国では、海外に留学生ビザで来ている学生には、フルタイムで勉強することが求められています。 しかし、すでに労働ビザで在住の学生は、パートタイムの学習プログラムに参加することが可能です。 さらに、オンラインと遠隔教育のプログラムが大きな柔軟性を与えています。
  • 家族の持つ学生の場合、家族への影響。家族のメンバーも言語能力をみにつけなければならないこともありますし、学生が労働許可を手に入れることができても、配偶者が働くことが許されていない国もあります。

世界中の大学についてゆっくり調べましょう。 If you already know what you’re looking for, you can click directly to that country or to specific programs. または、世界中に提供されている興味深いプログラムの数々について読むこともできます。