修士エネルギー資源工学

一般

講座の説明

エネルギー資源工学:

エネルギー資源工学プログラムの理学修士号は、以下のガイドラインの範囲内で少なくとも36単位時間を必要とします。

  • 6クレジット時間のコアコース、9クレジット時間の選択科目、3クレジット時間のプロジェクトベースの学習コースを含む、18クレジット時間のコースワーク。
  • 論文の仕事は18クレジット時間です。

修士学生はそれぞれ3クレジット時間で6つのコースに合格する必要があります。

コース

コアコース:

  • ERE 501 - エネルギー資源工学
  • ERE 501 - エネルギー資源工学
  • ERE 502-再生可能エネルギー利用

選択科目:

各コースは3単位時間の価値があります。学生は、彼らの学術顧問の助けを借りて選択科目のセットのセットから9クレジット時間の選択科目を選択します。学生はまた、彼らの学術顧問の承認を得て、他の学際的な大学院プログラムから選択科目を選択することができます。

  • ERE 503 - 太陽エネルギー工学
  • ERE 504-燃料とプロセス
  • ERE 505-計算流体力学
  • ERE 506-電力技術における熱/水力学
  • ERE 507-熱併給発電システム
  • ERE 508 - 水素電池システム
  • ERE 509-アドバンスト熱および物質移動
  • ERE 510 - アドバンスドサーモダイナミクス
  • ERE 511 - 高度な流体力学
  • ERE 512 - 高度な燃焼および大気汚染

プロジェクトベースの学習コース

エネルギー資源工学プログラムの理学修士課程の学生は、自己学習に基づくチームワークプロジェクトに参加する必要があります。学生は革新的な概念とエネルギー問題に対する競争力のある解決策を提示しなければなりません。コースの合計クレジットは3です。

  • * ERE 701-エネルギー資源工学に関するプロジェクトベースの学習

修士論文:

修士課程候補者は、エネルギー資源工学の分野における一つの研究トピックの中で高価値の研究成果に基づいて論文を作成し、擁護するべきである。

  • * ERE 801 - M.Sc。論文

学科について

伝統的な燃料の枯渇とエネルギー需要の急激な増加は、エネルギー資源を世界的に重要な問題にするでしょう。エネルギーの分野における人間の活動間の相互作用が極めて重要になっています。エネルギーを過剰に消費するには、利用可能なエネルギー資源を効率的に利用するための革新とシステムの開発が必要です。これは利用可能な資源の最適利用を確実にし、環境を保護し、そして新しい投資機会を創出するでしょう。このような状況に対処するためのツールには、再生可能エネルギーシステム、燃焼システムが適切に開発された代替燃料、燃料電池技術、エネルギー貯蔵システム、ならびにエネルギー変換および管理が含まれますが、これらに限定されません。エネルギー資源工学科によって提供されるプログラムはエジプトの大学の間でユニークな方向であり、そして上記の主題と国民所得の理解に貢献するでしょう。

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

Realizing the need to offer an alternative to those who wish to have advanced and unique degrees in International Business and Humanities, the F.I.B.H. was established, based on new educational concep ... もっと読む

Realizing the need to offer an alternative to those who wish to have advanced and unique degrees in International Business and Humanities, the F.I.B.H. was established, based on new educational concepts in the heart of E-JUST vision, to be a center of cutting-edge education and research, human development and collaboration among academia and industry. Students will be educated and trained by highly qualified and well-experienced staff from Egypt and Japan. 閉じる