Ritsumeikan Asia Pacific University (APU)

はじめに

公式の説明を読む

伝統と歴史の100年以上、立命館アカデミーは、日本初の純粋に国際大学として2000年4月にAPUをオープンしました。 私たちの大学院は、一意に多文化環境の中で完全に英語ベースのカリキュラムに学生を歓迎します。 ビジネスの和風とダイナミックな世界のを中心とした社会とアジア太平洋地域の環境だけでなく、管理が直面する複雑な問題を、取り組むに向けた研究のオプションを持つアジア太平洋研究のAPUの焦点で大学院、国際ビジネス。 APUの大学院完全に日本の教育省、文化、スポーツ、科学技術(文部科学省)によって認定されています。

ワールドクラスの教育

APUの大学院プログラムは、「日本/世界銀行共同大学院奨学金プログラム」と「アジア開発銀行・日本奨学金制度」をはじめ、近年では、いくつかの名門奨学金制度に設定されています。 私たちの大学院生を後援している他の組織の中には、インドネシア財務省、日本企業、地方公共団体及び独立行政法人国際協力機構(JICA)が挙げられます。

真に国際的な環境

キャンパスには世界中から学生や教員を集め、世界に固有の玄関口です。 私たちの日本の教員はまた、多様な国際的なキャリアや学術経験を私たちに来ます。 言語と文化のこの非常に豊富な混合物は、APUに日本の「地球村」という評判を得ています。

日本の経験

大学院クラスは英語で完全に実施されるように、日本語の予備知識は必要ありません。 しかし、日本語を学ぶために強い関心とのそれらのため、初心者レベルのクラスは、追加費用なしで、特に大学院生のために保持されています。 日本の文化に浸漬し、学生が日常的に使用するために彼らの新しい言語のスキルを置くことができます。

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語

修士プログラムを見る »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

Master

アジア太平洋研究の修士

キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2016 日本国 別府市

多くの人々が地域の継続的かつ堅牢な成長の結果として、「アジア太平洋の世紀 "として21世紀を考えています。 この地域の隆起は、着実な成長を向上させ、そのG-20で増加政治権力と経済的相互依存を通して目撃することができます。 [+]

アジア太平洋研究の修士 プログラムについて アジア太平洋研究の修士プログラムは、アジア太平洋地域が直面する課題に対処する準備ができて有能なリーダーに学生を教育し、変換することを目指しています。 このプログラムは、複雑で絶えず変化する社会文化的状況や国際問題を分析実行可能解を追求し、地域の豊かな未来への道を切り開くために学生を奨励しています。 学生は専門的な知識と洞察力を蓄積し、客観的かつ体系的な方法で複雑な事実を解釈し、問題への洞察に満ちたソリューションを提供しています。 国際関係と社会と文化:問題の広い範囲には、2つの部門で対処されています。 分析的基礎科目、アジア太平洋地域でのコア科目、部門固有のコースや研究指向の集中セミナーコース:このプログラムの下で教えたコースは4つの柱で構成されています。 このプログラムは、データを、分析のためのフレームワークを策定収集し、分析する能力、およびテスト引数と仮説を含む学生の研究能力を、育てます。 学生は彼らの研究を通して体系的に特定のテーマの下で研究を行うことが期待されます。 プログラムの終了時に、学生が論文を提出しなければならないか、プログラム全体の実行セミナーのコースで上司から個人指導の下で開発してきた彼らの選択、をテーマに報告します。 プロセスの間、彼らは、アジア太平洋地域でのフィールド調査を実施することをお勧めします。 部門 国際関係(IR) 国際関係(IR)部門は、学生の経験的な知識ベースを拡大し、グローバル化する世界における社会的、政治的、経済的及びセキュリティ事象に関する彼らの分析と理論的思考を先鋭化を目的としています。 この部門のコースは、学術的に結合した学生やセキュリティ、外交やメディアで意図したキャリアを持つ開業医に結合した学生の両方のために有用な知識ベースを提供しています。 このような国際的な安全保障、国際法と紛争解決などの科目をしながら、学生はまた、論文や研究レポートを書くことに焦点を当てます。 主要科目 地域主義とグローバリゼーション 国際法 国際政治経済学 比較政治と政府 特別研究(国際関係) 紛争解決 国際安全保障 社会と文化(SC) アジア太平洋地域は、ここ数十年の中で最も急速に発展地域の一つです。 発生した社会的、文化的な変化のパターンをキャプチャするには、社会と文化(SC)部門は、地域の比較学術研究を促進することに専念しています。 学生は社会学、文化人類学、メディアやコミュニケーションの研究で開発された理論と方法を用いた研究を策定し、実施する際に実践的なスキルを習得することができます。 地域で国の社会的、文化的背景に関する知識と、それは政府、工業、商業、学術機関に大きな雇用機会を持っている学生を可能にします。 主要科目 ・社会的風景を変更します ・メディア・コミュニケーション ・移行とトランスナショナリズム ・社会組織と制度 ・社会学と日常生活 ・特別研究(社会・文化) ・文化的変化 取得した学位: アジア太平洋学の科学のマスター 部門: INTERNATIONリレーションズ(IR) 社会と文化(SC) 登録学期: 4月、9月 番組の長さ: 2年 年間摂取量: 15人 総授業料: 2,800,000JPY [-]

マスターの国際協力政策で

キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2016 日本国 別府市

全体として、アジア太平洋地域および​​国際社会は平等な発展と持続可能な環境を確保するために対処する必要がある多くの緊急の問題に直面しています。 プログラムは、政策志向や実践的なアドバイスを学生に提供しています。 [+]

マスターの国際協力政策で 国際協力政策の修士プログラムは、複数の視点から複雑な課題を理解し、世界、地域、そして地元の視点から統合的なアプローチで実現可能な解決策を策定することができクリエイティブプロフェッショナルを養成するためにさまざまな分野での描画、政策志向と実践的なアドバイスを学生に提供します。 このような訓練は、プロジェクトを計画、実施し、評価するために実践的なスキルや知識を向上させ、それによってとし、発展途上国で緊密に連携する組織に貢献していきます。 国際公共管理、健康管理、サステイナビリティ学、観光、ホスピタリティと開発経済学:学生は自分の専門分野のための以下の5つの部門のいずれかを選択することができます。 彼らは、分析の基礎科目、アジア太平洋地域でのコアコース、部門固有のコースや研究指向セミナーのコースを取るために必要とされています。 さらに、数多くのセミナーやワークショップは、年間を通じて整理されています。 学生は学者、専門家、企業幹部、政策立案者、および上級管理者とアイデア、情報や専門知識の交換に参加するための多くの機会があります。 学生は学位を完了するために、修士論文や研究報告書を提出しなければなりません。 部門 国際行政(IPA) 国際行政(IPA)部門は、国内および国際的な政府機関に先進的なキャリアを追求に興味がある人に知識とスキルを提供することを目的とします。 この部門は、国、地域、グローバル設定で管理操作とポリシーを管理し、評価するために、専門的かつ実践的なスキルを向上させるために学生を可能にします。 この部門の主な対象者は、国際機関、国際協力政策と行政に関連し、各学生は、さらにそれらの意図政策分野に応じてより集中研究を構築するための基礎を形成します。 主要科目 ・災害救援と復興 ・特別研究(国際公共管理) ・国際公共管理 ・国際機関 ・ プロジェクト管理 ・計画と評価 ・コミュニティ開発 健康マネジメント(PHM) 健康マネジメント(PHM)部門は、学生の3つの基本的なスキルを教えて:予算、金融、経済、医療費の会計を管理する上でのスキルを。疫学、保健統計や研究方法論だけでなく、情報管理におけるスキル。そして、公衆衛生におけるスキル、主に予防医学と環境衛生。 従来の公衆衛生教育の標準基盤を維持しながら、この部門は、官民双方での医療サービスの経済や金融の整備並びに行政運営に重点を置きます。 また、アジア太平洋地域の重要な問題に関連するヘルスケアの事例研究に注力して早い段階で学生を奨励しています。 彼らは、論文に反映されるように、現在の健康問題を見直すことで、非常に最初から政策的含意との研究の質問を上げることによって開始することができます。 教育と研究のこの局面は、プログラムの全体の全長にわたって戦略的なアプローチとして時に検索されます。 主要科目 ・環境衛生 ・ヘルスケアファイナンス ・生物統計学 ・医療経済学 ・公衆衛生エッセンシャル ・疫学 ・バイオインフォマティクス サステイナビリティサイエンス研究会(SS) サステイナビリティ学(SS)部門は、持続可能な開発の目標を達成するための科学の応用に焦点を当てています。 この部門は、すべての持続可能な未来を作成するための究極の目標と社会と自然との関係に対処する政策や行動の計画と実施を分析します。 研究は、社会・自然との相互作用の科学的な理解を必要とします。政策と行動との研究を結びます。新しい知識、ツールやテクニックを生成します。そして、持続可能性と回復力を促進するための科学的、制度的能力を強化します。 学生は、彼らが分析し、特定の問題や人口・資源・技術・制度の相互作用の問題を管理に従事するようにホリスティックな視点、統合的なスキルと学際的な知識を得ることが期待されます。 主要科目 ・環境・天然資源保全 ・高度環境地球科学 ・環境政策、法律および管理 ・環境経済学 ・都市の持続可能性 ・産業エコロジー ・特別研究(サステイナビリティ学) 観光、ホスピタリティ(TH) 観光は、アジア太平洋地域で社会や地域社会を変換急成長中の経済部門です。 観光、ホスピタリティ(TH)部門は大量の観光や代替観光、社会や地域社会での、経済的、社会的、文化的、環境への影響の様々な側面に注目します。 それは、観光、サービス、健康と福祉の業界に関連する部門はまた、ホスピタリティマネジメントの理論と実践を研究しています。 私たちの部門から得た知識と専門/学術スキルは、政府サービス、国際機関や民​​間企業で、だけでなく、さらなる研究への雇用機会の多種多様のために有用であろう。 主要科目 ・観光経済 ・文化遺産観光 ・環境観光 ・コミュニティ・ベース観光 ・健康とウェルネスツーリズム ・特別研究(観光とホスピタリティ) ・観光政策と計画 開発経済学(DE) 開発経済学(DE)部門は、発展途上国の社会経済的問題に関心のある方を対象としています。 この部門の研究では、産業の発展、社会の発展、政治的発展、農村開発と貧困緩和など、開発経済学の多くの分野で自分のクリティカルと分析スキルを向上させるために学生を可能にします。 また、学生は国際的な開発に関連する専門的かつ実践的なスキルを強化することができます。 この部門はまた、さらなる研究を追求したい方のために、この分野における研究能力の開発を強化することを目指しています。 得られた知識やスキルは、国際機関、国や地方公共団体、国際開発機関、NGOや開発コンサルティング会社での雇用機会を幅広く提供します。 主要科目 ・開発経済学 ・マクロ経済学 ・開発金融 ・比較経済開発 ・ミクロ経済学 ・コミュニティ開発 ・特別研究(開発経済学) 取得した学位: 国際協力政策の科学のマスター 部門: 国際行政(IPA) 健康マネジメント(PHM) サステイナビリティサイエンス研究会(SS) 観光、ホスピタリティ(TH) 開発経済学(DE) 登録学期: 4月、9月 番組の長さ: 2年 年間摂取量: 45学生 総授業料: 2,800,000JPY [-]

国際的マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラム

キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2016 日本国 別府市 ドイツ Birkenfeld + さらに2

国際マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラムのマスターは、ドイツでのアプライドマテリアルフロー管理協会(IFAS)が行った応用科学のトリアー大学とAPUの主力デュアルマスターの学位プログラムです。 IMATの学生は最初の年に環境キャンパスビルケンフェルト郡(ECB)、最初のゼロエミッション(ZE)キャンパスで、別府、日本、一​​村一品(一村一品)運動の発祥の地でAPUで勉強する機会を得ますヨーロッパでは、2年次インチ [+]

国際的マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラム IMATは、デュアル学位プログラムは、APUとアプライドマテリアルフローマネジメント(IFAS)の研究所、応用科学のトリーア大学(ドイツ)の革新的な研究機関が共同で管理しています。 学生はドイツのゼロエミッションキャンパスビルケンフェルト郡でAPU 2年目で勉強彼らの最初の年過ごすことになります。 プログラムは、工学、経済学、法律、自然科学と社会科学における統合知識を提供しています。 サステイナビリティ学部門の学習目標に加えて、IMATは、再生可能エネルギー、統合水資源管理およびその他の持続可能な地域開発分野における深い知識とゼロエミッションシステム設計における若い専門家になるために学生を準備するために学際的なコースを提供しています。 学生は日本でもフィールドワークを行い、ドイツのインターンシップに参加する機会を持つことになります。 IMAT学生は、ドイツでのIFAに修士論文を提出する必要があります。 この論文の簡潔な概要は、研究報告書の形でAPUに提出されるべきです。 プログラムの完了時に、学生は(応用科学のトリーア大学から)2修士号、(APU)から国際協力政策の科学のマスターと国際マテリアルフロー管理の工学修士を受けます。 IMATプログラムに関する詳細については、次のURLをご覧ください。http://www.imat-master.com/our-programmes/imat-in-japan/curriculum/ ... [-]

お問い合わせ

Ritsumeikan Asia Pacific University

住所 1-1 Jumonjibaru Beppu, Oita 874-8577, Japan
ウェブサイト http://www.apu.ac.jp/home/?version=english
電話 +81-977-78-1119