修士エレクトロニクスおよび通信工学の博士号

一般

講座の説明

電子通信工学(ECE):

  • 修士プログラムを受講する学生は、次のガイドラインに従って、合計36時間以上のクレジットを履修する必要があります。
  • 6クレジット時間のコアコース、9クレジット時間の選択科目、3クレジット時間のプロジェクトベースの学習コースを含む、18クレジット時間のコースワーク。
  • 論文 - 18クレジット時間の仕事。
  • 修士学生はそれぞれ3クレジット時間で6つのコースに合格する必要があります。

コース

コアコース:

  • ECE 501 - アドバンストアナログ集積回路。
  • ECE 502 - 高度なデジタルおよびデータ通信。

選択科目:

選択科目は2つの主要な分野に分けられます。エレクトロニクスと通信各コースは3単位時間の価値があります。学生は、エレクトロニクスおよび/またはコミュニケーション選択科目のセットから6つの単位選択科目を選択します。学生はまた、彼らの学術顧問の助けを借りて、他の学際的な大学院プログラムから選択科目を選択することができます。

エレクトロニクス選択科目:

  • ECE 503 - アドバンストデジタル集積回路。
  • ECE 504 - 電子回路およびシステムのコンピュータ支援検証。
  • ECE 505 VLSI混合信号集積回路の解析と設計
  • ECE 506 - 高度なIC処理およびレイアウト。
  • ECE 507 - 高度なソリッドステートデバイス。
  • ECE 508 - 通信用アドバンスト集積回路。
  • ECE 509 - VLSI設計:システムアプローチ

コミュニケーション選択科目:

  • ECE 510 - 高度なデジタル信号処理。
  • ECE 511 - 情報理論
  • ECE 512 - エラー制御コーディング。
  • ECE 513 - デジタル画像処理。
  • ECE 514 - センサーとDSPシステムデザイン。
  • ECE 515 - マイクロ波工学。
  • MTH 501 - 高度な数学と統計学I。

プロジェクトベースの学習コース

学生は、次の3単位時間単位のプロジェクトベースの学習コースのいずれかを選択します。

  • ECE 701 - 電子工学におけるプロジェクトベースの学習。
  • ECE 702 - コミュニケーションにおけるプロジェクトベースの学習。

修士論文:

修士課程候補者は、エレクトロニクス/通信の分野における1つの研究トピックの中で高価値の研究成果に基づいて論文を作成し、防御するべきです。 (ECE 801 M. Sc。Thesis)。

補完コース:

電子通信工学の学士号を取得した学生のほかに、関連する専門分野で工学の学士号を取得した学生もプログラムに参加できます。これには以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • コンピューターエンジニア。
  • バイオメディカルエンジニアリング
  • メカトロニクスとロボティクス工学

工学の学士号を、関連する専門分野で取得している学生は、プログラムに登録する前に、学科評議会によって決定され学科評議会によって承認された、最高12単位時間の補完コースに合格する必要があります。

補完コースは以下のとおりです。各コースは3単位時間の価値があります。

  • ECE 450 - マイクロエレクトロニクス回路。
  • ECE451−集積回路装置。
  • ECE 452 - 通信システムの基礎。
  • CSE453−コンピュータネットワーク。
  • ECE 453 - 信号とシステム。
  • ECE 454 - デジタル信号処理。

補完コースの単位時間は修士課程には計上されていません。コースワークの要件

学科について

Egypt-Japan University of Science and Technology電子情報通信工学科(ECE)にようこそ。 ECE部門には、電子通信工学と電力工学の2つの専攻があります。 ECE部門は、フォトニクスシステム、無線通信システム、デジタルおよびエンベデッドシステム、RFおよびマイクロ波エンジニアリング、および画像およびビデオ処理の5つの研究所を通じて、日本の工学研究および教育のベストプラクティスに基づいて研究指向の教育を提供しています。

九州大学大学院システム情報科学研究科(ISEE)との提携、および日本の大学院生の研究室での大学院生のインターンシップは、私たちの学生が最先端の研究指導を受けていることを保証するものです。電子通信分野。博士課程のダブルディグリープログラム(DD)。学生は私たちのECE部門とISEEスクールの間で始められました。

私たちの研究室と教育活動の一目のために私たちのウェブサイトを通して見ることを歓迎してください。

アデルB.アブデルラーマン

教授と議長

電子情報通信工学科

最後にMay 2019を更新しました。

学校について

Realizing the need to offer an alternative to those who wish to have advanced and unique degrees in International Business and Humanities, the F.I.B.H. was established, based on new educational concep ... もっと読む

Realizing the need to offer an alternative to those who wish to have advanced and unique degrees in International Business and Humanities, the F.I.B.H. was established, based on new educational concepts in the heart of E-JUST vision, to be a center of cutting-edge education and research, human development and collaboration among academia and industry. Students will be educated and trained by highly qualified and well-experienced staff from Egypt and Japan. 閉じる