University of Liège ULG

はじめに

公式の説明を読む

リエージュ大学は参加型教育、学際、機動性と配置を促進することであなたの教育のためにあなたが責任を作りたい。

ULGは国内で最大かつ最も多様な教育の提供の1を提供しています。 これらのページでは、ULGのコースと専門的な目標の完全なプレゼンテーションがあります。 また、組織上の説明を読みます。

大学生活は、そのペース、そのハイライトとくつろぎのその瞬間を持っています。 それはあなたが経験を最大限に活用できる​​ように、適切にスケジュールを管理するために、学年の組織の明確なビジョンを持つことが重要である。

ULGであなたのコースは卒業証書によって証明されます。 これは、取得した知識と経験を証明します。 試験の編成方法、ここで発見し、評価し、信用割当方法とどのようなULG、教育の質を向上させるために実装しています。 学問のルールはすべて、このウェブサイト上で利用できるようになります。

最後に、これらのページは、各学部や大学院の特定の情報へのリンクを提供します。

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語

修士プログラムを見る »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

Master

Aerospeace工学のマスター

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

それが登場して以来、航空宇宙部門は、先駆的な役割を果たしたと構造を最適化し、高抵抗光構造を構築する適切な方法を設計、それは既存の材料を改善したり、新しいものを開発する例になるかどうか、技術の開発にモーターを務めており、推進の電子、コンピュータや通信システムの開発を配向する手段。 [+]

それが登場して以来、航空宇宙部門は、先駆的な役割を果たしたと構造を最適化し、高抵抗光構造を構築する適切な方法を設計、それは既存の材料を改善したり、新しいものを開発する例になるかどうか、技術の開発にモーターを務めており、推進の電子、コンピュータや通信システムの開発を配向する手段。 航空、航空宇宙、パフォーマンスが義務であるフィールドPAR卓越です:最高品質、信頼性、安全性、コストの前に来る責務である。 大なコストで保存された重量の数パーセントは、時には10倍に、プロジェクトの収益率を拡大し、時にはその実行可能性を決定することができます。 このような目的を達成するために、コンピュータ支援設計および製造方法が体系的に使用され、今日である。 ベルギーのフランス語圏でユニークな教育 を目的とした目標は、正確な1である:航空分野、航空宇宙技術に特化した技術者を養成する。 そこで我々は、力学の最新技術だけでなく、このドメインにリンクされ物理現象のコンピュータシミュレーションを習得する方法をお教えします。 教育は、設計·研究拠点に、より具体的に空気力学、連続メディア力学、構造計算(静的、動的、熱)、CAD(コンピュータ支援設計)、推進手段の高度な知識に上昇するのに必要な知識に設立され、材料。 あなたの最終的なプロジェクトの一環として、また、企業や研究センターでインターンシップをする機会を持つことになります。 2マスターズプログラム 研究フォーカスマスター この教育成果に固有の30単位を使用すると、宇宙産業や航空技術の知識を開発し、深めることができます。 あなたは合計で30単位からなるコースのグループを選択する必要があります。 カバーを提供したコースなどの実験空気力学、破壊力学、宇宙機器や衛星の設計、空間での推進技術、アナログとデジタル通信の原理として、非常に精密な技術的なドメイン 経営のプロフォーカスマスター より多くの情報を要求 キャリアの機会 取らマスターズ研究の焦点でまたはProfessionalフォーカスであるかどうか、専門の開口部は、航空宇宙土木技師のための多様かつ多数である。 ベルギーのクマの目撃者にインストールされ、フィールドの多くの企業は、ワロンは欧州の建設業界sector.1スペースと航空で大きな評判を築いているように、明らかに航空学でのキャリアや宇宙産業で興味卒業生にはるかに広い仕事の機会を提供しています。 EX-学生のかなりの数は、すでに大規模な欧州のコンソーシアムでキャリアを作ることを選択した。 それにもかかわらず、すべての学生が必要な航空宇宙の分野でのキャリアを決定するであろうしないように、カリキュラムではなく限定的す​​ぎる教育プログラムを好むの高度な技術の教育の一般的な性質を促進し続けています。 すべての非航空宇宙電気機械産業での卒業生の挿入は、このように広く促進される。 工学研究に接続されているキャリアパスの一般的な概要については、他にサイトを参照http://www.ingenieur-metiers.be [-]

Erasmus Mundus: Master in Georesources Engineering

キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2016 ベルギー リエージュ

[+]

[-]

Master En Sciences Et Gestion De L'environnement

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

Students who have enrolled in one of the 60-credit masters in Biology, Chemistry, Geography, Geology, Mathematics and Physics are able [+]

NOUVEAUTE: 2 diplômes en 5 ans ! Les étudiants inscrits dans un des masters 60 crédits en sciences biologiques, chimiques, géographiques, géologies, mathématiques et physiques ont cette année la possibilité de choisir un module "sciences et gestion de l'environnement" de 12 crédits. Les étudiants qui auront choisi tous les cours de ce module auront directement accès à la 2e année du Master en Sciences et gestion de l'environnement, organisé sur le campus d'Arlon. Les diplômés d'un master en sciences n'ayant pas suivi ce module auront également accès à la 2e année du Master, à condition qu'ils suivent les cours correspondant à ces 12 crédits en plus des 60 crédits de cette année d'études. Les étudiants qui choisiront cette voie seront, au terme de leurs études, titulaires de deux diplômes obtenus en 5 ans : un diplôme de Master 60 crédits dans leur filière d'origine et un diplôme de Master 120 crédits en Sciences et gestion de l'environnement. Soit une belle combinaison complémentaire à faire valoir sur le marché de l'emploi. La formation en Sciences et gestion de l'environnement L'étude de l'environnement fait appel à des connaissances techniques et scientifiques, des notions juridiques ainsi qu'à des compétences sociologiques et en management. Ainsi, le scientifique collecte des données selon des critères établis. Il a recours à des instruments et des méthodes spécifiques, mais reste tributaire des possibilités technologiques. Par ailleurs, celles-ci doivent tenir compte des modes de gestion de l'environnement, qui comprennent les institutions, organisations, dispositifs et instruments qui permettent d'assurer un meilleur équilibre de l'environnement. C'est la cohérence de ces composantes qui rend nécessaire une approche intégrée. Pour toutes ces raisons, l'enseignement en environnement se doit d'intégrer différentes disciplines. Son caractère multidisciplinaire est une porte ouverte vers différentes spécialisations. Ainsi, via le choix d'une des finalités spécialisées, vous avez la possibilité de conférer à votre formation un caractère plus scientifique, plus technique, voire plus sociologique et managérial et d'acquérir les compétences d'un spécialiste. Toujours soucieux de faire face aux nouveaux défis environnementaux, les enseignants adaptent leurs interventions en y intégrant les réglementations récentes, les nouveaux outils et les préoccupations actuelles. Structure des études L'Université de Liège organise un Master en Sciences et gestion de l'environnement en un an (60 crédits) et un en 2 ans (120 crédits) sur le campus d'Arlon. Ces masters interfacultaires (Sciences - Sciences Appliquées - Gembloux Agro-Bio Tech) viennent d'être réorganisés en vue d'offrir une formation en environnement plus spécialisée et professionnalisante. L'ensemble des formations se donne sur le Campus "Environnement" de l'ULg, à Arlon, hormis la spécialisation en Procédés biologiques de valorisation des effluents, proposée sur le Campus de Gembloux. Les Masters « 120 » (2 ans) Vous avez le choix entre 6 masters à finalité spécialisée. La 1re année de formation est commune. Elle vise à fournir des bases pluridisciplinaires et solides afin de vous préparer à intégrer les cours de spécialisation donnés en 2e année. Aborder l'environnement La première année s'articule autour d'un tronc commun de 40 crédits de cours obligatoires et d'un choix de 2 parmi 4 modules thématiques de 10 crédits chacun. Le tronc commun aborde, sous trois angles, les matières indispensables à tous les étudiants: - activités transversales avec, entre autres, les bases scientifiques indispensables en chimie, physique, géologie..., les outils nécessaires à la collecte et au traitement des données, l'approche intégrée d'une question d'environnement (visites de terrain, rencontre de professionnels, travail en groupe); - milieux, ressources et pressions anthropiques (écosystème, eau, énergie); - société et environnement (droit, économie). Le choix de 2 modules thématiques permet de personnaliser le cursus en abordant deux matières spécifiques: - enjeux énergétiques; - instruments pour la gouvernance; - environnements, risques et santé; - gestion territoriale. Se spécialiser En 2e année, vous suivez les cours de spécialisation du master choisi en relation avec votre projet personnel qui comprend non seulement un mémoire mais également un stage en entreprise. Master à finalité spécialisée en Surveillance de l'environnement (environmental monitoring) L'ensemble des secteurs de l'environnement: eau, air, sol, déchets, bruit, odeur, énergie, radiations, santé, sont étudiés. Cette formation, unique en Belgique francophone, répond à un besoin essentiel des entreprises et des administrations: poser un diagnostic scientifique et précis de l'état de l'environnement afin de leur permettre de prendre des décisions reposant sur des données fiables. Elle s'appuie sur des cours théoriques donnés par des spécialistes des sciences de l'environnement, mais surtout sur des applications concrètes étayées par des travaux pratiques de laboratoires et de terrain, des séminaires et des visites. Master à finalité spécialisée en Gestion intégrée des ressources en eau L'environnement a sa propre technologie. Celle-ci touche au traitement de l'eau, à la collecte et au traitement des déchets et des sols contaminés ainsi qu'à la réduction du bruit. Cette spécialisation, unique en Belgique francophone, vise à vous former à la maîtrise de cette technologie dans le cadre du traitement de l'eau. Master à finalité spécialisée en Interfaces sociétés-environnements Une saine gestion de l'environnement notamment dans l'optique d'un développement durable, concerne tous les secteurs de la vie: de la production au consommateur, de la gestion publique à la vie du quartier ou du village. Elle aborde également de très nombreux domaines: eau, énergie, territoire, alimentation, protection de la nature... Cette spécialisation vise donc à former des intervenants pour la mise sur pied de politiques environnementales, de programmes et de projets de développement durable ou de gestion de l'environnement. Elle comporte ainsi des cours de droit, d'économie, de sciences sociales et de gestion. Visant surtout à vous faire acquérir des compétences et des savoir-faire pour l'action et l'intervention dans des contextes professionnels, elle intègre également des travaux pratiques. Le programme propose enfin des cours de communication et de méthodologie. Master à finalité spécialisée en Pays en développement Cette finalité aborde les enjeux spécifiques à la gestion de l'environnement dans les pays en développement : géopolitique et développement, biodiversité, réchauffement climatique, conservation des sols, gestion des milieux urbanisés, sécurité alimentaire, gestion des ressources en eau. Master à finalité spécialisée en Energies renouvelables L'approche environnementale des problèmes d'énergie est un domaine particulièrement d'actualité ! Sources d'énergie, utilisations finales, impacts environnementaux, énergies renouvelables... sont autant de thématiques de recherches prometteuses que de secteurs professionnels d'avenir, tant s'impose la problématique de la nature de l'énergie et de sa consommation. Ainsi, afin de vous permettre de jouer un rôle efficace dans ce domaine, cette formation, unique en Belgique francophone, intègre des enseignements de nature technique et les combine avec des cours plus orientés vers les sciences naturelles et les sciences humaines. Elle présente également un caractère international de par la codiplomation avec l' Université du Luxembourg. Master à finalité spécialisée en Procédé biologique de valorisation des effluents Ce Master forme des professionnels de haut niveau qui possèdent une vue d'ensemble de la problématique actuelle du traitement de la pollution et de la valorisation des déchets. Le déchet doit aujourd'hui être considéré comme une ressource dont la gestion et l'exploitation sont devenus un défi majeur de notre société et un enjeu déterminant dans le cadre du développement durable. Au cours de votre formation, vous apprendrez à maîtriser l'ensemble des opérations biologiques et biochimiques du génie environnemental afin d'aboutir à la réutilisation optimale des déchets. Vous acquérez des solutions techniques de pointe permettant d'obtenir une valorisation maximale des substrats et de l'énergie. Cette valorisation biologique permet notamment la génération d'énergie verte, qu'elle soit électrique ou calorifique, ou encore d'assurer la qualité de l'air, de l'eau et des sols. Le master « 60 » (1 an) Principalement destinée à des diplômés de 2e cycle, cette formation en environnement confère un très haut niveau de spécialisation de par le choix entre 6 options. Séminaires, travaux pratiques de terrain et de laboratoire, projets en entreprise assurent un apprentissage concret de l'environnement. La majorité des spécialisations sont uniques en Belgique francophone et répondent à une forte attente du marché de l'emploi. En plus de 15 crédits de cours à choisir dans le programme de la première année du Master 120 en Sciences et gestion de l'environnement, 30 crédits sont à choisir dans l'une des 5 options ci-dessous. Le mémoire de fin d'étude compte 15 crédits. Option "Energies renouvelables" Cette option combine des enseignements de nature technique avec des cours plus orientés vers les sciences naturelles et les sciences humaines avec l'objectif de fournir les éléments nécessaires à l'approche pluridisciplinaire et globale requise par les problèmes de l'énergie. Les enseignements relatifs à différents domaines de l'énergie sont abordés : sources d'énergies renouvelables et fossiles, transport, conversions, utilisations finales, impacts environnementaux. Option "Pays en développement" Cette option aborde les enjeux spécifiques à la gestion de l'environnement dans les pays en développement : géopolitique et développement, biodiversité, réchauffement climatique, conservation des sols, gestion des milieux urbanisés, sécurité alimentaire, gestion des ressources en eau. Option "Gestion intégrée des ressources en eau" Cette option vise à vous donner une formation technique (théorie et pratique) orientée vers la technologie de l'environnement. Celle-ci touche au traitement de l'eau, autant dans sa partie amont (prélèvements et production d'eau) que dans sa partie aval (épuration des eaux), à la collecte et au traitement des déchets et des sols contaminés, ainsi que sur la réduction du bruit. Option "Interfaces sociétés-environnements" La formation est basée sur des cours interdisciplinaires, des séminaires de terrain, articulant des connaissances et savoir-faire mobilisables dans des situations de gestion, attribuant aux approches humaines un rôle actif dans le décryptage de la complexité des enjeux environnementaux. Option "Environmental monitoring" Cette option, au travers d'une formation concrète (séminaires, terrains, labos, visites, cours), intègre les 3 étapes du diagnostic scientifique complet d'une pollution et d'une évaluation des risques (mesure, traitement des données, aide à la décision). Elle aborde par ailleurs l'ensemble des milieux (eau, air, sol, déchets, biotopes). Le fondement de "l'environmental monitoring" est la métrologie avec pour objectif final de fournir une aide au décideur. Option "Procédé biologique de valorisation des effluents" Cette option met l'accent sur l'épuration des eaux, tout en abordant également le traitement des effluents gazeux et la remédiation des sols. Les cours présentent l'impact des activités humaines sur l'air, le sol et les eaux et exposent les traitements adéquats de protection de ces différents milieux. Ils abordent notamment les méthodes d'assainissement des eaux utilisées en fonction de la destination de l'eau. Ils envisagent les techniques d'épuration de l'air et les méthodes appropriées pour réhabiliter des sols pollués. Les débouchés - Cadres spécialisés en environnement des entreprises - Cadres techniques d'associations et de groupements de défense de l'environnement - Chercheurs - Conseillers en environnement - Experts-consultants des bureaux d'études en environnement - Fonctionnaires et cadres des administrations publiques impliquées en environnement [-]

Master in Multilingual Communication

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

[+]

[-]

Master in Political Science

キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2016 ベルギー リエージュ オランダ マーストリヒト + さらに2

[+]

[-]

アーキテクチャのマスター

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

建築家の訓練と並行して、土木技師建築家も科学部で、ULGで構成されています。 [+]

訓練の一般的な目的 - 建築のアプローチの特異性に学生を訓練。 - 教授法(講義、プロジェクトのワークショップ、モジュール、セミナー、ワークショップを...)教え両方の被験者で、多様な研修を提供。 - (国際協力ネットワーク、モビリティプログラムとの交流が多数、教育旅行、会議、展示会···の登録)の学生が外側に開くことができるように; - 研究と建築の博士号の学生を持参。 - 採用情報アーキテクトのための準備をします。 建築家、土木技師建築家? 建築家の訓練と並行して、土木技師建築家も、応用科学学部で、ULGで構成されています。 異なるまたは類似の材料への対応が、時には角度や特定の専門分野や特定の雇用機会開きにも、様々な程度を深め、これらの地層は、相補的である。 同機関に属する学生の利益のために、ますます協力する2学部をリードします。 教育的基盤 建築の学校で独自の創造的な教育は、理論、実験、建築プロジェクトであるコアトレーニングの周囲に交流を兼ね備えています。 このインタラクティブな教育は、形状、学生の個人的な投資のおかげで、グループワーク(意見交換と対決)の具体的なダイナミクスと教師の教育的アプローチを採用しています。 訓練は、各学生の知識の訓練を開発し、管理し、自分の答えを構築するための知識を与えることを目指しています。 指導チーム 教員は建築の専門分野の訓練を受けた教師や周辺分野を含んでいる。 それらのほとんどは、アーキテクチャを実践しています。 これらの専門家は、彼らのコースで地面に実用的な現実を統合することが熱望している。 講義のために、彼らは将来の建築家の懸念に適応することによって彼らの規律の基本を伝える。 建築を勉強するコーク、理想的な街 建築学部は、リエージュの中心部でのインフラを持っています。 建物の芸術は熱烈な市で特に豊富である。 歴史的建造物や公共および民間の建物の完全なすべての回特に顕著、リエージュは、疑いもなく、観察や建築を勉強する無尽蔵の実験の分野である。 これは、両方のいくつかの理論的な科目(など建築史、都市計画、社会学、。)プロジェクトや現地調査コンテキストの実際のシェーピングを提供する例証することができます。 この近接はまた、あなたを簡単機関、領土、市に関連する様々なサービス、または社会的、専門的な環境とのインターンシップの間に接触して取得することが可能になります。 図書館やアーカイブとドキュメンテーションセンターカフェ​​テリア、プロジェクトのための展示ホール、ワークスペース:加えて、地元の観客のコースやワークショップには、インフラULGにも便利日常のサービスの範囲を提供します広々とした学生は、コンピュータ室、インターネットアクセスの本... リラクゼーションに交流を推進する人的側面では、建築学部が提供する、最終的には、品質の屋外スペース、ワークショップのための教育の特定のコースのための援助、そして実験的背景になってきている。 [-]

コンピュータサイエンスの修士

キャンパス 全日制課程 1 - 2 年間 September 2016 ベルギー リエージュ

9月、2013年からは、マスタープログラムの最初の年は英語で完全に与えられるだけでなく、ほとんどの2年生のクラス。 [+]

コンピュータサイエンスの修士 英語のマスター 9月、2013年からは、マスタープログラムの最初の年は英語で完全に与えられるだけでなく、ほとんどの2年生のクラス。 1年または2年 3マスターは提供されています。1年の非常に一般的なものを、他の2 2の年。あなたがすることを目的と教育水準の面で、プログラムを選択してください。 2年間持続マスターズの概要は以下のとおりです。 理論を深め、実践的なアプリケーションを開発 教育プログラムは、特権コンピュータサイエンスのソフトウェアの側面を:それは強力な理論的基礎と最新の方法や実用的なツールの習得を提供しています。 2年間持続バージョンでは、管理のプロフォーカスとの研究の焦点とマスターズとマスターズの間で、特に選択する際に、あなたのプログラムの一部を自分で構築する。 1年目はすべてに共通であれば、すでに関心とあなたの個人的なプロジェクトのあなたの中心に応じてとるべき数々のオプションコース(30単位)で構成されています。 これは、非強制的な外部研修プログラムが提供されていることをこのような観点である。 その後、マスターズが取られたに関係なく、重要な最終的なエッセイを提出する必要があります。 研究の焦点とマスターズ 教育成果の具体的な30単位を使用すると、ドメインに与えられている特定のコースを通じて資格を高いレベルで取得できるようにする「ネットワークとシステム。 ' 経営のプロフォーカスマスター コンピュータシステムアーキテクチャのマスター(MCSA) コンピュータシステムアーキテクチャのマスター(MCSA):​​9月、2013年以降、ULGはHennaluxとナミュール大学と共同で、提供内容に新しいマスターを追加します。 クラスはマルシェ·アン·ファメンヌで開催され、安全な異種のコンピュータシステムアーキテクチャ、モバイル·アプリケーションとマルチプラットフォームの配布を扱います。 実習 実用的な作品は、プログラミングの特には、少なからぬ個人的な努力が求められています。 あなたの研究の枠組みの中で、あなたは、高性能コンピュータ·インフラへのアクセス権を持っている(無線LAN等、広範囲にわたる集中ストレージ、最新のソフトウェアである)あなたのラップトップの可能性または固定のワークステーションがあなたのために利用できるように最大限に活用することを可能にする。 キャリアの機会 コンピュータサイエンスの分野であり、取らマスターズは、高度​​な研究や専門化の成果を持っているかどうか、ジョブの重要な供給源のままになります。 コンピュータサイエンス企業は、(ソフトウェア開発、完全なパーソナライズされたシステムなどのサービスとコンサルティングの売却)は、より多くの雇用のコンピュータサイエンス大学の卒業生や経済のほとんどの部門(工業生産、銀行·保険部門、スーパーマーケットの流通に積極的に企業である、通信、運輸など)が少なくなり、計算機科学の専門家でなくても行うことができます。 同じように多くの可能性は、研究、行政や教育に存在する。 また、新製品の設計·生産システムの組織化を支援する産業用アプリケーションに強く開発されている。 最終的にはコンピュータサイエンスの修士リエージュ大学は応用科学学部の枠組みの中で組織されているこのようなネットワーク技術とマイクロエレクト​​ロニクスなどのコンピュータサイエンスの使用のより技術的な側面を、タックルする可能性があることを意味します。 コンピュータサイエンスの学生は、多くの場合でも、学業を終えた前に仕事を見つける。 [-]

コンピューター工学の修士

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

教育プログラムは、ハードウェアとソフトウェアの側面をカバーし、最も最近の方法および技術の積極的な学習との強い理論的な基盤を兼ね備えています。 [+]

英語のマスター 9月、2013年からは、マスタープログラムの最初の年は英語で完全に与えられるだけでなく、ほとんどの2年生のクラス。 理論と実践を組み合わせた 教育プログラムは、ハードウェアとソフトウェアの側面をカバーし、最も最近の方法および技術の積極的な学習との強い理論的な基盤を兼ね備えています。 2マスターズプログラム 一つは、あなたが本物の経営スキルを開発するために、他のエネルギー論の知識を拡張し、深めることができます。 最初の年は、すべてに共通している。 これは、フィールド上で必要不可欠な知識を構成する強制的なコースを提供しています。 2年目では、マスターズが選択されているにかかわらず、調査作業プロジェクトの最後には、提出されなければなりません。 これは研究課題に向けて、または事業会社と共同で開発されたアプリケーションの方に向けることができる。 応用科学学部モンテフィオーレ研究所でMicrosys研究室での電子マイクロシステムの作成 研究フォーカスマスター この研究の焦点に固有の30単位では、コンピュータ科学の専門コースの広い範囲を提供しています。 あなたは、このようにお好みの分野であなたの知識を開発し、拡張することができます。 など医療用画像処理、マイクロシステム、エキスパートシステム、暗号化、などのコースを提供してカバー、非常に特定の技術分野 それは、企業や研究センター内でのインターンシップを行うことも可能です。 経営のプロフォーカスマスター より多くの情報を要求 キャリアの機会 コンピュータサイエンスの分野であり、取らマスターズ研究の焦点でまたはProfessionalフォーカスであるかどうか、ジョブの重要なソースのままになります。 コンピュータサイエンス企業は、(ソフトウェア開発、完全なパーソナライズされたシステムなどのサービスとコンサルティングの売却)は、より多くの雇用のコンピュータサイエンス大学の卒業生や経済のほとんどの部門(工業生産、銀行·保険部門、スーパーマーケットの流通に積極的に企業である、通信、運輸など)が少なくなり、計算機科学の専門家でなくても行うことができます。 多くの仕事は、情報通信技術業界でも利用可能である:それは広い意味で、データ処理やセキュリティ、ネットワーク、通信、マルチメディア、医療用途、組み込みコンピューティング、ロボット工学におけるサービス... 同じように多くの可能性は、研究、行政や教育に存在する。 コンピュータ科学者たちはまた、フリーランスのコンサルタントとして働くことができます。 工学研究に接続されているキャリアパスの一般的な概要については、他にサイトを参照http://www.ingenieur-metiers.be [-]

原子力工学の修士

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

それはBNENプログラムは原子力工学の専門秒MSCと工学分野の理学修士の学位の保有者を提供することを目的としていることを述べることができる。 [+]

原子力工学の修士 プロフィール 原子力工学の高度なマスターは、大学間のプログラムです。 一般に、BNENプログラムは原子力工学の専門第工学修士で規律理学度(修士)のマスターの保有者を提供することを目的とすると言うことができる。 プログラムの主な目的は以下のとおりです。 特に発電の分野では、核のアプリケーションの分野でのキャリアを開発するために必要なすべての科学的·技術的背景やスキルを持つ卒業生を提供すること; 科学的な基本原則から開始し、廃棄物管理と原子力発電所の安全運転の重要な問題を含む持続可能な環境での技術的な可能な解決策や原子力の社会的関係するアプリケーションに経路を提供する。 また、リスク、安全性とセキュリティ分析と労働者と公衆の放射線防護の直接社会的な側面を明示的に含まれています。 BNENプログラムの第二の目的は、欧州で原子力工学プログラムの修士の後、2002年には、これに最初にマスターし、真の国際的な次元を与えるために、ベルギーで異なる核の俳優との直接的な相互作用を持っている願望との直接的な関係にあったと国境を越えて。 キー学習成果 BNENがマスタとしてマスタープログラムの後には、初期エンジニアリングマスターで取得された数学、流体力学、熱力学、熱伝達、一般的な物理学、化学、材料科学と電磁気学のドメインで知識、スキル、コンピテンシーに依存しています。 これは、以前に取得した知識や力量から、これらのツールが集中講義、演習、実験セッションでだけでなく、BNENプログラムの修士論文のために使用されていることは明らかである。 BNENプログラムは、革新的なソリューションを見つけることを数値的​​に評価するために、関係する物理学を理解し、モデル化するために、原子力工学に関連した問題を識別するために、エンジニアを教育する。 彼らはベルギーの能力の学術ポールを維持することを目的に関連する科学分野と、この中で博士課程または個人研究に着手するために用意されている原子力工学の基本的な科学的なアプローチに学生を教育することによって。 これらの目標を達成するために、学生は、原子炉運転中overspecialisingが、原子力エネルギーやその他の核のアプリケーションの現在と将来の実用的な活用のために選択されたオプションの科学的·技術的根拠を強調していない、学問的指向プログラムをご利用いただけます。 [-]

宇宙科学のマスター

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

これらの質問に答えるためには、研究者が宇宙科学(宇宙物理学と地球物理学)は、現在の技術の限界で最も強力なツールを活用する。 これらの研究者は、将来の発見につながる道を開くために、今までにないパフォーマンスに、これらの機器の開発に貢献しています。 宇宙科学のマスターは、これらの研究活動へのポータルです。 [+]

リエージュ大学の宇宙科学のマスターは、次のような科学的問題に対処するための理想的なトレーニングです。 どのように宇宙がある進化? 星がどのように進化する? どのような地球の起源であり、それはどのように進化するのでしょうか? 形成された銀河は何ですか? どのように私たちの太陽と他の星に動作しますか? 宇宙の端に移入天体は何ですか? 太陽系内の以降の惑星の特性は何ですか? どのように物理学の基本法則は、それらが天体観測で調べることができますか? これらの質問に答えるためには、研究者が宇宙科学(宇宙物理学と地球物理学)は、現在の技術の限界で最も強力なツールを活用する。 これらの研究者は、将来の発見につながる道を開くために、今までにないパフォーマンスに、これらの機器の開発に貢献しています。 宇宙科学のマスターは、これらの研究活動へのポータルです。 このカリキュラム終了後、卒業生はのために天体物理学、地球物理学、惑星学、宇宙技術および天体素粒子物理学の知識と理解を使用することができます新しい経験を設計し、実装するために、複雑な科学的問題を解決し、その成果を共有しています。 特に、それらは次のスキルを取得している。 地球物理学、地球に影響を与えるプロセス、その雰囲気、その気候と海洋の深い理解。 太陽系と太陽と惑星の間の相互作用を深く理解。 恒星物理学とその全体の銀河と宇宙を支配する物理過程を深く理解。 宇宙分野の深さと、その特定の知識の問題; 科学的なアプローチの心の様々な複雑な問題の厳密な数学的モデリングのための解析; 独立して、またはチームで仕事する能力; 様々なソフトウェアツールの経験を使用している豊富な経験; 聴覚の専門家や一般市民への科学コミュニケーションの優れたコマンド。 [-]

機械工学の修士

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

このプログラムは、「キャンパス自動車·ド·スパ·フランコルシャン」と共同で開発され、ベルギーでユニークですし。 [+]

機械工学の修士 持続可能な自動車技術の専門フォーカスとマスターズ このプログラムは、「キャンパス自動車·ド·スパ·フランコルシャン」と共同で開発され、ベルギーでユニークですし。 コー​​スはスパでキャンパス内で、英語で行われます。 いくつかの "土木" 1マスターズ(プロフェッショナルフォーカス)のプログラムは、プログラムは、卒業生のための証明書としての地位を提示します。 これは、自動車産業は、現時点で直面しなければならない課題で満たすように設計された:(エンジン等、安全性)車両性能を改善するCO²排出量を削減している。 業界では、したがって、この有望な分野で技術革新ができる技術者や科学者を必要とします。 この目的を満たすために、重点が研究室の仕事、実用的な仕事と設計演習に置かれます。 プログラムは、多くの高性能な設備と実験系で専門的な訓練(FOREM)のための公職の一つである「キャンパス自動車·ド·スパ·フランコルシャン」、とのパートナーシップの恩恵を受ける。 これらのハイテクツールを使用して、学生が最先端の産業利用に適した資格を取得することができます。 キャンパスで利用可能な機器や顕著なレーストラックの隣に、その場所の専門性の高レベルを考えると、プログラムは、2つのフィールドを志向されます。 ビークルダイナミクス(モジュール1) 清潔で、電気自動車、ハイブリッドエンジンなど(モジュール2) いくつかの専門家は、モータースポーツ(F1チーム)の分野から含めて、コースに関与することになります。 [-]

社会学の修士 - 移民研究の焦点を合わせる

キャンパス 全日制課程 1 年 September 2016 ベルギー リエージュ スペイン バルセロナ + さらに2

ヌーベル共同diplomation専用練習曲シュールレ移行L'ULGらL'UPFデ·バルセロナ市内ではかつてのDESの専門家を注ぐs'associent DES migratoiresをphénomènes:ズームシュール国連ヌーボーマスター«移民研究»エン [+]

ヌーベル共同diplomation専用練習曲シュールレ移行L'ULGらL'UPFデ·バルセロナ市内DESはmigratoiresphénomènes旧DESの専門家を注ぐs'associent:«移民研究»エンズームシュール国連ヌーボーマスター(146車)DESラrentrée2014、L ' ULGらL'UPFデ·バルセロナ市内主催国連ヌーボーマスターconsacréàL'エチュードDESphénomènesmigratoiresを注ぐs'associent。 シュール4概念 - CLESfondéeL'をheureOùLAmobilitéhumaine ESTglobaliséeらレ言説政治学シュールレ移行はSE multiplient、ルイジアナnécessitéデ·開発者に対し宇根approcheマルチdisciplinaireシュールcettethématiqueコンプレn'a JAMAIS ETE aussiグランデ宇根形成: 2 ANS(120クレジット)専用プログラム:L'ULG(リエージュ)、L'UPF(バルセロナ市内)à宇根ANNEEà宇根ANNEE バージョンbilingueングレ·バーゲンついにアンPossibilitéデsuivreル·プログラムは、バージョンフル·イングリッシュ途中のOU マニクールはPAR DESの専門家デ·オー·ニボー像DANSルドメーヌドゥ移民を分配 Sociologie(ULG)JPダブルdiplômeら専用練習曲シュールレ·マイグレーション·デュ的改革·ド·科学politique(UPF)宇根approche multidisciplinaire、ラ音記号à国連ダブルdiplôme... CEヌーボープログラムドマスターtrouveの息子はDANS宇根トリプルapproche専用アソシエント科学politique、sociologieら練習曲DESへの移行=ガンpermettra D'acquérir国連ダブルdiplôme、L'大学·リエージュエトAUTREパーツパーリットルパーdécernéドール宇根部分」をoriginalité理学部ポンペウ·ファブラ·デ·バルセロナ市内。 LESはséjourneront宇根ANNEE DANS chaque大学らpourront ainsiオブザーバーレdynamiquesデマイグレーションエトデdiversitéculturelle auのセイン·ド·ドゥcontextes urbains貴様をétudiants。 CEプログラムは、enseignéPAR DESの専門家はエデ、reconnusをprofessionnels alliera側面がthéoriquesらoutils pratiqueséconomiques、juridiquesらsociologique DESはmigratoiresをphénomènes、CE comprisレ側面の政治学備わり、宇根透視multidisciplinaireをDANS。 Bilingue OUフル英語:金choix! ル·プログラムの血清提案DANSレドゥザルブバージョンアンfonctionデvotre PROFIL linguistiqueエトデVOS願望バージョンbilingueのANNEE 1 L'ULGのANNEE 2àL'UPFà - バルセロナ市内バージョン«フルイングリッシュ»のANNEE 1àL'UPF - バルセロナ市内ANNEE 2à L'ULG DESpossibilitésデdébouchésオプレDES機関internationales、ONG、かつてのレprofils suivantsàデDéveloppementは...ル·プログラムバイス専用エフェをagences DESの専門家は«移行を»レONG、レfondations、レbanquesエトデDéveloppementはらは、AルSECTEURを注ぐが、非lucratif agencesを注ぐ。 DES料金デprojetsジュニアレ機関internationalesはレ移行(OIM)は、L'アジャン·デ·ナシオンUniesはレréfugiésを注ぐ注ぐ国際L'組織をCOMME注ぐ官事務所(UNHCR)のOUのアンコールL'機関国際デュ苦労(OIT) DES responsables移行らDiversitéレautoritésgou​​vernementalesを注ぎ、レ·デ·開発庁らレautoritésロケールをagences DESのchercheursらONGシンクタンクレ、レ機関universitairesを注ぐ DESのjournalistesエデdiplomates A =ガンs'adresse cette形成? VoiciレcritèresD'入場ら書類クワイ=régirontL'ACCESàCEマスター ETRE titulaire D'UNグレードacadémique·デ·最小180 ECTS(バシュリエET / OUマスター)デ好みDANS宇根規律アナログ - sociologie、科学政治学、géographieのhumaine、科学humaines OU·デ·ラ·サンテはou国連グレードprévu前衛ルプルミエseptembreデL 'マニクールアンANNEE MaîtriserL'ングレAUニボー像B2 Produireドゥは文化勲章デrecommandation pertinentesらpersonnalisées(L'国連D'ellesのdoIt ETREémiseパー国連プロフェッショspécialisteドゥ移民) Rédiger、アングレ、宇根のlettreデ動機情報のpratiques:droits D'碑文ら手順D'入場レスはs'acquitteront DESをétudiantsD'銘エンvigueur DANS L'機関droitsfréquenterontをqu'ils。 CESàレ情報の親戚droits D'表記のsontのICI UPFをdisponibles:http://www.upf.edu/postgrau/en/acces-admissio/preus/ ULG:(http://www.ulg.ac.be/cms / c_470526/droits-d-inscription)レスはL'のズールのsuivanteのwww.ulg.ac.be /入学àpeuvent soumettre国連関係書類をcandidats 日付をlimesの複数形:septembre 2014:15 AOUT 2014レを注ぐが、2014年から2015年30アヴリル2015レétudiantsを注ぐオードブルが2015から2016リプライズDESマニクールacadémiqueL'ANNEEを注ぐUEacadémiqueUEはL'ANNEEを注ぐétudiants [-]

電気工学の修士

キャンパス 全日制課程 September 2016 ベルギー リエージュ

デジタル技術は、我々の文明に革命をもたらしました。 主にエレクトロニクスの目標、それに関連する技術の開発に学習プログラム。 研修の終わりには、電気技術者は、情報とエネルギーを、キャプチャ、分析、変換して伝送するために、彼らの知識や電気、電子工学とコンピュータ科学の基本原則の理解を活用することができます。 [+]

デジタル技術は、我々の文明に革命をもたらしました。 主にエレクトロニクスの目標、それに関連する技術の開発に学習プログラム。 研修の終わりには、電気技術者は、情報とエネルギーを、キャプチャ、分析、変換して伝送するために、彼らの知識や電気、電子工学とコンピュータ科学の基本原則の理解を活用することができます。 マスタープログラム 1年目は、一般的なプログラムを持っており、電子機器における必修科目、コンピュータ科学と電気を提供しています。 2年目は、最終的なプロジェクトの生産が含まれています。 あなたはマスタ​​ーの3種類から選ぶことができます 研究フォーカスマスター このマスターは、最終的なプロジェクトのトレーニングを完了するために、(30クレジットの合計)選択科目の大規模な選択が含まれています。 ゴルフは、そのようなデジタル画像処理、オプトエレクトロニクス、高感度の測定器、電磁界の影響を、生体系モデリング、マイクロシステム、電気ネットワーク分析などの高度に専門的な技術分野をカバー... 学校教育をcompements産業の経験を得るために - 学生はまた、同社でのインターンシップ(10クレジット、30日)を実行する機会があります。 経営のプロフォーカスマスター 持続可能な自動車技術の専門フォーカスマスター キャリアの機会 見通しは、ロボット工学、通信、電気、オーディオおよびビデオアプリケーションの使用の合理化などの重要な経済分野で利用可能です... エレクトロニクス産業からの革新的な製品は、卒業生が研究開発、生産管理、マーケティング、保守、点検、専門知識、一般的な管理や基礎研究の分野で雇用を求めることができます。 彼らはまた、自分のビジネスを作成することもできます。 土木研究に接続されているキャリアパスの一般的な概要については、他にサイトを参照http://www.ingenieur-metiers.be [-]

お問い合わせ

University of Liège

住所 Place du 20 Août 7
Liège 4000, Belgium
ウェブサイト http://www.ulg.ac.be/studies
電話 +32 4 366 21 11