フィンランドで の MA

フィンランドで の 26 の 人気の MA学位 2017 を見つける

MA

修士号は博士課程の資格よりも汎用性があり、専門的、学術幅広い用途を持っている。米国教育省によると、マスタープログラムの3つのタイプは、研究、プロフェッショナル、および端末が存在する。最も人気の修士号タイプは芸術のマスター(MA)と件名フィールドの混合物中の理学修士(MS)である。

多くの学生が学士号の完了時に芸術のマスターとして知られている研究の上級コースを追求することを選択。人文科学のトピックの広い範囲で利用できる、この高度な学位は、学生に自分の好みの主題の知識を拡大する機会を提供しています。パートタイムの研究はまた、入手可能であるが、典型的には、これらは、1〜2年でフルタイムで完了することができる。

フィンランドの正式な高等教育システムは7-3-2-2パターンです。大学は職業訓練や技術教育、最終的には2年前高等教育2年かかります。フィンランドはまた、いくつかの公共の同様の学生に高等教育のアクセシビリティを有効にしている私立大学があります。

フィンランドで の 人気の 大学院プログラム 2017 今日から始める

もっと読む

Master’s Degree Programme in Law and Information Society (LIS)

University of Turku
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フィンランド トゥルク

The Master’s Degree Programme in Law and Information Society (LIS) provides essential insights, capabilities and intellectual tools for analysing legal problems of the information society. [+]

フィンランドで の MA 2017. Master’s Degree Programme in Law and Information Society (LIS) Become an expert in the law of the information society and understand the legal challenges of digitalisation! The Master’s Degree Programme in Law and Information Society (LIS) provides essential insights, capabilities and intellectual tools for analysing legal problems of the information society. The Programme offers its students a unique combination of private and public law and interdisciplinary perspectives. Skills in legal analysis, critical thinking, research and writing is what distinguishes excellent lawyers and legal scholars. Our interactive study methods are based on the latest pedagogical research and courses are taught in small groups of selected international students. The Programme creates a solid basis for doctoral training in law. It also provides you with the expertise necessary for a successful career at law firms and corporations, governments and international organisations, as well as at universities and research institutions. PROGRAMME IN BRIEF Programme structure Curricula Guide Academic excellence & experience Digital Futures is one of the six strategic research themes of University of Turku. The Faculty of Law has several externally funded research projects in the areas of the LIS Programme (funded e.g. by the Academy of Finland). In 2016, the Faculty of Law was ranked in the top 151–200 in the QS World University Rankings by Subject. In the Programme, you will learn from the lecturers of the University of Turku as well as from international experts who are also top researchers in their area of experitse. LIS Programme is a partner in the Pan European Seal Traineeship Programme. Master's thesis & topics Writing a Master’s thesis is part of the advanced studies in Law and Information Society (60 ECTS). The work begins during your first year of studies with the orientation seminars. The actual writing of the thesis is done during the second year of studies. The advanced studies consist of: literature 8 ECTS seminars 12 ECTS Master’s thesis 40 ECTS Examples of thesis topics: Internet Service Providers’ Liability for Third Party Content Digital Exhaustion of Video Games – The Consumer Perspective The Right to be Forgotten – A conceptual analysis of the right to be forgotten, and its practical implications in the context of search engines ENTRY REQUIREMENTS General degree requirements The Programme is directed to students with a Bachelor of Laws degree. The applicant must have completed a lower university degree equivalent to a Finnish Bachelor’s degree in a University. Most of the credits in the degree should be from legal studies. The required degree must be completed by 14 July 2017. If the required degree is not completed by the application deadline, applicants should enclose a statement from their home university stating the expected date of graduation. The Programme admits a maximum of 20 students to pursue the Master of International and Comparative Law degree. Starting from autumn 2017, all new admitted students who complete their degree will be awarded the Master of International and Comparative Law degree. It is not possible to obtain the Master of Laws Degree with any study background. This means that students who have a Bachelor of Laws degree (ON, RN) from a Finnish university as well as those who have passed an EEA aptitude test for the Bachelor of Laws and have been admitted to the Programme in autumn 2017 or later, cannot obtain the Master of Laws Degree from the Programme. In addition, a maximum of five students who have already been accepted to the Master of Laws programme at the University of Turku are admitted to the LIS study track as part of their Master of Laws studies. The LIS study track has a separate application process. All applications are pre‐processed by the University Admissions Finland and evaluated by the LIS selection board. Applications will be checked for plagiarism. The decision on admission is made by the Dean of the Faculty of Law. The maximum of 20 students are accepted to the Programme. The decision for admission will be based on the level of: previous studies grades language skills personal interests written application examination. The results of the admission will be published at the latest by 4 May 2017 at www.utu.fi/law/lis. Applicants will also receive the notice in writing. The admitted students must notify the Faculty of Law as soon as possible, latest by 14 July 2017 at 15.00 Finnish time, whether they will accept the study place or not. If the Faculty of Law hasn’t received the student’s notification by 14 July 2017 at 15.00 Finnish time, they will forfeit their right to enrol in the Degree Programme. Language Requirements All applicants must prove their English language skills in one of the ways accepted by the Faculty: a Bachelor’s degree or an equivalent degree conducted in English in Australia, Canada, Ireland, New Zealand, the United Kingdom or the United States a Bachelor’s degree or an equivalent degree conducted in an English language programme in EU/EEA Countries, i.e. the language of instruction of the entire programme has to be English, (free‐form report on proficiency in English, one page and possible appendices) a Finnish Bachelor of Law (ON or RN) degree (free‐form report on proficiency in English, one page and possible appendices) studies of law (min. 20 ECTS, average grade at least 2,5) taken in a study programme conducted in English at the University of Turku (free‐form report on proficiency in English, one page and possible appendices) One of the following languages tests. In the University of Turku the minimum scores to be approved are: TOEFL: 575 points from the paper‐based test ‐ 92 points from the internet‐based test, no subtest score under 20 (i.e. Reading, Listening, Speaking, Writing) IELTS Academic: the minimum overall band score is 6.5 and no individual scores below 6.0 (i.e. Listening, Reading, Writing, Speaking) The Pearson Test of English Academic, PTE Academic: minimum score 62, and no subtest score under 54 (i.e. Communication Skills: Listening, Reading, Speaking, Writing) The Certificate of Proficiency in English (CPE): pass grades A, B or C The Certificate In Advanced English (CAE): pass grades A, B, or C The test for the National Certificate of Language Proficiency in English set by the Finnish National Board of Education: min 5 of each part. An applicant should enrol to a language test early enough, e.g., 1-2 months before a test day. This is important because the test results are needed at the end of the application period and the tests might be already full for a late application.. Language tests taken more than two years prior to application deadline will not be accepted. All language test scores must be sent to University Admissions Finland (see the address below). The testing centre must send the test results directly to the University Admissions by the application deadline. HOW AND WHEN TO APPLY Application Form and Enclosures Applications are done on the Studyinfo portal (www.studyinfo.fi). Search for the Master’s Degree Programme in Law and Information Society, University of Turku. The application period is 1 December 2016 – 13 January 2017 at 15.00 (local time in Finland, GMT +2) for studies starting in September 2017. STEP 1. Fill in the online application form. The application is filled in and submitted online. The online application is open only during the application period, so make sure you will finish your application before 13 January 2017 at 15:00:00 (Local time in Finland, GTM+2). When filling in the application form, be prepared to: write a motivation letter stating why you are applying for this programme (max 4,000 characters) provide a written essay based on the application exam question, which is available at: www.utu.fi/law/lis on 1 November 2016 describe the grading scale used at your institution at the time of your studies. The grading scale must include all the grades and marks appearing on your transcript of records and their relation to each other. You should also provide a link to an official website where this information can be verified. (In many cases this information is already included in the transcript of records.) STEP 2. Collect the required application documents. STEP 3. Send the following application documents to University Admissions Finland office by mail. The application documents have to arrive by the application deadline: an officially certified copy of the Bachelor’s degree certificate in the original language (OR applicants graduating after the deadline must enclose a statement from the home institution stating the expected date of graduation). an official English, Swedish or Finnish translation of the degree certificate OR an officially certified copy of the Diploma Supplement in English (concerns graduates from universities within the EU). an officially certified copy of the original transcript of study records (in the original language) AND an English, Finnish or Swedish translation (or an English-language Diploma Supplement concerning graduates from European institutions of higher education). certificate of English language skills (see Language requirements). if the required degree is not completed by the application deadline, applicants should enclose a statement from their home university stating the expected date of graduation. Please see the country specific requirements and the way of certifying the copies and submitting the documents: http://universityadmissions.fi/?page_id=24 Address of the University Admissions Finland: University Admissions Finland Unioninkatu 40 C FI-00170 Helsinki ©City of Turku and University of Turku Communications [-]

Master’s Degree Programme in East Asian Studies (MPAS)

University of Turku
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2017 フィンランド トゥルク

The Master’s Degree Programme in East Asian Studies (MPAS) gives a unique opportunity to gain in-depth knowledge on the dynamic societies of contemporary East Asia. [+]

Master’s Degree Programme in East Asian Studies (MPAS) Gain in-depth knowledge on today’s East Asian societies and become a specialist in the most dynamic region of the world! The Master’s Degree Programme in East Asian Studies (MPAS) gives a unique opportunity to gain in-depth knowledge on the dynamic societies of contemporary East Asia. Students gain expertise on East Asian contemporary history, politics and societies and learn social science research methods to become area specialists on East Asia. East Asian languages are studied as part of the degree to support students’ acquisition of knowledge and Master’s thesis research. Students in the Programme have good opportunities for student exchange in East Asian universities as well as to receive East Asian study and research scholarships. The Programme provides expertise to enter international public, private and third sector professions. Students also become qualified to apply to PhD programmes and to pursue an academic career. PROGRAMME IN BRIEF Programme structure For a detailed description of the structure of the Programme, curriculum and teaching, please see: The Study Leaflet (pdf 40 pages). Academic excellence & experience The Centre for East Asian Studies specialises in research on contemporary East Asian societies, with special focus on various manifestations of civil societies in China, South Korea and Japan. For China, academic staff conducts research, for example, on disaster management, social movements and protest, urban governance, and environmental issues. For South Korea, on culture of economy, self-employment, and organisations, and popular culture and social movements. For Japan, on social movements and civic society. The research by the academic staff is directly reflected in the Master’s programme: students get up-to-date teaching on topical issues and societal and political developments in East Asian societies. Students also receive individual thesis supervision firmly anchored in the East Asia expertise of the teaching staff. Master's thesis & topics Examples of thesis topics: Place and belonging – an ethnography of rural migrant children in Beijing Cosmetic surgery and rites of passage in Korean society – a study on cosmetic surgeries after the university entrance exam Remembering the war and aggression: a discourse analysis of Japan’s state apologies and commemoration speeches on August 15th 1995–2015 From the Great Famine (1958–1962) to the food waste problem: the role of memory to enhance the awareness in the city of Shanghai Japan’s shining women: young women negotiating the transition to adulthood in Japan South Korean presidents and the alliance with the United States 1998‒2012: a case study of the Free Trade Agreement ENTRY REQUIREMENTS General degree requirements The following requirements need to be fulfilled in order to apply: A Bachelor’s degree of at least three years in length Verified proficiency in the English language (see “Language requirements” for recognized qualifications and required levels) The following selection criteria will be used when assessing the applicants: The East Asia contents and relevance of previous degree studies and achieved grades. This includes major or minor in East Asian Studies (or Korean, Japanese, and Chinese Studies) or other studies related to contemporary East Asian societies. Knowledge of East Asian languages, verified appropriately (transcripts, certificates etc.) Letter of motivation (see “Application Form and Enclosures” for guidelines) Applicant’s fulfilment of the application requirements and qualifications for the application criteria need to be documented with certified documents. Persons who have the Finnish first-cycle polytechnic degree called “ammattikorkeakoulututkinto” and have completed courses on scientific thinking, writing and research methods in areas relevant to the Programme are also eligible to apply. Programme-Specific Degree Requirements The following selection criteria will be used when assessing the applicants: The East Asia contents and relevance of previous degree studies and achieved grades. This includes major or minor in East Asian Studies (or Korean, Japanese and Chinese Studies) or other studies related to contemporary East Asian societies. Knowledge of East Asian languages, verified appropriately (transcripts, certificates etc.) Letter of motivation (see “Application Form and Enclosures” for guidelines) Language Requirements Proficiency in the English language needs to be verified in accordance with the standards set by the University of Turku by one of the following certificates which must have been completed in the last two years. The certificate must be valid on the application deadline (13th January 2017). TOEFL iBT test with a score of at least 92 and no individual score below 20 IELTS Academic test with an overall band score of 6.5 and no individual score below 6.0 Cambridge ESOL test: Certificate of Proficiency in English (CPE) or Certificate In Advanced English (CAE), pass grade A, B, or C National Certificate of English Language Proficiency by the Finnish National Board of Education, overall language proficiency level of 5 Pearson PTE Academic test with a score of at least 62 and no individual score below 54 See also Proof of English language skills Exemption from these tests is granted to applicants who have a Bachelor’s degree or an equivalent degree in an English-language programme in Australia, Canada, Ireland, New Zealand, the United Kingdom, the United States or in an EU/EEA country Bachelor’s degree or an equivalent degree in an EU/EEA country including courses taken in English and good proficiency (magna cum laude approbatur) in English in their high school diploma (ylioppilastodistus) or equivalent. Secondary education received in English language in Australia, Canada, Ireland, New Zealand, United Kingdom or United States HOW AND WHEN TO APPLY Application Form and Enclosures Applications are done on the Studyinfo portal (www.studyinfo.fi). Search for the Master’s Degree Programme in East Asian Studies, University of Turku. The application period is 1 December 2016 – 13 January 2017 at 15:00 (local time in Finland, GMT +2) for studies starting in September 2017. The following documents are required from all applicants: A copy of the degree certificate in the original language ➤ In case you are going to graduate after the admissions deadline, you must include a certificate or a statement from your home university or institute stating the expected date of graduation. The actual degree certificate must be received by the Faculty of the Social Sciences of the University of Turku by a time to be announced later. An English translation of the degree certificate or a Diploma Supplement (likely to be issued by your university) A transcript of records (1) An English translation of the transcript of records (likely to be issued by your university) Certificate of English language proficiency (see above for accepted certifications); please see UAF’s Language skills page on how to have the test results forwarded directly to UAF Curriculum Vitae (resumé) (2) Letter of motivation (3) (included as an item in the electronic application form and not attached as a separate document; see below for guidelines on contents) Guidelines on application documents: Transcript of records: a document containing information of completed courses and received credits and grades. A certificate of registration or a diploma is not sufficient. If a transcript cannot be obtained, an officially certified list of completed academic work or yearly examinations with information on the contents of courses will be sufficient. Curriculum vitae (in Europe akin to a resumé in the US): for the format, you can use for example the guidelines at EU’s Europass site. Letter of motivation: describe briefly your study background, how you have become interested in study of East Asia, what motivates you to study East Asia and apply to MPAS in Turku, what are your topics and areas of interest in East Asia, possibly including also your tentative thesis research topic, and what are your future aspirations. Add the name and contact information (affiliation, e-mail) of two academic references, of whom at least one has been the main supervisor of your previous studies. A good length for a letter of motivation is 500–800 words. (The letter of motivation is one item in the electronic application form. Draft the letter in advance as a separate document and copy and paste the text to the application form.) ... [-]

Masters Degree Programme Learning, Learning Environments and Educational Systems

University of Turku
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド トゥルク

Masters Degree Programme Learning, Learning Environments and Educational Systems trains you for various national and international tasks in the field of Education. The Programme is based on the strengths in research of the Faculty of Education: learning research, learning environments and research of educational systems. The degree studies will both enhance the students’ understanding of social functions of education and familiarise them with analyses on global and local relationships in educational policy. In addition, the Programme increases their understanding of learning and motivation in complex and multilevel learning environments. [+]

フィンランドで の MA 2017. Masters Degree Programme Learning, Learning Environments and Educational Systems Get a degree in the field of education with an advanced combination of theory and practice! Masters Degree Programme Learning, Learning Environments and Educational Systems trains you for various national and international tasks in the field of Education. The Programme is based on the strengths in research of the Faculty of Education: learning research, learning environments and research of educational systems. The degree studies will both enhance the students’ understanding of social functions of education and familiarise them with analyses on global and local relationships in educational policy. In addition, the Programme increases their understanding of learning and motivation in complex and multilevel learning environments. Throughout the studies, a strong emphasis is placed on students’ research skills. The applicants also have the possibility to apply for a double degree option called the Finnish-German Master Programme in Education, where a part of the degree studies is completed at the University of Regensburg, Germany. PROGRAMME IN BRIEF Programme structure The studies are divided into different semesters and academic years as follows: Academic excellence & experience LLEES Programme is a two year Master’s degree programme which trains experts and researchers for various national and international tasks in the field of education. The Programme concentrates on the leading research of the Faculty of Education: learning research, learning environments and research of educational systems. The studies will give you an in-depth insight into education on a macro-level as well as into individual learning. On the macro-level, the studies will enhance your understanding of social functions of education and familiarise you with analyses on global and local relationships in educational policy. You will also learn to analyse and explain findings of international assessment studies. On a micro-level, you will increase your understanding of learning and motivation in complex and multilevel learning environments. Throughout the studies, strong emphasis is placed on students’ research skills. There are two research units at the Faculty which contribute to these various branches: Centre for Research on Lifelong Learning and Education (CELE) Centre for Learning Research. Students major in Education. The language of the Programme is English. The high-quality research at the Faculty of Education is internationally recognised and its scope covers the entire human life-span. The main themes of our research are learning, education policy and education systems, and teaching and teacherhood. Master's thesis & topics Students complete a Master’s thesis as part of the advanced studies in the field of educational science. A Master’s thesis should demonstrate teh student’s: ability for scientific thinking mastery of the required research methods familiarity with the topic of the thesis the ability to communicate in a scientific context. There are two key research areas for Master’s theses in the Programme: 1) research on learning and instruction, and 2) research on educational policy and sociology of education. Examples of thesis topics: Attendance Policy Moderates the Influence of Achievement Goals an Transfer of Training. Analysis of educational transfer and policy changes after PISA in Japan and Finland. Achievement goals, learning strategies and exam performance in English learning : a study among undergraduate EFL learners in China. Children with hearing problems in elementary school environments in Pakistan and in Finland. Developmental trajectories towards the concept of rational numbers : a latent transition analysis of thrid to sixth grade students. Extracurricular language activities in higher education : perspectives of teachers and students. DOUBLE DEGREE PROGRAMME The applicants also have the possibility to apply for a double degree option, the Finnish-German Master Programme in Education, where a part of the degree studies is completed at the University of Regensburg, Germany. This option leads to two Master’s degrees: Master of Arts in Education from the University of Turku, and Master of Arts Erziehungswissenschaft (educational science) from the University of Regensburg. A student who has been admitted to the double degree option studies the 2nd semester at the University of Regensburg, in the Institute of Education. ENTRY REQUIREMENTS General degree requirements In order to be accepted to the LLEES Programme, the applicant must have a Bachelor’s degree that formally qualifies them to take Master’s level studies in the country where it has been completed. The previous degree on the basis of which the applicant is seeking admission to the Master’s Degree Programme should be in a relevant field of study. Relevant fields of study for this Master’s Degree Programme are: education adult education special education other fields relevant to the Master’s Programme Also persons who: have a Bachelor’s degree from other fields of study AND an official teacher’s qualification are eligible to apply to the Programme. The degree must include at least three years of studies. have completed a polytechnic degree in a Finnish University of Applied Sciences AND have completed basic and intermediate studies (altogether min. 60 ECTS) in education, special education or adult education may also apply to the Programme. The decision for admission will be based on the relevance of: the applicant’s previous degree(s) the amount, relevance and grades of the courses in the degree(s) motivation letter Language Requirements The applicant must have a good command of English. All applicants must prove their English language skills in one of the following ways accepted by the Faculty: by passing the test of English as a Foreign Language (TOEFL) with a minimum score of 575 on the paper-based test (PBT), or a minimum overall score of 92 and no individual score below 20 on the internet-based test (IBT). by passing the International English Language Testing Service (IELTS) test (Academic) with an overall band score of 6.5 and no individual score below 6.0. by passing the PTE Academic test with a minimum overall score of 62 and no individual score below 54. by passing the Cambridge ESOL’s Certificate of Proficiency in English (CPE) with pass grade A, B or C. by passing the Cambridge ESOL’s Certificate in Advanced English (CAE) with pass grade A, B, or C. by passing the test for the National Certificate of Language Proficiency in English set by the Finnish National Board of Education with a minimum score of 5 for each subtest. with a Bachelor’s (or higher) degree conducted in English language in Australia, Canada, Ireland, New Zealand, United Kingdom or United States. with studies (min. 20 ECTS) taken in a study programme conducted in English at the University of Turku. HOW AND WHEN TO APPLY Application Form and Enclosures Applications are done in the Studyinfo portal. Search for the Master’s Degree Programme in Learning, Learning Environments and Educational Systems, University of Turku. The application period for studies starting in September 2017 is open from 1 December 2016 until 13 January 2017. STEP 1. Fill in the online application form. The online application is open only during the application period, so make sure you will finish your application by 13 January 2017 at 15:00:00 (Local time in Finland, GTM+2). Applicants have to fill all the required information concerning the previous studies on the electronic application template. The applicant should also add: an abstract (max. 200 words) and a title for a Bachelor’s thesis (if applicable) a letter of Motivation (max. 4,000 characters) If an applicant has certificates other than the Bachelor’s degree certificate on official teacher’s qualification, they are to enclose the aforementioned enclosures with attested copies of the certificates, both in the original language and an English translation of them. STEP 2. Collect the required application documents. STEP 3. Send the following application documents to University Admissions Finland office by mail. The application documents have to arrive by the application deadline: a copy of a Bachelor’s (or higher) degree certificate in the original language or a copy of a temporary degree certificate in the original language or a statement from the applicant’s home institution in English, Finnish or Swedish stating the expected date of graduation a translation of a Bachelor’s (or higher) degree certificate or a temporary degree certificate (if the original document is not written in English, Finnish or Swedish, a translation to one of the languages is required) a copy of transcript of records of the Bachelor’s (or higher) degree certificate in the original language a translation of the transcript of records of the Bachelor’s (or higher) degree certificate (if the original document is not written in English, Finnish or Swedish, a translation to one of the languages is required) certification of the language skills (please see ‘Language Requirements’ below) a Curriculum Vitae in English (to find out how to create your own Curriculum Vitae, you can visit for instance the Europass website. If an applicant has certificates other than the Bachelor’s degree certificate on official teacher’s qualification, they have to enclose the aforementioned enclosures with attested copies of the certificates, both in the original language and an English translation. Applicants applying for the double degree option, Finnish-German Master Programme in Education, must also provide the following enclosures: a copy of an upper secondary school graduation certificate in the original language a translation of an upper secondary school graduation certificate (if the original document is not written in English, Finnish or Swedish, a translation to one of the languages is also required) Please see the country specific requirements for certifying the copies and submitting the documents. Address of the University Admissions Finland: University Admissions Finland Unioninkatu 40 C FI-00170 Helsinki FINLAND Applications arriving after the application deadline are not considered. Postmark dates on the applications will not be taken into account; the applications must arrive at the University Admissions Finland before the above deadline. In addition to submitting officially attested copies of educational certificates, the admitted applicant will have to show the originals of their educational documents (degree certificate and transcript of study records) at the Faculty of Education in order to be able to register with the University after arriving in Finland. Additional information The applicants can choose an option that leads to two Master’s degrees. This double degree option is called the Finnish-German Master Programme in Education and it leads to the following degrees: Master of Arts in Education from the University of Turku, and Master of Arts Erziehungswissenschaft (Educational Science) from the University of Regensburg, Germany. The studies take two years to complete (120 ECTS credits). A student who has been admitted to the double degree option studies the 2nd semester at the University of Regensburg, Institute of Education. The number of students admitted to the LLEES programme is 20 at the most: a maximum of 20 students to the single degree option and, among the 20 best scoring applicants, a maximum of 5 students will be admitted to the double degree option. If the required degree and studies are not completed by the application period deadline, applicants should enclose a statement from their home university stating the expected date of graduation. The general and country specific requirements concerning the way of certifying and submitting the documents must be followed also after the application period has expired. In general, the application documents required as officially certified copies must bear the official stamp and signature of an authorised university official from the degree awarding institution or a notary public. All translations must be made by an authorised translator. If copies of translations are submitted, those must also be officially certified. The following documentation is optional and does not affect the application in any way. It is simply asked for identification purposes when handling the applicant’s documents, which sometimes contain the applicant’s name in different forms: copy of information page of the passport or identification card containing the applicant’s name, date of birth and photo. An applicant should enroll to a language test early enough, e.g., 1-2 months before a test day. This is important because the test results are needed at the end of the application period and the tests might be already full for a late application. Application documents will not be returned to the applicant nor is it possible to apply with the same submitted documents in later application periods. Applications sent by e-mail or fax are not accepted. Incomplete applications will not be processed. ©City of Turku and University of Turku Communications [-]

Master’s Degree Programme in Futures Studies

University of Turku
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド トゥルク

The Master’s Degree Programme in Futures Studies provides comprehensive, multidisciplinary and practical education in the field of futures studies. It is designed to educate foresight experts who help organisations to harness future opportunities and avoid unnecessary risks. [+]

Master’s Degree Programme in Futures Studies Will you be the next expert of the future? The Master’s Degree Programme in Futures Studies provides comprehensive, multidisciplinary and practical education in the field of futures studies. It is designed to educate foresight experts who help organisations to harness future opportunities and avoid unnecessary risks. The Programme includes plenty of rehearsal, case-studies and real-life experiences on using foresight methodology. These range from quantitative and qualitative methods to innovative and creative futures design techniques. Here you will get a versatile toolkit for implementing foresight thinking for the benefit of a given organisation. You will qualify to a wide array of expert positions in the strategic and foresight units of private companies and public institutions. The Programme also serves as an excellent basis for building a consultant business. PROGRAMME IN BRIEF Programme structure The extent of the Programme is 120 ECTS and the degree is designed to be completed in two years. Futures Studies as a major subject includes compulsory and optional courses that build the expertise of the student in, for example, futures studies methodology, strategic foresight and scenario building. Students are free to choose a minor subject that complements their career goals. Recommended minors include Sustainable Development, Entrepreneurship, Management and Organisation, and Economic Sociology. Elective studies can include courses in Futures Studies, but can also widen the knowledge of the student in new subjects or thematic areas. All students are also expected to study languages (Finnish as well as English) and general methodological studies. Academic excellence & experience The two-year Programme is run by the Finland Futures Research Centre, which is the world’s premier hotspot of future-minded scholars. The Centre is specialised in futures studies and foresight and seeks to accomplish the ultimate goal of a responsible and sustainable future. The Centre researches alternative futures and the challenges and possibilities included in them. Academic research places special emphasis on: foresight environmental and energy research socio-cultural research food and consumption security education The Finland Futures Research Centre develops the scientific foundations and methods of futures studies. The Master’s Degree Programme utilises the resources, connections and personnel of the Centre to provide students with a comprehensive, multidisciplinary and practical education in the field of futures studies. The Master’s Degree Programme in Futures Studies is designed to educate futures experts. You will gain the theoretical and academic knowledge required for starting PhD studies as well as practical competences for working in challenging positions in companies or the public sector. Education is given in English, and the students of this international Programme learn to work together with associates from different countries and scientific backgrounds. Master's thesis & topics The thesis is a scientific research report comprised of both a theoretical section and empirical applications. The aim of the process is: to provide you with the tools to locate and critically evaluate scientific information to train independent problem solving for demanding research questions and thus lay and advanced knowledge and skill basis for doctoral studies to train presentation and argumentation skills, both oral and written to attain expertise in the practices of researching, utilising and developing alternative and possible futures in the chosen field Examples of Master’s thesis topics in futures studies: Images of the future of privacy: A privacy dynamics framework and a causal layered analysis of ideal types. The future of branded sportswear store formats in Germany 2030: Four images of the future. Futures of citizens’ political participation in Russia: scenarios for years 2014–2025 Sustainable Development – the Key to Competitiveness CSR as an added value to Alstom’s corporate performance Futures of Finnish food system by 2050. The perspective of resilience ENTRY REQUIREMENTS General degree requirements Phase 1. General requirements 1. Degree Requirements Applicants must have one of the following degrees (degree must be earned at the time of applying): a) Bachelor’s degree from Finland or corresponding degree from a foreign university: Bachelor of Science in Economics and Business Administration Bachelor of Arts Bachelor of Social Sciences Bachelor of Arts in Education Bachelor of Science Bachelor of Arts in Psychology Bachelor of Health Science Bachelor of Administrative Sciences Bachelor of Science in Food Chemistry Bachelor of Medicine Bachelor of Science in Technology Bachelor of Laws Bachelor of Sport Sciences b) Bachelor’s degree from a University of Applied Sciences in Finland: Bachelor of Business Administration Bachelor of Culture and Arts Bachelor of Engineering in Logistics Bachelor of Environmental Planning Bachelor of Engineering in Industrial Management Bachelor of Engineering in Biotechnology and Food Industries Bachelor of Engineering in Environmental Technology Bachelor of Engineering in Media Engineering 2. Language Requirement Prospective candidates should have a good level of proficiency in the English language. Applicants are expected to have taken one of the following tests: TOEFL PBT (Test of English, paper-based) minimum requirement: 575 points TOEFL iBT (Test of English, internet-based) minimum requirements: 92 points, each separate part at least 20 points CAE/CPE (University of Cambridge Advanced Examination/proficiency Examination) pass grades A, B or C IELTS (International English Language Testing System) minimum grade 6.5, each separate part at least 6 points PTE Academic minimum requirement 62 points, each separate part at least 54 points the test for the National Certificate of Language Proficiency arranged by the National Board of Education, average skill level 5 Finnish matriculation examination in English language, minimum grade of cum laude approbatur (or a corresponding minimum English language grade of 4 from the International Baccalaureate degree, grade 6.00 from the European Baccalaureate degree or grade 7 from the Reifeprüfung degree). The test scores, except from matriculation examinations, cannot be accepted if they are more than two years old (by the end of the application period). The test is not required if the candidate holds the required degree in English from one of the EU or EEA countries, or from Australia, Canada, New Zealand or the U.S.A. In such cases the language of instruction of the previous degree must be proven with the degree certificate. The degree must be earned by the time of applying. When booking the language test, please note that it may take several weeks before the test results are published. 3. Minimum Grade The grade of the applicant’s major studies must be 3 or higher for students graded on a grading scale of 1-5. The minimum for all other grading systems should be average or better. If the applicant’s certificate does not indicate the grade for the major studies, the average grade will be calculated from all courses indicated in the transcript of records. If the grading scale is other than 1-5, it will be converted to the 1-5 scale. Phase 2: Selection Criteria The applicants that have passed phase 1 will be graded and approximately 20 applicants with the highest points will be selected. The grading is done as follows: 1. Bachelor’s thesis Bachelor’s thesis or corresponding final thesis grade of 3 or above will be awarded 15 points. (If the grading scale is other than 1-5, it will be converted to the 1-5 scale). Applicants who have not written a thesis as part of their previous degree will earn no points in this section. The applicants whose thesis was graded on a scale of pass/fail will earn 10 points. 2. Eligible previous studies Previous studies in futures studies 1 ECTS credit = 1 point, maximum of 25 points. When converting the old Finnish credit system into ECTS the multiple of 1.5 is used for Universities of Applied Sciences and 1.8 for Universities. 3. Grade of Major Studies The grade of the applicant’s major studies, on a grading scale of 1–5. If the applicant’s certificate does not indicate the grade for the major studies, the average grade will be calculated from all courses indicated in the transcript of records. Grade 3 = 10 points Grade 4 = 20 points Grade 5 = 30 points If the applicant’s previous studies are not graded on a scale of 1–5, the grading scale will be converted to a scale of 1–5. 4. Supplementary studies Supplementary studies are studies that a student admitted into the Master’s Degree Programme must finish in order to supplement previous studies. The aim of the supplementary studies is to give the student sufficient qualifications to finish the Master of Arts degree. Supplementary studies are maximum of 22 ECTS credits. Applicant’s Bachelor degree will define the individual supplementary studies: Supplementary studies for Bachelor from University: second language 0-6 ECTS Bachelor from University of Applied Sciences: futures studies 10 ECTS, methodological studies 6 ECTS and second language studies 0-6 ECTS. Applicant is graded on the needed supplementary studies: 0 ECTS = 22 points, 1 ECTS = 21 points and so on. 22 ECTS needed supplementary studies will give applicant 0 points. 5. Motivation letter The applicant will receive 0-30 points from the motivation letter. In the motivation letter, the applicant should cover the following themes: What is your educational and professional background and how you feel it fits this Master’s Degree Programme? Define your reasons for choosing this Master’s Degree Programme and how you see your future after graduation. Present the international experience you have that you consider relevant for this Programme. What aspects of studying in Finland and in this Programme you expect to be most challenging for you? How do you plan to conquer these challenges? Please discuss your understanding of Futures Studies as a field of research. Instructions for the motivation letter: The length of the motivation letter is limited to a maximum of 4,000 characters. The language of the motivation letter is English. The motivation letter will be graded with the following criteria: Relevant international experience. (0-10 points) The level of motivation to enter the Programme. (0-10 points) Understanding the context of futures studies. (0-5 points) Relevance for career plans. (0-5 points) If the motivation letter is missing, the application will be rejected. Programme-Specific Requirements Minimum Grade The grade of the applicant’s major studies must be 3 or higher for students graded on a grading scale of 1-5. The minimum for all other grading systems should be average or better. If the applicant’s certificate does not indicate the grade for the major studies, the average grade will be calculated from all courses indicated in the transcript of records. If the grading scale is other than 1-5, it will be converted to the 1-5 scale. Student selection All applicants that fulfill the phase 1 of the application process which means general degree requirements as well as the minimum grade requirement will move on to phase 2 of the selection. Phase 2 Selection Criteria The applicants that have passed phase 1 will be graded and approximately 20 applicants with the highest points will be selected. The grading is done as follows: 1. Bachelor’s thesis Bachelor’s thesis or corresponding final thesis grade of 3 or above will be awarded 15 points. (If the grading scale is other than 1-5, it will be converted to the 1-5 scale). Applicants who have not written a thesis as part of their previous degree will earn no points in this section. The applicants whose thesis was graded on a scale of pass/fail will earn 10 points. 2. Eligible previous studies Previous studies in futures studies 1 ECTS credit = 1 point, maximum of 25 points. When converting the old Finnish credit system into ECTS the multiple of 1.5 is used for Universities of Applied Sciences and 1.8 for Universities. 3. Grade of Major Studies The grade of the applicant’s major studies, on a grading scale of 1–5. If the applicant’s certificate does not indicate the grade for the major studies, the average grade will be calculated from all courses indicated in the transcript of records. Grade 3 = 10 points Grade 4 = 20 points Grade 5 = 30 points If the applicant’s previous studies are not graded on a scale of 1–5, the grading scale will be converted to a scale of 1–5. 4. Supplementary studies Supplementary studies are studies that a student admitted into the Master’s Degree Programme must finish in order to supplement previous studies. The aim of the supplementary studies is to give the student sufficient qualifications to finish the Master of Arts degree. Supplementary studies are maximum of 22 ECTS credits. Applicant’s Bachelor degree will define the individual supplementary studies: Supplementary studies for Bachelor from University: second language 0-6 ECTS Bachelor from University of Applied Sciences: futures studies 10 ECTS, methodological studies 6 ECTS and second language studies 0-6 ECTS. Applicant is graded on the needed supplementary studies: 0 ECTS = 22 points, 1 ECTS = 21 points and so on. 22 ECTS needed supplementary studies will give applicant 0 points. 5. Motivation letter. The applicant will receive 0-30 points from the motivation letter. In the motivation letter, the applicant should cover the following themes: What is your educational and professional background and how you feel it fits this Master’s Degree Programme? Define your reasons for choosing this Master’s Degree Programme and how you see your future after graduation. Present the international experience you have that you consider relevant for this Programme. What aspects of studying in Finland and in this Programme you expect to be most challenging for you? How do you plan to conquer these challenges? Please discuss your understanding of Futures Studies as a field of research. Instructions for the motivation letter: The length of the motivation letter is limited to a maximum of 4,000 characters. The language of the motivation letter is English. The motivation letter will be graded with the following criteria: Relevant international experience. (0-10 points) The level of motivation to enter the Programme. (0-10 points) Understanding the context of futures studies. (0-5 points) Relevance for career plans. (0-5 points) If the motivation letter is missing, the application will be rejected. Language Requirements Prospective candidates should have a good level of proficiency in the English language. Applicants are expected to have taken one of the following tests: TOEFL PBT (Test of English, paper-based) minimum requirement: 575 points TOEFL iBT (Test of English, internet-based) minimum requirements: 92 points, each separate part at least 20 points CAE/CPE (University of Cambridge Advanced Examination/proficiency Examination) pass grades A, B or C IELTS (International English Language Testing System) minimum grade 6.5, each separate part at least 6 points PTE Academic minimum requirement 62 points, each separate part at least 54 points the test for the National Certificate of Language Proficiency arranged by the National Board of Education, average skill level 5 Finnish matriculation examination in English language, minimum grade of cum laude approbatur (or a corresponding minimum English language grade of 4 from the International Baccalaureate degree, grade 6.00 from the European Baccalaureate degree or grade 7 from the Reifeprüfung degree). The test scores, except from matriculation examinations, cannot be accepted if they are more than two years old (by the end of the application period). The test is not required if the candidate holds the required degree in English from one of the EU or EEA countries, or from Australia, Canada, New Zealand or the U.S.A. In such cases the language of instruction of the previous degree must be proven with the degree certificate. The degree must be earned by the time of applying. When booking the language test, please note that it may take several weeks before the test results are published. HOW AND WHEN TO APPLY Application Form and Enclosures The application period is 1 December 2016 – 13 January 2017 at 15.00 (local time in Finland, GMT +2) for studies starting in September 2017. Applications are done on the Studyinfo portal (www.studyinfo.fi). Search for Master’s Degree Programme in Futures Studies. The motivation letter is submitted into the electronic system and should not be sent separately. STEP 1. Make sure you have the required degree and that you have graduated by the time you submit your application. Check the language requirements and reserve a time for a language test if necessary. Remember to get your documentation certified according to the instructions below. Fill in the online application form. The online application is open only during the application period, so make sure you finish your application before 13 January 2017 at 15:00:00 (Local time in Finland, GTM+2). STEP 2. Collect the required application documents. STEP 3. Send the following application documents to University Admissions Finland office by mail. The application documents have to arrive by the application deadline: an officially certified copy of the original degree certificate (in the original language) AND an English, Finnish or Swedish translation (or Diploma Supplement from European institutions of higher education) an officially certified copy of the original transcript of study records (in the original language) AND an English, Finnish or Swedish translation (or an English-language Diploma Supplement concerning graduates from European institutions of higher education). certificate of English language skills Please see the country specific requirements for certifying the copies and submitting the documents: http://universityadmissions.fi/?page_id=24 Address of the University Admissions Finland: University Admissions Finland Unioninkatu 40 C FI-00170 Helsinki FINLAND Applications arriving after the application deadline are not considered. Postmark dates on the applications will not be taken into account. The applications must arrive at the University Admissions Finland before the above deadline. The Programme admits approximately 20 students annually. The application time is December-January. The studies begin in late August each year. ©City of Turku and University of Turku Communications [-]

視覚伝達デザインの芸術のマスター

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

ビジュアルコミュニケーションは、急速に変化しています。 デザイン思考は今、このような読み聞かせ、経験、およびデータの可視化などの新しい形態を含みます。 私たちのプログラムは、コミュニケーションと表現の拡大トランスメディア規律を表します。 グラフィックデザイナー、作家、アニメーター、グラフィック小説家、および児童図書イラストレーター:それは話になると、多くのクリエイティブは、それらを持っています。 私たちのビジュアル物語の主要なで魅力的なオリジナルコンテンツを作成するためのビジュアルを使用して、エクスプローラです。 同様に、うまく設計されたインフォグラフィックの需要が拡大しています。 当社の情報デザイン専攻はこれまで伝統的なデザインの専門職を超えたアプリケーションを持っています。 歌うデータ駆動型のメッセージを作るために適用されます。 [+]

フィンランドで の MA 2017. ビジュアルコミュニケーションは、急速に変化しています。 デザイン思考は今、このような読み聞かせ、経験、およびデータの可視化などの新しい形態を含みます。 私たちのプログラムは、コミュニケーションと表現の拡大トランスメディア規律を表します。 グラフィックデザイナー、作家、アニメーター、グラフィック小説家、および児童図書イラストレーター:それは話になると、多くのクリエイティブは、それらを持っています。 私たちのビジュアル物語の主要なで魅力的なオリジナルコンテンツを作成するためのビジュアルを使用して、エクスプローラです。 同様に、うまく設計されたインフォグラフィックの需要が拡大しています。 当社の情報デザイン専攻はこれまで伝統的なデザインの専門職を超えたアプリケーションを持っています。 歌うデータ駆動型のメッセージを作るために適用されます。 学習成果 修士の学位を取得すると、学生のことができるようになります: ビジュアルコミュニケーションの分野における学際的な制作に設計知識とスキルを適用します。 これらの作品は、情報の可視化、コンセプトデザイン、視覚的な物語や調査や自然の中で重要であるデザインの形をとるかもしれません。 デザイン関連の研究課題を調査するために視覚的な分析、設計、研究の方法論とアカデミックライティングを使用します。 ターゲットを絞ったデザインの物語で応答するために、コンテンツやフォームの両方をオーサリング、デザイン思考と方法を使用して、他の分野と産業を従事する。 文化的な視点への感度と共感フィードバックループと、ローカルとグローバルの両方、ユーザーと観客の意識を作成するために、民族誌的研究を使用して、文化的、社会的、概念的、および生態学的文脈の中に設計応答を位置づけます。 情報デザインにおける濃度を持つ学生もことができるようになります。 異なる各種のデータに基づいて、説得力と洞察力に富んだデータの可視化、インフォグラフィックやマップを、作成します。 効果的、科学的、技術的、経済データを含め、さまざまな分野からさまざまな情報と研究を幅広く展開。 ユーザーインターフェースと新しいメディアのデザインの現在のプロの基準の意識を実証デザインとプログラムインタラクティブなデータ視覚化。 ビジュアル物語中濃度を持つ学生もことができるようになります。 設計された物語を分析し解釈することによって、視覚と口頭リテラシーの枠組みや理論を表現します。 問題を解決し、公開を使用して視覚的な語彙、新しいメディアや緊急技術と起業家戦略にプロジェクトを発行。 このような書き込み、ストーリーアーキテクチャ、タイポグラフィ、視覚concepting、インタラクティビティ、絵コンテ、世界の構築、美学などのスキルを採用し、視覚的な物語の習得を実証します。 教育内容 ビジュアルコミュニケーションデザインの修士プログラムは、学生が自分の概念と審美的なデザイン能力を開発設計の割り当てを要求して実行することができます。 深め、その能力を拡大しながら、学生がデザイン研究の方法論的なスキルを取得し、ビジュアルコミュニケーションの効果を対応するビューを開発しています。 修士課程は2年間で完了することを意図しています。 学生は自分の興味や特殊なスキルを構築し、彼らの修士論文をサポートする個人的な学習プランを作成します。 度構造は、アールト大学の他の学校で、または他の国や国際的な大学でマイナーに向けて研究を追求する機会を学生に提供しています。 情報デザインにおける濃度と視覚伝達デザイン 情報デザイン中の濃度は、情報のビジュアルコミュニケーションにおける実践的な教育を提供しています。 人類が二年ごとにそのデータを倍と推定されています。 情報の視覚的なプレゼンテーションのための設計ソリューションの需要は、とりわけ、によって利用可能なデータのこの急速な拡大、およびそれを処理する計算能力の伴う成長を駆動します。 情報デザインは、これまでの伝統的なデザインの専門職を超えたアプリケーションとの能力です。 それは例えば、ジャーナリズム、科学、工学、ビジネス・インテリジェンス、および公務員でも使用を見出します。 情報デザイン、グラフィックデザイン、新しいメディア、インタラクションデザイン、コンピュータ科学、統計、情報地質、ジャーナリズム、そしてより多くのスキルを組み合わせて、その中核に非常に学際的分野です。 デザインと技術の交差点で、アアルトは一意にこの成長分野のために必要な専門知識の折衷的な組み合わせを提供するように配置されています。 ビジュアル物語中濃度と視覚伝達デザイン ビジュアル物語は、多くの分野にも触れ、および書き込みグラフィックデザイン、インタラクティブメディア、映画、アニメーション、グラフィックノベル、ゲームからスキルセットの合成を結集エキサイティングな、新興分野です。 我々は話をビジュアルに探求としてこれらのフォームに近づきます。 学生は、このような読み聞かせ、物語のアーキテクチャ、および原作者としての形を研究しています。 出版は、伝統的なだけでなく、新興のプラットフォーム上で、オーサリング作品の生産と流通のようにアドレス指定されます。 映画やウェブ上で、書籍やゲームで - - 設計とシーケンシャル芸術の方法論で設立され、この専攻は、すべての物語を変換されたデジタル技術革新を受け入れるであろうハイブリッド媒体へ。 キャリアの機会 プログラムの卒業生は、ビジュアルコミュニケーション・デザインでデザインの専門家として働くためのスキルと知識を持つことになります。 情報デザイン中の濃度は、いずれの独立やデザイン事務所または他の組織内で、情報のデザイナーとして働くために修飾されます。 他の可能な肩書きは、ビジュアルジャーナリスト、データのジャーナリストやデータアナリストが含まれます。 メジャーで学んだスキルは、このような地図作成、インタラクションデザインやサービスの設計として、関連分野での仕事のための学生を修飾するために他の研究と組み合わせることができます。 ビジュアル物語中の濃度は、視覚的なデザインのすべてのツールを使用してオリジナルのコンテンツ制作者、取締役および著者です。 新しいデバイスのデジタル出版に焦点を当て、学生は電子ブックや物語アプリを公開することができますことを意味します。 ニューメディアからのコースでは、彼らは、ビデオゲームやインタラクティブ会社の物語デザイナーになるかもしれません。 フィルム中のコースやアニメーションと組み合わせることで、彼らは脚本、絵コンテのアーティストやコンテンツ制作者になるかもしれません。 彼らは、生産や出版社のための魅力的な候補になります。 各学生は明日のストーリーテラーであるためにそれらを準備し、洗練されたポートフォリオ、革新的な物語、そして仕事のユニークな、自己開始本体と主要から出てきます。 視覚伝達デザインの卒業生は、デザインディレクター、グラフィックエディタとして、または別の経営役割で作業することができます。 また、芸術度のマスターは、アートとデザインの博士課程を申請する学生を可能にします。 国際化 交流プログラム、仕事の配置は、海外、国際講師や学生が修士課程国際的な側面を与えます。 入学手続き ビジュアルコミュニケーションデザインの修士プログラムの入学希望者は、アートとデザインの分野のための修士課程入学プロセスのプログラムに適用されます。 あなたが最も関心のある主要示してください。 ビジュアルコミュニケーションデザインの修士プログラムのための主要な入学基準は、芸術的才能、意欲と申請者の発展の可能性があります。 また、申請者は、芸術と科学的研究を行うための方法論的な能力を持っている必要があります。 入場料は、資格のある学生は、各ステージの後に続けるように選択される2段階の入学試験に基づいています。 入場は、出願書類、ポートフォリオ、短い割り当て、意図(申請者が興味のある分野に反映し、彼らの修士論文のトピックを提案する)、CVとのインタビューの文字に基づいています。 [-]

映画やテレビでの芸術のマスター - フィルム編集

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

フィルムの編集、映画やテレビでの修士プログラムの一環でメジャー、フィルム編集で学士の研究の続きです。 このメジャーで学士の研究では、修士研究のための優れた基盤を提供します。 [+]

教育の目標 長調 フィルム編集、映画やテレビでの修士プログラムの一部は、フィルム編集で学士の研究の続きです。 このメジャーで学士の研究では、修士研究のための優れた基盤を提供します。 フィルム編集のための、技術的な表現力と職業財団は、BAの研究に敷設されています。 MA度の目的は、表示と見て、落語やアーティストの専門家に学生を開発することです。 長編ドキュメンタリーと特徴フィクション映画の構造や表現をマスター教育の中核にあります。 MA度は、デジタルポストプロダクション、アニメーション、実験映画に特化する機会を提供します。 教育の目標は、さらなる研究を追求するための能力を与えることです。 マスターの研究の目的は、学生が作業の彼/彼女の自身の方法を発見し、大規模な生産の編集プロセスの間に適切に時間の使用を計画することが可能であることです。 フィルム編集の研究では、学生は徐々に厳しくなっコースの授業や演習を通して彼/彼女の専門の分野の芸術、生産関連および技術的なエンティティを習得することを学びます。 教育の目標は、芸術的なビジョンに基づいて、学生の能力開発と批判的思考を強化することです。 フィルム編集の主要持つ卒業生は、全長膜の構造を処理し、材料を大量に管理、生産の要求に関連して自分の仕事をスケジュールすることができます。 彼/彼女は彼/彼女の作品に視覚効果や缶割合デジタルポストプロダクションを行うための要件を理解しています。 一方、彼/彼女は、デジタルポストプロダクションおよびビジュアルエフェクトデザイナー、技術者や専門家として特化する可能性があります。 フィルムの編集の研究は、フィルム式を更新し、フィルム式の研究に特化やナレーションと通信の他の分野での彼/彼女の視覚的なドラマツルギーのスキルを使用するためのスキルを持って独立した芸術家になるために良い基盤を持つ学生を提供しています。 言語教育 フィルム編集の主要ための命令の第一言語は、(スウェーデン)/英語フィンランド語です。 教育内容 修士レベルでフィルム編集にメジャーを学ぶ学生はドラマツルギーとフィルム編集の彼/彼女のスキルとビジョンを深め。 授業は、ワークショップやレクチャーモジュールの様々な変更のテーマを中心に構築されており、この作業の理論的には、高度な研究で構成されています。 主要なフィルムの構造やフィルム編集の理論の深い知識を提供しています。 学生は、アールト大学の協力のプラットフォームと芸術の大学から専門の独自の領域をサポートするために、撮影とサウンドデザインと選択の研究の方向に彼/彼女の映画の知識を拡大する可能性があります。 練習の制作はフィクション、ドキュメンタリー、アニメーションフィルムの分野で編集者の職業実践に焦点を当てています。 教育は主に行って、実用的な学習、個々の仕事と方向との対話ベースの相互作用に基づいています。 学生は、フィールドでの伝統と現代のトレンドの彼/彼女の知識を深めて。 フィルムエディターのタスクは、脚本の機能を評価する記録材料でフィルムの最終的な形を見つけて、視聴者に意図された感情的な影響を生成することです。 フィルムの編集者は共感すべきだけでなく、対人インタラクティブな関係やナレーションの広い深い意味を理解するための能力を必要とします。 フィルムの編集者は、映画史と様々なジャンルの表現デバイスの良いアイデアを持っている必要があります。 良好な画像読取機能、リズム感や構造を知覚する能力は、編集処理中に新たな溶液を生成するのに必要な大胆さを提供します。 コミュニケーションスキルと協力する能力は、専門職に進んのための基本的な要件です。 修士研究の主な焦点は、大規模な事業体と長い形式の管理にあります。 個人的な研究計画(​​HOPS)は、彼/彼女の興味に応じて、各学生のために別々に描かれています。 テーラードマイナーモジュールは、学生の開発をサポート。 たとえば、彼/彼女は、実際のフィルム編集、ポストプロダクション、デジタル・エフェクトや研究方向の移動に特化することができます。 キャリアの機会 フィルムの編集、映画やテレビでのMAの一部の主要なは、両方の架空のドキュメンタリー映画の分野で長尺フィルムの創造的な編集プロセスを習得する能力を持つ学生を装備しています。 オリジナルと独立した思考のための前提条件は、視聴者の経験を製造する方法を理解しています。 自己知識と自分の芸術性や作業工程の意識は、様々な監督と一緒に作業するための前提条件です。 卒業生は架空の、ドキュメンタリー、アニメーション映画の中で頭エディタとして動作することができます。 卒業生は、独立した専門家や起業家など、さまざまな生産やテレビ会社や仕事中のものは非常に位置で使用されてきました。 彼らは言語能力との接続に応じて、世界のどこに厳しい材料を編集することができます。 卒業生はまた、さらなる研究のために適用され、研究者や教師になることができます。 フィンランド、全長映画フィルム編集者の大部分は、映画、テレビ学科空間演出/フィルム編集を卒業しました。 MAとフィルム編集は、デジタルポストプロダクション位置で使用することができます。 アアルトのビジネススクールは、起業家精神の研究をお勧めすることができます。 推奨マイナーの研究では、美術のフィンランドアカデミーで空間と時間のプログラムでドラマツルギーの芸術大学で演劇アカデミーでのコースやコースがあります。 トピックに特別な関心を持つ方にお勧めの研究では、ゲーム業界で働くために資格を与えることができる科学のアアルト大学でコースを、プログラミングしています。 個人的な学習プランは、彼/彼女の目標を達成でサポートしている学生を提供します。 ショートや長編架空の、ドキュメンタリー、アニメーション映画のための主要な芸術的な責任を有するフィルムエディター。映画劇場の文芸顧問。編集コンサルタント。ビジュアルエフェクトデザイナーと技術者。映画業界の起業家。 国際化 国際化が見られ、国際交流プログラムやインターンシップに彼/彼女の研究の一部を完了するために学生を奨励することによって教育に実現されています。 国際訪問教師と学生が指導し、ヘルプの学生ネットワークを豊かにします。 学生は国際映画祭に出席し、彼らが編集したフィルムを表します。 様々な国際映画イベント、セミナー、ワークショップは、主要なを教えるの本質的な部分です。 修士の学生はロンドンのサウンドシンポジウムの学校に参加しています。 入学手続き 学生は、アートとデザインの分野のための修士課程入学プロセスを介してフィルム編集を専攻し映画テレビの修士プログラムに適用されます。 フィルム編集の学生を選択するための主な入学基準は、フィールドと許容可能な方法で完了し、基本的な研究のために、以前の大学の学位または同等の適合性です。 学士号を完了した後、マスターの研究につづいて、プログラムを入力するための自然な方法です。 [-]

映画やテレビでの芸術のマスター - 映画サウンドデザイン

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

サウンドデザイナー、サウンドエンジニアの利益プラクティスの包括的な知識は、彼/彼女の自身の分野における芸術表現、技術的な装置と理論的概念の意味します。 [+]

フィンランドで の MA 2017. 教育の目標 映画サウンドデザインの列車の芸術家や専門家の主要な映画やテレビ、修士プログラムは、映画制作のすべての分野でのようなサウンドデザイナーやサウンドエンジニアを動作するように。 マスターの研究の目的は、特にサウンドデザインの分野で、学生のスキルを向上させることです。 学生はコースモジュールと着実に難易度のそのレベルに増加練習作業によって彼/彼女の専門の領域の芸術、生産、技術的な内容のより深い理解と習得を得ます。 サウンドデザイナー、サウンドエンジニアの利益プラクティスの包括的な知識は、彼/彼女の自身の分野における芸術表現、技術的な装置と理論的概念の意味します。 教育の重要な目標は、さらに、学生の才能と個性を開発し、追加の技術的、芸術的スキルとフィールドとその歴史の基本的な知識を与え、マネジメントスキルと研究活動のスキルを開発することです。 学ぶべき本質的なスキルは視聴覚劇作のと映画の表現の内容を考えている、音と空間、マネジメントスキル、コミュニケーションと協力スキル、サウンドデザインや長編映画のための劇作のコンセプトと技術的実現のプロセスの管理を理解する能力、より深い彼/彼女の分野における伝統と現代のトレンドの知識、および批判的かつ分析的に考える能力。 予備計画から完成したフィルムに - 修士課程を卒業後、サウンドデザイナーは、サウンドデザインの全体的な芸術と技術的なプロセスの習得を持っています。 研究中に、学生は、長編映画やテレビ番組制作における芸術と生産協力して記録、音の仕事とサウンドデザインのすべての段階に精通になります。 教育の目標は、さらなる研究を追求する能力を付与することです。 命令の言語についての詳細 映画サウンドデザインの主要な映画テレビの修士プログラム内の命令の言語は、フィンランド語です。 しかし、コースの一部は英語で教えられています。 程度は英語で完了することができます。 教育内容 映画サウンドデザインにおける主要な修士研究では、彼/彼女の研究のパスを形成する上で学生の独立した努力を強調しています。 焦点は、フィルムの音の特別な機能を調査するセミナーやワークショップです。 学生は、フィルムの異なる理論とそのサウンドデザインに学習し、多くの場合、より大きなコースのモジュールを形成調査のワークショップに参加しています。 学生はますます厳しい練習によってサウンドデザイナーやサウンドエンジニアの仕事について学びます。 教育は主に、小グループ、個人指導および対話型の相互作用で仕事をしていることにより、実践的な学習に基づいています。 教育の目的は、彼/彼女の個人的な強みと芸術的なビジョンの開発に学生を支援することです。 教育は芸術の他の分野からの学生と研究を含んでいてもよいです。 練習の制作は、サウンドデザインと記録プラクティスと実践グループワークやマネジメントスキルを学ぶ機会を提供します。 学生は、特にフィルムの編集で提供教育やドキュメンタリー映画専攻からとシベリウス・アカデミーが提供するコースから、マイナーな研究を取ることを奨励されています。 キャリアの機会 映画サウンドデザインを卒業は長編ドキュメンタリー映画の中で芸術的責任の位置で作業することができます。 教育の目標は、分野におけるさらなる研究および生涯学習のために必要な前提条件を提供することにあります。 サウンドエンジニアやサウンド・デザイナーは、主に映画、テレビ、ゲーム、広告フィルムや他のテレビ制作でのフリーランサーや起業家として使用されています。 タイトル 所望のように映画産業内の設計者および/または専門サウンド 国際化 学生は国際交流プログラムやインターンシップで自分の研究の一部を完了することをお勧めします。 国際訪問教師と学生が指導し、ヘルプの学生ネットワークを豊かにします。 いくつかの映画のサウンドデザインの授業は、より深い理解に焦点を当てていると、映画祭や国際シンポジウムへの参加によって、サウンドデザイナーの職業に関連する学習します。 入学手続き 映画テレビの修士プログラムの申請は、映画のサウンドデザインの主要なアートとデザインの分野で修士レベルの入試に適用されます。 主な入学基準は、フィルムサウンドデザインの主要のための学生を選択する際にある創造性、大胆さ、独創性、想像力、モチベーション、コミュニケーションスキル、グループで作業する能力、音と映像の間の関係を理解し​​、整理する能力、および物語の音思考能力。 フィルムの特殊な特性の深い理解を持つための前提条件は、人生経験、教育、好奇心、大胆さ、心を開いて、常に周囲の現実を観察し、分析する能力です。 [-]

映画やテレビでの芸術のマスター - 映画の演出

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

映画テレビの修士プログラム、監督の個人的な映画のスタイルと監督アイデンティティの開発に加えて、学生の監督の発想力、アイデアの開発、storybuildingとナレーションのスキルを強化する方向変換フィルムの主要な。 [+]

映画やテレビでの修士プログラムは、演出の主要は、2017年から2018年学年のための新たな学生を受け入れません。 教育の目標 映画演出の主要な映画テレビの修士プログラム、 監督の個人的な映画のスタイルと監督アイデンティティの開発に加えて、学生の監督の発想力、アイデアの開発、storybuildingとナレーションスキルを強化します。 方向変換フィルムの修士研究では、学生の生産能力を深め、長編映画を監督するためのスキルを提供しています。 命令の言語についての詳細 映画演出の主要な映画テレビの修士プログラム内の命令の言語は、フィンランド語です。 しかし、コースの一部は英語で教えられています。 程度は英語で完了することができます。 教育内容 方向変換フィルムの主要修士研究では、学生は彼/彼女の芸術的思考や映画のビジョンを開発しています。 研究では、内容を変更すると主題試験モジュールを含みます。 調査モジュールは、この2つの要素の理論教育期間とワークショップの作業又はこれらの組み合わせに分けられています。 研究の一部は、研究能力を開発するために、単一の中心的なテーマを中心に構築された実験室で、一つ以上の専攻と関連して実現されます。 修士課程の間に、学生は彼/彼女の芸術的思考を開発し、フィルム、構造のidiomaticsを研究し、より詳細に彼/彼女の個人的な芸術作品の出発点を調べます。 研究のための学生の計画に関する議論は個人学習計画(HOPS)のための基盤を提供し、それによれば、学生は、研究を演出膜の他に、脚本、視覚ナレーションおよび/またはサウンドナレーションの研究に能力の大きい深さを取得し、またはMAの学生に開放マイナーの研究のいくつかの既存のモジュールに適用されます。 マスターの研究中に、学生は細身のリソース上で実現されることができ、かつ、ディレクターによって考え出さまたは記述されたスクリプトに基づいているショートフィルムを指示します。 マスターの研究中に、学生が企画・フィルムを実現する際にリソーシングの重要性を理解するために学習し、映画やテレビの専門分野におけるアクター(生産会社、金融や流通)に精通になります。 キャリアの機会 マスターの研究を卒業学生は、長編映画の監督として、テレビ制作で作業することができます。 映画監督は、商業映画とビデオ制作やノンフィクションの作品で、テレビドラマディレクターとして(フィンランド放送会社)テレビ番組制作会社にとYleisradioで、取締役として国内の映画制作会社で働く、との大学の分野で講師として応用科学とメディア機関。 学生は、フィルムおよび/またはテレビ番組制作のいずれかで、修士段階でのインターンシップを完了する機会を持っています。 研究では、フィンランドの映画監督活動の協会分野におけるアクターと定期的に会合(生産顧問、テレビチャンネルの共同制作のマネージャー)と参加を含みます。 フィルム指向の学生のためのその他の推奨マイナー科目は、次のとおりです。視聴覚物語および設計や生産の主要なのマイナーモジュールオプションを。 国際化 学生は、部門によって提供される国際的な研究に参加しています。 学生は、学生交流や国際インターンシップを完了し、アプリケーションの対象に、主要な方向変換フィルムに参加し、部門の国際プロジェクトやプログラムでする機会を持っています。 彼らの研究中に、MAの学生は、北欧映画学校主催のプロモーションイベントをピッチング北欧の才能にオブザーバーとして参加しています。 学生が出席し、国際的な映画祭で自分の映画を提示し、旅費のためのいくつかの補償が短い国際指向ワークショップやセミナーへの参加を奨励することを意図しています。 様々な国際映画イベント、セミナー、ワークショップは、主要なを教えるの本質的な部分です。 入学手続き 映画テレビの修士プログラムの申請。映画演出は、アートとデザインの分野で修士レベルの入試に適用されます。 主な入学基準方向変換フィルムの主要な学生を選択する際にオリジナリティ、大胆な劇的な思考、ストーリーテリングのスキル、コミュニケーションと社会的スキル、芸術的プロセスで独自の洞察と個人的な経験を利用する能力、共感と疎外のための能力、ストレスです寛容、フィードバックを受け入れる能力、学習への分析的思考と開放性のための準備。 [-]

映画やテレビでの芸術のマスター - 映画撮影

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

映画撮影の主要な映画やテレビ、修士プログラムでは、学生は様々な映画、テレビ、広告制作の彼/彼女の専門の領域の全体的な芸術、生産、技術的実体の大きい支配を達成するために彼/彼女の職業能力を深め。 [+]

フィンランドで の MA 2017. 教育の目標 映画撮影の主要な映画やテレビ、修士プログラムでは、学生は様々な映画、テレビ、広告制作の彼/彼女の専門の領域の全体的な芸術、生産、技術的実体の大きい支配を達成するために彼/彼女の職業能力を深め。 映画撮影の学生は芸術的な表現の手段、映画撮影法と挑戦的な技術的思想、設備や作業方法の幅広い習得しています。 また、学生が撮影監督の役割の変化、また、それらに接続された革新的な研究とともに新しい芸術と技術的な作業方法や技術の使用の両方に精通しているとなります。 教育の目標は、学生の個人的な強みを強化し、個人的な芸術的なビジョンに沿って、開発、芸術映画の仕事に責任を他の人と協力のスキルを深め、独立した研究活動のために必要なスキルを提供することにあります。 映画テレビの修士プログラム中の命令の言語命令の言語についての詳細、映画撮影中の専攻はフィンランド語です。 しかし、コースの一部は英語で教えられています。 程度は英語で完了することができます。 教育内容 教育期間中、学生の個人的なビジョンは、芸術、技術的な映画撮影の能力と協力のスキルに焦点を当てて強化されています。 撮影監督のジョブ記述が強化され、大規模なマスターの研究モジュールとワークショップ演習、フィンランドで、国際的・職業技術と芸術表現上のコースによって両方に深くなります。 教育は主に、小グループ、個人指導および対話型の相互作用で仕事をしていることにより、実践的な学習に基づいています。 研究中に、学生は映画やテレビの制作で映画撮影と芸術と生産協力して予備計画のすべての段階に導入されます。 キャリアの機会 MAと撮影監督は、ドラマ、ドキュメンタリーや広告のフィルムを要求中で芸術的な責任を持つ者として仕事をすることができます。 映画撮影中の主要なの卒業生は、長編ドラマフィルムで撮影監督、ドキュメンタリー映画、テレビや広告フィルムとして機能することができます。 撮影監督はまた、応用科学やメディア機関の大学のフィールドにインストラクターとして働いています。 教育の目的は、主に映画産業のための強力な個性を持つ専門家を生成することですが、それはまた、さらなる研究や生涯学習を申請する学生を奨励しています。 撮影監督は、主に映画、テレビ、オーディオビジュアル制作でフリーランサーとして採用されています。 撮影監督は、デジタルポストプロダクションやエフェクト作業のさまざまな段階にし、設計および仮想空間演出を実現する上で動作するように適しています。 映画撮影の学生のための推奨マイナー科目は演出、フィルム編集、グラフィックデザイン、デジタルと仮想空間演出やデジタル・モデリングが含まれます。 国際化 学生は国際交流プログラムやインターンシップで自分の研究の一部を完了することをお勧めします。 国際訪問教師と学生が指導し、ヘルプの学生ネットワークを豊かにします。 学生の国際化とネットワークは、学生がより深い理解を得ると撮影監督の職業についての詳細を学び、国内および国際映画祭への参加、によってサポートされています。 映画撮影中の主要な異なるフィルムスクールやワークショップ、コースと学生会レベルでの学生交流間の協力に焦点を当てています。 入学手続き 映画テレビの修士プログラムの申請。映画撮影は、アートとデザインの分野で修士レベルの入試に適用されます。 映画撮影の主要のための学生を選択する主な入学基準は、独創性、物語性、イニシアチブ、忍耐、コミュニケーションと社会的スキル、グループワークのスキル、ストレス耐性、フィードバックを受け入れる能力、学習への分析的思考と開放性のための準備、空間的です時間的、概念的な知覚能力、デザインの視覚化のスキル、技術的実現方法の習得、一般的なフィルムと美術史、フィールド内の伝統と現代のトレンドの知識、およびクリティカルおよび分析方法で考える力。 [-]

創造的な持続可能性における芸術のマスター

Aalto University
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド エスポー

クリエイティブ持続可能性の国際修士プログラム(CS)は芸術、デザインとビジネスのアーキテクチャ、学校や工学部の学校での共同修士学位プログラムです。 グローバルとローカルの課題と将来のシナリオの複雑さは、教育における環境、経済、社会・文化的側面の学際的なアプローチとの相互連携を強化する必要があります。 [+]

ザ· クリエイティブ持続可能性の国際修士プログラム(CS) 芸術、デザイン、建築の学校での共同修士学位プログラムは、ビジネスと工学部の学校です。 グローバルとローカルの課題と将来のシナリオの複雑さは、教育における環境、経済、社会・文化的側面の学際的なアプローチとの相互連携を強化する必要があります。 クリエイティブ持続可能性プログラムは、気候変動、資源不足、世界の貧困、社会的・経済的不平等、およびへの適応として、重要な持続可能性の課題に対処するための環境、ビジネス、デザイン、不動産を建て、建築の分野における学際的な学習プラットフォームを提供します急速なグローバル社会経済の変化。 CSプログラムは、異なる背景の理解を高め、他の分野から研究プロジェクト、企業、団体、学生と協力して、学生の機会を提供しています学際的なチームで勉強する異分野の学生を結集します。 CSの学生が修士の学位を持つ卒業します。 CSプログラムはまた、アールト大学の学生にマイナーな主題の研究として提供されています。 学習成果 学際的アプローチ:学生は、知識、スキルや、生態学的、経済的および社会文化的持続可能性に基づいて、コラボレーティブソリューションに到達するための新しいアプローチを適応させることを学びます。 システムアプローチ:学生が複雑な状況や社会における重要インフラの新しい総合的な理解を作成し、問題解決や設計作業に全身的な思考を実装することを学びます。 重点は、地域社会の文脈の中で世界的な認知度と持続可能性の異なる側面の同時修正です。 デザイン思考は:学生が、ダイアログを促進する問題を定義し、アイデアを生成し、解決策を得ることに創造的問題解決の方法やツールを適用することを学びます。 サステナビリティ管理:学生は、持続可能なビジネスモデルを作成するための新しいアプローチを開発し、ビジネス倫理と企業責任を進めることを学びます。 また、学生は別の組織形態は、持続可能性に追求をサポートする方法を理解します。 プロジェクト管理:学生は学際的なチームワークを管理するために、そして文化的に汎用性の高い組織の環境での持続可能性を促進することを学びます。 デザイン学科におけるCSのスキルの成果: 学生は異なる政治的、社会的およびビジネス・コンテキストで透明かつ責任あるデザインを実践することができます 学生は、概念、サービス、製品設計プロセスにおける設計手法とツールを実装することができます 学生は、持続可能性の問題を分析し、創造的な解決策を開発するためにデザイン思考、システム思考と参加型アプローチを使用することができます 学生は、異なる分野や職業全体のチームワークを促進することができます 学生が参加し、設計の議論をリードすることができます アカデミックスキル: 学生はアプローチを批判し、持続可能性に関する問題に書き込むことができます 学生は、異なる学問分野と持続可能性における彼らの貢献を認識し 学生は実践的な活動を支援するために設計研究を行うことができます 教育内容 クリエイティブ持続可能性プログラムは、理論のレッスン、ワークショップ、実践的なプロジェクト、遠足や論文を含みます。 コー​​スは、持続可能な製品やサービスの設計の方法と責任で専門的なスキルの基礎を深めます。 プロジェクトの内容は、材料の革新からの社会的持続可能性の向上に変えることができます。 コー​​スとプロジェクトは民間企業やNGOや他の団体や公的機関を例えばすることができ、パートナーの組織のための興味のあるトピック内で行われています。 プロジェクトは、パートナーフィンランドや海外での本当の、実用的な問題を解決するために起動されます。 2年間の専攻は必修研究、デザイン学科で必修研究、強制クリエイティブサステナビリティのデザインスタディとオプションの研究共同で構成される120クトで構成されています。 カリキュラムは、学生はまた、アールト大学から他の大学で完了した研究や他のモジュールを含むことができる個人的な研究計画に基づいています。 教育的なアプローチは、教育と研究、問題解決学習、および実用的な成果への強いつながりを統合することに基づいています。 コースの提供の詳細については、acs.aalto.fiをご覧ください。 デザイン学科でクリエイティブ持続可能性の研究は、設計者のための新しい役割を作成し、自分の会社を開始したり、プライベート、パブリック、およびNGOセクターの組織の持続可能性の専門家として働くために学生を準備する学生をエンパワーし、奨励します。 クリエイティブ持続可能性プログラム(MA)の卒業生は、持続可能性に向けた転換に関する戦略的な見解を持っている組織のデザイナー、専門家、教育者、研究者や管理者として動作します。 [-]

デジタル時代における言語の多様性でマスター

University of Helsinki
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド ヘルシンキ

この修士課程は、人間の言語の本質と多様性の理解と言語材料を扱うための理論的なツールを提供します。 あなたは、言語に興味を持っているが、あなたが勉強したいそれらのかを決定することができない場合は、この修士課程は、専門のいくつかのフィールドを提供しています。 そのうちの一つは、あなたにぴったりかもしれません。 [+]

フィンランドで の MA 2017. なぜ言語は変更できますか? なぜ、あなたのモバイルデバイスは、あなたが入力している単語の面白い補完を示唆しているのでしょうか? どのようにフィンランドはフィンランドで主に話されているが、その言語の親族がより広い領域にわたって散在していることが起こるのですか? どのように標準的な正書法を持たない言語を学ぶことができますか? 他の人々が彼らのアクセントによってちょうどどこから来たなぜあなたは時々言うことができますか? なぜ一部の人々は彼らの方言に固執するが、彼らは都市に移動したときに他の人がそれを放棄しますか? あなたは言語の多様性をサポートするために試してみてください? 私たちは、人々の非常に小さな数で話されている言語を保存することはできますか? どのようにコンピュータ合成音声はより人間に聞こえるようにすることができますか? なぜ一部の言語は、以前よりもずっと難しい学ぶように見えるん - 彼らは本質的に、より複雑ですか? この修士課程は、人間の言語の本質と多様性の理解と言語材料を扱うための理論的なツールを提供します。 あなたは、言語に興味を持っているが、あなたが勉強したいそれらのかを決定することができない場合は、この修士課程は、専門のいくつかのフィールドを提供しています。 そのうちの一つは、あなたにぴったりかもしれません。 あなたの研究の間に、あなたは以下となります。 言語、そのサブシステム(音韻論、形態、構文、意味論、語用論)およびそれらの相互関係の基本的な構造の深い理解を得ます 言語分析と言語記述の基礎を学びます 言語学的概念、理論、記述的モデルおよび関連研究方法に慣れます 言語が認知、スピーチとの相互作用にだけでなく、社会構造、文化や社会にどのように関連するかを学びます 言語データを管理し、分析するために様々な方法や技術的なツールを使用することを学びます。 言語学的変化と多様性の良好な理解を得る:どのような世界の言語にも共通するもので、彼らがどのように異なるか、言語は、個人は、多言語状況とどのように絶滅危惧言語を話すコミュニティをサポートすることが可能に対処する方法を、言語はお互いにどのように影響するか、時間を通じてどのように変化しますか。 あなたの研究を完了した後、あなたは、言語学の学際的な専門知識を必要とする様々な分野で独立して動作することができるようになります。 あなたは言語の研究で博士課程の大学院の研究のために必要とされる理論的な知識とスキルを持っています。 ヘルシンキ大学は2017年8月1日以降に開始する外国語の修士プログラムへの年間授業料をご紹介します。 料金は13 000ユーロです。 エリアに永久在留資格を持っていない非EU / EEA諸国の国民は、これらの手数料に責任を負います。 あなたは授業料を支払う必要がありますかどうかをスタディーインフォメーションのウェブサイトでのFAQを確認することができます。 命令の言語での情報 命令の言語は英語です。 プログラムの内容 デジタル時代における言語の多様性は、あなたの言語の科学のすべてのサブフィールドの包括的なビューを提供しています統合された国際的なプログラムです。 (1)一般言語学、(2)音声学、(3)の言語技術、及び(4)多様性言語学:プログラムの学生として、あなたは4専門家のオプションの中から選択することができます。 一般言語学 あなたの使用中の言語構造と言語の理論や方法論的アプローチの広い範囲で包括的で詳細なトレーニングを提供します。 特別重点は、グローバルな視点だけでなく、音声の絶滅の危機に瀕し、以前に文書化されていないと下の文書化フォームの文書化と説明の言語類型論に置かれています。 音声学 学際的な視点から人間の音声の調音、音響および知覚側面を操作するためのツールを紹介します。 より高度なレベルでは、実験音声学の方法と知り合いになるだろう。 言語テクノロジー コンピュータサイエンスに近いリンクを持つ学際的なアプローチで、デジタル技術で言語学を組み合わせたものです。 重点分野は人文科学に形態学的に豊かな言語、クロスリンガルNLPと言語技術のための自然言語処理(NLP)が挙げられます。 多様性言語学 民族、文化や環境:歴史言語学だけでなく、言語の言語外文脈を含め、時間的にも空間的にも言語的多様性のすべての側面を網羅。 多様性言語学面積病巣がユーラシアとアフリカです。 これらの4専門家のオプションは、すべてのレベルで対話します。 かかわらず、彼らが選択した専門家のオプションのプログラムのすべての学生に共通の研究モジュールがあります。 1プログラムにこれらの4つの視点の統合はユニークです - 全く同様のプログラムは、他のどこにも存在しません。 「人文科学」の文脈では、プログラムは、自然科学に最も近い関係を持っており、プログラムの多くのサブフィールドは、デジタル技術と神経科学などの直接検査技術科学にリンクされている方法を伴います。 プログラム中の教示は、講義やセミナー、実践的な演習セッション、読書サークル、フィールドワークの遠足だけでなく、ワーク実践(インターンシップ)が含まれています。 指導方法の広いスペクトルは、あなたの学習プロセスに最適なサポートを保証しています。 大手の選択 デジタル時代の修士プログラム言語の多様性は、4つの専門家のオプションが含まれています。 プログラムのすべての学生に共通モジュールを完了した後、あなたがそれらのいずれかを選択しますが、あなたの選択科目の研究では、他の専門家のオプションからだけでなく、他のMAプログラムからコースを含めることができます。 一般言語学 ヘルシンキの一般言語学は、言語の理論や方法論的アプローチの広い範囲をサポートしています。 我々の焦点は、グローバルな視点での言語記述と類型です。 言語記述では、ドキュメントや絶滅の危機に瀕し、以前の下で文書化言語の文法的な説明を強調する。 類型的研究は、人間の言語の構造と機能を支配する一般的な規則性を理解するために、クロス言語学的変化のパターンを調べます。 音声学 音声学は、音声の科学です。 音声は、音響信号として、または知覚現象として、モータ認知能力または技術として検討することができます。 音声学者としての訓練は幅広い分野を含み、両方が適用され、研究志向します。 ふりがな研究自体は、多くの場合、学際的であり、一般音声学を組み合わせ、例えば、音声技術と、音響、言語学、言語技術、言語教育、心理学と神経科学。 言語技術 近年の技術革新は、言語の研究に重要な影響を与えています。 スピーチと書き込み - - コンピュータで処理された言語技術は、自然のどの言語での技術的なツールと方法を提供しています。 言語技術のいくつかのよく知られているアプリケーションは、自動スペルチェック、文法チェック、音声認識、音声合成、および機械翻訳です。 ダイバーシティ言語学 ダイバーシティ言語学は、時間と空間を介して言語やスピーカーのコミュニティを見て、人間の言語の多様性を調査します。 一般的な言語学者のように、多様性の言語学者は、人間の言語の複雑さに興味を持っている、と彼らは同様の類型とわかりやすいアプローチを使用しています。 ダイバーシティ・言語学の具体的な特徴は、それが歴史的・比較言語学、言語人類学、社会言語学と文化の歴史を持つ言語記述を組み合わせることです。 これは、指定された地域や社会の言語の歴史を記述するために、言語の文法を解析するために学生を可能にします。 これは、さまざまな生態系の条件の下で言語の多様性とその維持の理解を促進します。 プログラムの構造 芸術の修士号の範囲は120クレジットです。程度は、以下の試験が含まれています。 プログラム内のすべての学生に共通の研究(30単位) 専門オプションで先進的な研究(少なくとも60クレジット) 他の研究(最大30クレジット) MA度につながるフルタイムの研究の対象期間は2年間です。 プログラムのすべての学生は最初の年の秋学期中に同じコースを取ります。 次に、あなたの専門オプション(一般言語学、音声学、言語技術、またはダイバーシティ・言語学)に焦点を当てます。 研究のこのブロックは、コース(少なくとも30単位)の、あなたの修士論文(30単位)で、最終的なプロジェクトで構成されています。 この修士プログラム内の他の専門家のオプションによって、またはヘルシンキ大学内の他のプログラムのいずれかによって提供されるモジュール:さらに、他の研究を選択します。 このような任意の試験モジュールのサイズは、典型的には15、25または30単位です。 他の大学が提供するコースもここに含めることができます。 あなた自身の専門のオプションでの研究だけでなく、他の研究でも国際化期間(例えば、学生交流)とワーク練習や他の職業生活指向の研究ユニットを含むことができます。 職業人生とキャリア開発の視点は、プログラムの多くのコースに統合されています。 あなたは体系的にあなたの研究を完了します。 あなたの修士研究の開始時に、あなたはあなたの最初の個人的な学習計画(PSP)をご用意しております。 この中で、あなたは、特に修士課程のスタッフからサポートを受けることができます。 ガイダンスはまた、学部レベルで与えられています。 論文 マスターの研究は、修士論文の執筆に30単位の範囲と独立した科学的研究を絶頂に達します。 あなたは、あなたの研究の2年目に論文セミナーで書き込みプロセスを通って案内されます。 修士論文の目的は、研究を行うために必要な基本的なスキルを開発することです。 それらの中で最も重要なものは、独立して情報を求める批判的に既存の情報を分析し、評価するために、独立した情報を生成し、適用する機能が含まれています。 また、修士論文の執筆は、プロジェクト管理能力と幅広い知識の習得を開発しています。 原則として、論文は英語で書かれている(が、そのadministrational言語としてフィンランドやスウェーデンでの学生は以下の言語で自分の論文を書くことができます)。 あなたの修士論文を完了した後、必要になります 粘り強い方法で動作するように準備ができて、大規模なwholesを理解することができ、 選択された研究の問題を定義し、議論する能力を有します、 あなた自身の仕事に必要な理論と研究方法を習得、 論文のトピックと分野の文献で実証精通している、と 科学的に通信し、材料を分析することができます。 キャリアの見通し 卒業後、プログラムの学生は言語の特別な知識が要求される位置の多種多様な雇用を見つけます。 一方の経路は、研究キャリアのためにあなたを準備し、多くの卒業生が海外でフィンランドとの研究者として働いています。 また、研究の管理だけでなく、政治、外交、教育の分野で働くことができます。 さらに、潜在的な雇用者がNGOのと同様に、出版業界、メディア、ジャーナリズム、広報やビジネスと行政のコミュニケーションに記載されています。 あなたが技術的方向性を選択した場合は、IT分野でより一般的に言語のテクノロジー企業で仕事をしたりすることができます。 ビッグ国際企業は、音声と言語技術の専門家の定数を必要としています。 また、国内企業、いくつかの確立されたもので、多くの有望なベンチャー企業の活気のあるフィールドがあります。 一部の学生は、自分の会社を設立し、起業家になってきています。 LingDA修士プログラムに(対象)教師として卒業することはできないことに注意してください。 ヘルシンキの第三百七十五周年の大学の名誉では、芸術学部は、2015年の間に375ヒューマニストを発表しました。 ヒューマニストを知ろう:http://375humanistia.helsinki.fi! 国際化 言語学は、定義により、国際分野です。 言語能力は、すべての人間に共通の特徴であり、科学としての言語学の目的は、社会的、文化的遺産の表現としての現象や言語の世界的多様性などの言語の普遍的背景の両方を研究することです。 LingDAプログラムでは、国際化はいくつかの形で、いくつかのレベルで存在します: 英語でのプログラム機能と、すべての国からの留学生を受け入れます。 プログラムは、言語や文化的背景の多様性を表現する学生を募集します。 学生は、ビューの実用的かつ理論的なポイントの両方から多くの言語を勉強し、マスターすることが奨励されます。 学生は早い段階で、世界のさまざまな部分にはほとんど文書化された言語を話す人の間でdocumentationalと類型フィールドワークに従事して取得するために奨励されています。 学生は、大学が提供する国際交流の機会を使用することをお勧めします。 プログラムは、高い国際的な知名度を有しており、すべての教師は、広い国際的接触ネットワークを持っています。 ヘルシンキの大学では、言語学は、19世紀には早くも国際化しました。 フィンランドは、特に、民族言語学とフィールド言語学が開発され、他のほとんどの欧州諸国よりもはるかに早く練習した、国です。 フィンランドethnolinguistsが活動している地域のいくつかは、北と中央ユーラシア、中近東、東アジア、南アジア、アフリカが含まれます。 フィールドワーク指向言語学のこの伝統は、今日はHALS(ヘルシンキ地域と言語学)研究コミュニティによって上に担持されます。 同時に、音声学、言語技術、及び類型を含む言語学の最新のフィールドは、独自の国際的なプロファイルを開発しました。 ネットワーキング プログラムは、大学内の他の言語関連の学習プログラムとの積極的な接点を持っています。 コンピュータサイエンスのコースまたはモジュールは、技術指向の学生のために提案されています。 JOO契約を経て、学生はまた、他の大学にアアルト大学で例えば、音声・言語処理を適切なコースを取ることができます。 教員のメンバーはよく、世界中の他の北欧やヨーロッパの大学だけでなく、中の言語学と言語技術プログラムと接続されています。 これらの研究は、事前に受け入れられていることを考えると、ヨーロッパの他の言語のプログラムが主催するサマースクールに参加することも可能です。 言語のコーパス方法や言語データ管理におけるいくつかのコースは、その国のコーディネーターとサポートチームのヘルシンキ大学に設置されているFIN-クラリンコンソーシアムと協力によって、またはで提供されています。 科学ITセンター - FIN-クラリンはCSCによって維持Kielipankki、フィンランドの言語銀行を通じ、言語の研究者のためのリソースとサービスを提供しています。 FIN-クラリンはクラリンERICと呼ばれる欧州の研究インフラストラクチャの一部です。 特に、プログラムの言語技術側は、テクノロジー企業や他の企業との緊密な協力を持っています。 また、プログラムの教師と生徒は、他の社会的アクター、公共部門とNGOの両方で広く対話します。 研究の焦点 デジタル時代の修士プログラム多様性言語学は、ヘルシンキ大学は長い間世界的リーダーとなっていた、いくつかの研究分野を組み合わせたものです。 ヘルシンキの言語の研究は常に文化圏とその歴史のより良い理解への強いコミットメントを維持しています。 様々なユーラシア語族の言語の歴史と接触言語学の研究のための理想的な場所に位置し、ウラル言語の研究は、ヘルシンキの長い伝統を持っています。 言語の文化と歴史を知らさ研究で我々の関心はアジア、ヨーロッパ、アフリカにまたがる、しかし、そのウェルを超えて到達します。 私たちの言語の研究は、経験的に、言語類型論によって駆動され、通知されます。 言語的複雑さの問題は、言語や文化史、生態モデルとの交点のためのその重要性は、言語学のヘルシンキ・スクールの特徴です。 我々は、記述言語学や言語人類学ベースのフィールドワークで、言語類型論で最先端の研究を組み合わせることにより、地域と言語の研究に新しい地平を探ります。 ヘルシンキ大学のユニークな資産は、デジタル人文科学の最前線での様々な言語技術イニシアチブの存在です。 形態学的に複雑な言語の研究はここで大きな役割を果たしており、特別な注意が少ない研究の言語に支払われます。 我々のMAプログラムの4試験線のそれぞれは、このように大学ヘルシンキのフォーカスエリアに対応します。 私たちの言語関連の研究は、一般的に学際的であり、複数の言語的専門性を必要とします。 また、これは私たちのMAプログラムにおいて重要な機能です。 学生は、言語の多様性を維持するために、人々の言語的幸福をサポートするために、問題解決のスキルを必要とする研究や他の専門職のための、理論上のテーマ別や方法論の訓練を受けます。 [-]

英語学でマスター

University of Helsinki
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド ヘルシンキ

英語の言語と言語学、英語で文学、英語の授業:英語学の修士プログラムは、多くの場合、他のプログラムに分離されている分野での専門知識を開発することができます。 卒業後、あなたは英語の優秀なコマンドを持っています。 熟達した研究者や教師との刺激的な環境で作業することで、あなたはまた、プレゼンテーションのスキル、独立したグループ作業、およびプロジェクト管理などの将来のキャリアに必要な他のスキルを開発します。 [+]

英語の言語と言語学、英語で文学、英語の授業:英語学の修士プログラムは、多くの場合、他のプログラムに分離されている分野での専門知識を開発することができます。 卒業後、あなたは英語の優秀なコマンドを持っています。 熟達した研究者や教師との刺激的な環境で作業することで、あなたはまた、プレゼンテーションのスキル、独立したグループ作業、およびプロジェクト管理などの将来のキャリアに必要な他のスキルを開発します。 英語学の修士号は、いろいろな仕事のためにあなたを準備し、私たちの卒業生は就職に成功しています。 必須教育学の研究と組み合わせる場合は、英語学の修士号を使用すると、語学教師であることを認定しています。 代わりに、あなたは語学力が必要とされているメディアや出版、ビジネス、または国際機関での雇用を見つけることができます。 英語は、科学、文化、ビジネスや観光の言語として世界的に使用され、英語の専門家は、これらすべてのフィールドで必要とされます。 ヘルシンキ大学は2017年8月1日以降に開始する外国語の修士プログラムへの年間授業料をご紹介します。 料金は13 000ユーロです。 エリアに永久在留資格を持っていない非EU / EEA諸国の国民は、これらの手数料に責任を負います。 あなたは授業料を支払う必要がありますかどうかをスタディーインフォメーションのウェブサイトでのFAQを確認することができます。 命令の言語での情報 ほとんどの部分については、命令の言語は英語であり、研究は英語で完成されています。あなたはフィンランド語や英語で教育学研究(教員研修)を取ることができます プログラムの内容 英語学のコースは、英語で英語、文献に関連し、英語を教えるいくつかのトピックに焦点を当てています。 あなたは、あなたの興味に応じて1以上のラインからのコースを組み合わせて選択することができます。 言語学コースでは、英語の構造や用途にだけでなく、言語の変化と変化、社会言語学とコーパス言語学に焦点を当てます。 文学コースでは、物語、認知、ポストコロニアルとecocritical視点から英語で種々の文献のいくつかの領域を検討します。 応用言語学コースでは、特に将来教師に合わせて調整されています。 英語学の学生として、あなたは講義に出席しますが、また、一部のデジタル学習環境で、他の学生と共同で動作します。 あなたの学習の進捗状況を評価するために、いくつかの方法は、試験、エッセイや学習日記として、使用されています。 英語学ではまた、あなたの話し言葉やプレゼンテーションスキルを練習します。 あなたのマスターの研究中に、次のことができます あなたの言語学や文学研究の一層の進展と最も興味深いのコースを選択します あなたの選んだ分野で理論の理解を強化 あなたの言語スキル、アカデミックライティングスキルとプレゼンテーションスキルを強化 研究プロジェクトへの参加 その間、あなたの論文を書きます、修士論文のセミナーに参加します 交換留学生として海外コンプリート研究(あなたはまだ行っていない場合) 例えば、研修生や代用教師として働くことによって、実践的なトレーニングを完了 大手の選択 次の2つの専門分野、教員養成や一般の間で選択することができます。 教師の専門については、教育的な研究が必須であり、これらの研究のための別々の選択プロセスがあります。 あなたは一般的な専門分野を選択した場合は、あなたの興味に応じて他の研究で英語学を組み合わせることができます。 プログラムの構造 修士号の範囲は120クレジット(クト)です。程度は、以下の試験が含まれています。 規律の高度な研究(60-120クレジット)と 必要な場合は、度(120クレジットの合計)のための最低限の信用の要件を達成するために、他のコースを取ることができます。 フルタイムの研究を使用すると、2年間で修士号を完了することができるはずです。 あなたのマスターの研究中に、授業を通して、あなたの知識を深め、あなたの修士論文を書いて、あなたの専門分野に主に焦点を当てます。 あなたの専門分野の被験者における高度な研究では、一般的に実習として完成されているプロのスキルのコースを、含まれています。 あなたの興味に応じて、あなたはまた、選択科目や他の支援の研究を含めることができます。 あなたが体系的にあなたの研究を完了しやすくするために、あなたは、特にプログラムのスタッフからと学部や大学の管理者からの支援を受けて、あなたのマスターの研究の開始時に個人の学習計画(PSP)をご用意しております。 論文 修士プログラムは、あなたの修士論文、独立した科学的研究を書面で絶頂に達します。 修士論文の目的は、研究を行うために必要なスキルを開発することです。 これらの中で最も重要なのは、独立して情報を求める批判的に既存の情報を分析し、評価し、生産し、独立した情報を適用する機能が含まれています。 また、あなたの修士論文を書くことは、あなたのプロジェクト管理スキルと知識の豊富なボディのあなたの支配を開発しています。 英語学では、あなたは英語で自分の論文を書きます。 修士論文の目的は、研究を行うなどのために必要な基本的なスキルを開発することです。 分野における先行研究の文脈で、選択した研究課題の定義 独立して情報を検索し、批判的にこの情報を評価します あなたの仕事に必要な理論と研究方法をマスター あなたのデータを分析します 視聴者に適切な明確かつ論理的な形式で結果を伝えます その範囲と複雑さを考えると、修士論文では、さまざまな職業に有用であろう研究やプロジェクトマネジメントスキルを開発するのに役立ちます。 キャリアの見通し 英語学は、ビジネスや文化の中でだけでなく、行政や教育にいくつかのキャリアのために準備されます。 支援の研究を慎重に選択すると、あなたは、政府、メディア、図書館などの文化施設、国内および国際機関、または観光での雇用を見つけることができます。 あなたが主題教師のための教育学の研究を完了した場合は、包括的かつ高等学校でだけでなく、成人教育で英語を教えるために修飾されます。 正常に修士号を完了した後、あなたはまた、大学院生として、あなたの研究を継続し、それ以降の大学の研究者や教師としてのキャリアを構築するために適用することができます。 ヘルシンキ大学は、それが簡単にあなたがあなたの専門分野を計画するために作るとあなたの将来のキャリアに利益をもたらす研究を支援する、フィンランドの分野の最も包括的な選択をしています。 あなたの学位の中で最も興味深いと便利なものが含まれて自由に感じます。 英語の卒業生によってキャリア関連の物語は(フィンランド語)www.toissa.fi/で見つけることができます。 能力 必須教育学の研究と組み合わせることで、英語学の修士号は、あなたの語学教師になるために必要な資格を与えます。 英語教師としての資格にするためには、完了する必要があります。 そのような別の言語として、通常は一緒に学校で教え別の規律での研究と英語の学士号と修士の研究(120クレジット)、(60単位)。 教育学研究(60単位;研究中の別々の選択手順)。そして MA度。 国際化 留学中は、外国の大学で、フィンランドでは、多くの点で国際的な活動に従事することができます。 あなたはBAの研究中に国際学生交流にされていない場合、あなたはあなたの修士号取得のために勉強しながら行うことができます。 交換時に、あなたは、外国の大学で学業の一部を完了します。 よく計画し、時宜を得た学生交換があなたに度がより多様化する機会を提供していますし、独自の研究に新たな視点を発見することができます。 あなたは交換プログラムを介して、または独立してのいずれかの交換訪問を追求することができます。 すべての交換プログラムは、奨学金や助成金が含まれます。量は、プログラム、交換訪問と対象国の持続時間に依存します。 あなたが独立して交換訪問を配置している場合は、旅行助成金を申請することができます。 海外で修士の学位に含ま実習を完了することも可能です。 また、ヘルシンキ大学で国際的な活動に従事することができます。 たとえば、交換留学生のためのピア・家庭教師として働くことができます。 芸術学部と英語の言語学の規律は、このようにあなたの研究に国際的な視野を持って国際的な背景とを持っている多くの教育と研究スタッフのメンバーを持っています。 ネットワーキング 英語学プログラムは、例えば、いくつかの他の修士プログラムと言語、文学研究及びフィンランドの修士プログラムを協力しています。 あなたの研究中に、あなたは教師の専門知識から利益を得ることができると、これらのプログラムと連携して提供する共同コースを取ることによって、他のMAプログラムの学生との共同作業します。 研究の焦点 英語の言語学の規律は、あなたの研究の一環として参加可能な言語学と文学における様々なサイズのいくつかの研究プロジェクト、に家です。 研究に慣れるための良い方法は、研究プロジェクトのトピックのいずれかであなたの修士論文を書くことです。 国際的には、ヘルシンキ大学の英語の言語学の規律は、英語の歴史、変化と変化の研究のために知られています。 ヘルシンキの研究者が特によく、彼らは研究目的のためにコンパイルしているデジタルテキストコレクション(コーパス)のために知られています。 あなたはVARIENG研究ユニットのウェブサイト上の研究トピックについての詳細を学ぶことができます。 ここでは言語学者によって研究されている他のトピックでは、グローバルな言語と共通語、学術的言説とアカデミック・ライティング、およびデジタルまたはコンピュータ媒介談話として英語を含みます。 これらを検討されるときに通過する方法は、とりわけ、語用論、社会言語学と談話分析から引き出されています。 規律における文学の研究はまた、アクティブである - スタッフは、1500年代から現在まで英語で文学のすべての種類を研究しています。 主な対象者は、英米の小説、ポストコロニアルとネイティブアメリカン文学、ルネサンスドラマや詩、サイエンスフィクションとファンタジーが含まれます。 主材料は小説、短編小説、詩や演劇を備え、および用いられる方法は、narratologicalポストコロニアルと認知アプローチが含まれます。 [-]

メディア教育の修士号プログラム(社会科学や教育のマスターのマスター)

University of Tampere
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド タンペレ

プログラムは、概念的な意識とメディアを読み書きであり、様々なコンテキストで適切な学習環境を作成する能力に必要な実践的なスキルの開発を家庭教師で生徒の専門知識を開発しています。 [+]

フィンランドで の MA 2017. 学位:芸術や社会科学のマスターのマスター、専門に応じて、 期間:2年 エクステント:120クト 適用するとき:2016年12月1日 - 2017年1月13日を 開始日:2017年8月 非EU / EEAの学生のための授業料:10 000€/年 奨学金についてもっと読みます プログラムの焦点は、メディア教育の新たな規律の専門知識を開発することにあります。 規律は、メディア飽和社会における学習、メディア利用と批判的思考における情報通信技術へのメディアリテラシーの結合によって形成されています。 プログラムは、概念的な意識とメディアを読み書きであり、様々なコンテキストで適切な学習環境を作成する能力に必要な実践的なスキルの開発を家庭教師で生徒の専門知識を開発しています。 ザ· 修士学位プログラム メディア教育支援、特にaudiencingと優先順位の観点から、その家、コミュニケーション、メディアと演劇の学校の現在の研究の優先順位、研究。 プログラムのコラボレーションパートナーが媒介学習環境でプログラムに教授法の視点に寄与する教育の学校です。 ザ· メディア教育修士学位プログラム メディア文化、演劇やドラマの中で環境や情報技術教育、異文化間教育、教育指導者、メディア管理および研究の学習に現在のメディア、教育研究、特に観客の研究、メディア・リテラシー、教育、研究から広く恩恵を受けています。 なぜメディア教育? プログラムは、メディアとその内容だけでなく、文化的な練習を理解し、評価するために必要な認知能力に成熟を促進する - 積極的に(すなわち、「プロシューマ」など)自身のために調停を行うことに従事することにより、消費者よりもあることをメディアユーザーを有効にします。 このフィールドは、すべてのレベルにわたって、特に子供や若い人たちの今日のための教育カリキュラムの開発のための熱心な関連性があります。 彼らの研究中に、学生が文化やアイデンティティの関数としてメディアや日常生活でのコンテンツのジャンルと、その比較の類似点と相違点の役割と機能を探ります。 プログラムは、学習環境の新しい種類のユーザーのために有用であろうメディア、情報リテラシーのそれぞれと組み合わせた教授法、ならびに関連する教授法を強調しています。 プログラムの内容は、次の3つのカテゴリで構成されています: メディア教育に関する研究、 教育と学習媒介環境では、と メディア教育政策や活動を展開 研究の目的 メディア教育で修士学位プログラムを完了した後、あなたは以下となります。 メディアリテラシーとメディア教育の専門家であります フィールドにプロの基準で研究プロジェクトを実施することができます 分析と問題解決能力を開発しています 理論的にはメディアと教育のそれぞれと統合された属性の健全な知識を証明することができ、練習のために 参加し、チームの構造体のメンバーをリードすることができます 理解することができ、そのような学習環境におけるICTなどのメディア、文化と技術を反映 組織内のメディア教育(開発、実装、鉛)を管理することができます 新鮮な洞察力を開発するために批判的に考え、知識を構築することができます 疑わしい慣行に従事するために多くの、多くの場合、かなりの圧力に直面して、プロのメディア倫理の重要な重要性を尊重することができます 博士号のための研究を継続する能力を確立しています キャリアの機会 メディア教育の修士号は、学校、報道機関や行政、例えば、様々なコンテキストに適切です。 学校の環境では、卒業生が今日のすべてのレベルにわたって教育カリキュラムの開発に、特に子どもや若者のために関与することができます。 学校教育のいくつかの段階で教師は約かつ効果的に多様な媒介プラットフォームを通して教えることができるように大きな専門知識を開発したいです。 また、就学前の組織や若者のカウンセリングでの教育は、子供たちとメディアに反映するためのスキルを必要としています。 博士の研究の機会 プログラムは、コミュニケーション、メディアや劇場、または教育と社会の博士プログラムのUTAの博士プログラムで例えば、博士課程社会科学における研究、メディア研究、教育研究のために適用するために資格を与えます。 プログラムの特定の適格基準 メディア教育におけるMDPに適用する資格を得るために、申請者は修士学位プログラムの内容に適した領域で正常に完了した学士の学位または同等のものを持っている必要があります。 研究の関連分野、例えばメディア研究、コミュニケーションと情報科学、教育、ジャーナリズムの学位を取得。 学士の学位または同等のプログラムが始まる時間までに完了しなければなりません。 度は適用期間の終了までに完了しない場合、出願人は、彼女/彼は2017年7月31日によって大学に学位証明書を送信することを条件に、プログラムに受け入れられます。 学位証明書の証明のコピーが期限までに大学タンペレの入学事務局に到達しなければなりません。 学位証明書はタンペレ大学に達すると成功出願人は、このケースでは、最初の条件付き受諾と受諾の後の公式の手紙で通知を受け取ります。 [-]

ジェンダー研究の修士号プログラム(度:社会科学のマスター)

University of Tampere
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2017 フィンランド タンペレ

ジェンダー研究における学際的な修士の学位は、学問的背景やキャリアプランの様々な両方のフィンランド語と外国人学生のためのジェンダー研究の分野で高度なトレーニングを提供しています。 [+]

学位:社会科学のマスター 期間:2年 エクステント:120クト 適用するとき:2016年12月1日 - 2017年1月13日を 開始日:2017年8月 非EU / EEAの学生のための授業料:10 000€/年 奨学金についてもっと読みます 学際 ジェンダー研究の修士号 学問的背景やキャリアプランの様々な両方のフィンランド語と外国人学生のためのジェンダー研究の分野で高度なトレーニングを提供しています。 ローカル、異文化や国境を越え強調事項を取り入れ、カリキュラムは、グローバルローカル、および歴史的な文脈におけるジェンダーやセクシュアリティについての知識を拡大する、革新的な交差および学際的な方法を開発するために、すべての人文科学、芸術、社会科学上から学生と教員を奨励しています。 奇妙な研究、トランスジェンダー研究、セクシュアリティ研究、人種や民族の研究、障害学、地域およびグローバルな研究、文化研究、ポストコロニアルと国境を越えた研究:程度はジェンダー研究に関連した範囲の全域で、学際的な視点に係合します。 このプログラムは、社会科学と芸術と人文科学の間ディバイドの解消、ジェンダーとセクシュアリティの学際的研究を中心に構築されています。 ジェンダー研究プログラムは、社会科学および人文特別な興味を持つ学生のために設計されています。 これは、研究のこのエキサイティングな成長分野の最先端の研究を使用して、最新の議論に対応しています。 これは、競合する理論を考慮し、ジェンダーやセクシュアリティに近づき、これらは人種、民族、年齢、abledness、宗教とクラスの概念と交差する方法を探ります。 なぜジェンダー研究におけるMDP? ジェンダー研究プログラムの範囲と程度は二つの側面でユニークです。 ジェンダー研究の彼らの特別な研究と教育のプロファイルを持つ3フィンランドの大学の共同学位の協力としては、プログラムが広い、学際的な専門知識を保証します。 タンペレ大学では、プログラムは、人文社会科学の学校でグローバル社会の枠組みの一部です。 学生は、フレームワーク内の他のプログラムが提供するコースの広い範囲から利益を得る、と学校のいくつかの修士プログラムの学生の共同グループでビューの新しいポイントを獲得するためのユニークな可能性を持っています。 研究の目的 ジェンダー研究で修士学位プログラムを完了した後に以下のようになります。 ジェンダー政策や政治上の能力 性別、フェミニズム、ジェンダーの平等、パワーと知識の生産に関連する中央問題に独立して作業する能力 分析的なカテゴリーと科学、政治、芸術、文化、社会問題の中の重要な問題に関する重要な視点として、男女の使用することができ 資格は、ジェンダー、セクシュアリティは社会構造、文化的慣習、人間の相互作用と人々のアイデンティティを整理する方法を分析します フェミニスト概念化と研究手法を適用し、関連する研究課題を策定する能力 収集し、研究データの様々な種類を使用し、科学的な方法でテキストとして経口あなたの分析を提示し、あなたの分析の選択を正当化する能力 社会的及び文化的な問題に影響力を発揮すると独立して研究開発に他の人と参加する能力、社会、文化におけるジェンダー関連のトピックに関する新しい知識を作成します ジェンダー、セクシュアリティ、ジェンダーの平等と社会における機会均等に関連する問題についての専門知識 政府と非政府組織で、ビジネス及び市民社会の両方で、地域、国、グローバルな文脈でのジョブとタスクの各種におけるジェンダー平等と人権を促進する機能 規律が非常に社会の中でジェンダーと性的不平等を企図する方法に精通すること 新しい知識を生成するために、社会におけるジェンダーと性的平等のために働く能力 キャリアの機会 この国際的にリンクされたプログラムは、民間部門と公共部門における国内および国際的な研究、政治、機会均等政策や人権機関、団体ならびに非政府組織、市民社会でのキャリアを目指す学生のために特に適しています。 ジェンダー研究プログラムは、批判的に疎外されたり抑圧グループへの接続に力関係を調べるための書面と口頭コミュニケーション能力、組織やスキルを教えています。 これらの属性は、すべての芸術、書き込み、およびメディア・キャリアで使用することができます。 そのためジェンダー研究プログラムの学際性のため、卒業生は、研究キャリアのためによく準備されます。 彼らは、共同作業のスキルを習得し、その分析的思考と特にソーシャルワークでのキャリアに必要な問題解決能力を養います。 卒業生の力関係の知識と社会正義の問題、政府や法律の位置で動作するようにそれらを準備します。 これらのオプションは、公共および民間部門の組織でご利用いただけます。 卒業生はまた、成功した学者になることがあります。 博士の研究の機会 ザ· ジェンダー研究の修士の学位 人文社会科学で博士課程の研究のための適格性を提供します。 タンペレ大学の中で、学生は社会科学における博士プログラムで博士課程の研究のために、例えば、続けることができます。 MAプログラムの主な目的は、ジェンダー研究の学術のキャリアに高品質の学生を誘致することです。 学生は密接エリアで、進行中の研究に統合されます。 トゥルク大学では、適切な研究プロジェクトは、タンペレ大学の広い意味での社会科学へ、そしてオーボ・アカデミー大学文化研究と社会科学で、人文科学とメディアの研究に主に関連しています。 UTAの性別や実施形態では人文社会科学の学校の戦略における重要な研究と教育テーマの一つです。 UTAでも定期的に研究会を組織ジェンダー研究者のネットワークがあります。 研究テーマは、社会を変えることでジェンダー慣行が含まれます。性別、自然や環境、日常生活の中で生態系の選択肢に関する知識生産のローカルおよびグローバルな受注;レズビアンと奇妙な研究。新しい唯物、そしてカップルで感情不平等。 一般的な資格 ジェンダー研究におけるMDPを申請する資格を得るには、申請者は持っている必要があります 所望のプログラムの分野におけるまたは密接に関連した被験者における完成した大学レベル学士の学位または同等の そして 英語で流暢には十分に学術研究のために進みました。要件については、下記の「言語の要件」を参照してください。 学士の学位または同等のプログラムが始まる時間までに完了しなければなりません。 度は適用期間の終了までに完了しない場合、申請者は、彼が2017年7月31日によって大学に学位証明書を送る/ Sを条件に、プログラムに受け入れられます。 学位証明書の証明のコピーが期限までに大学に到達しなければなりません。 学位証明書は大学に達すると成功出願人は、このケースでは、最初の条件付き受諾と受諾の後の公式の手紙で通知を受け取ります。 言語要件 出願人らは、学術目的の英語の良いコマンドに証拠を提出しなければなりません。言語テストおよび以前の研究:英語能力を示す2つの方法があります。 [-]

文化研究の修士号プログラム、MA

University of Tampere
キャンパス 全日制課程 2 年間 August 2018 フィンランド タンペレ

文化研究の修士号の目的は、社会的現実を生成し、定義するすべての人間の実践の次元として文化の理解を開発することです。 学位プログラムは、文化研究の現代の重要な問題を学生に紹介し、現在の文化現象の分析に分析し、重要なスキルを開発しています。 [+]

フィンランドで の MA 2017. 次の摂取量は、2018年入学のため2017年12月-January 2018になります 学位:修士 期間:2年 エクステント:120クト 開始日:2018年8月(確認します) 非EU / EEAの学生のための授業料:10 000€/年 奨学金についてもっと読みます 程度は、現在および緊急文化の現実と理論だけでなく、現代の文化現象を解析するための実用的なツールの包括的な概要を提供しています。 プログラムの焦点は、現代社会文化的現実です。 これは、移動度の異なる形は、通例の境界線の交差が(例えば、国民国家、経済、政治、文化や表現のフォーム間)と新しい​​ハイブリッド新しい文化アーティキュレーションや慣行を生産する世界を探検します。 プログラムは、タンペレ大学の文化研究における強力な研究と教育の伝統の基盤の上に構築されています。 研究の目的 文化研究の修士学位プログラムを完了した後、次のことができるようになります 現在の文化的な仕事の性質を理解します 文化と文化のプロセスを概念化するために、キーの理論的な視点を特定し、使用 あなたの専門活動に正当化し、倫理的な選択をします 、流暢なプレゼンテーションや特定の研究領域に引数を与える材料を収集し、独立と批判的にそれを分析 グループ内で動作し、主張や体系的な研究に基づいて報告 博士号のための研究を継続する能力を確立しています キャリアの機会 プログラムは、建物の学生をサポートし、文化的な生産の環境変化だけでなく、学界で必要な能力を強化します。 文化研究プログラムは、現代文化の理解が必要とされているキャリアのための専門知識を提供します。 これらは、メディア業界、ジャーナリズム、文化的な管理と教育が含まれます。 そのため文化のその理解の柔軟性、それはまた、可能な分野を横断運動します。 適格性 2017年文化研究プログラムに何の摂取量はありません。 指定および/または一般的な基準に情報を追加する大学タンペレの一般的な適格性基準、およびプログラム特定の適格基準、:修士学位プログラムへの適格基準は、2つの部分で構成されています。 申請者は、適格とみなされるために両方を満たす必要があります。 一般的な資格:UTAで修士課程を申請する資格を得るために、申請者は持っている必要があります 所望のプログラムの分野におけるまたは密接に関連した被験者における完成した大学レベル学士の学位または同等の 英語が堪能では十分に学術研究のために進みました。 [-]