原子力工学(修士課程)

一般

講座の説明

原子力工学の大学院プログラムは、燃料製造から放射性廃棄物処理までの原子力産業と、健康物理学に重点を置いた産業および医療分野における放射線の多くのさまざまなアプリケーションを網羅しています。典型的な職場活動には、新しい機器、システムと手順の基本的かつ応用的な研究、設計と開発、メンテナンスと変更、機器と設備全体の試運転と廃止、運用、分析、規制業務が含まれます。

原子力工学の修士レベルのプログラムの卒業生は、放射線機器、原子力発電所および関連施設を含む多くのさまざまなシステムの安全で信頼性の高い運用に影響を与える幅広い分野の能力を備えている必要があります。彼らは人間間の複雑な相互関係を理解しなければなりません。非人間の生物相;環境の物理的、化学的、経済的、社会的要素。このプログラムは、原子力工学の専門家の実践に必要な深い知識と幅広い知識を提供します。研究指導者と科学および工学部の学際的なチームの指導の下で、各学生は理論および/または実験を強調する特定の問題の詳細な研究に従事する機会があります。

応用科学のマスター(MASc)プログラムの目的は、専門知識とスキルを必要とする分野のエンジニアとしてのキャリアのために学生を準備することです。プログラムの卒業生は、産業、政府のエンジニアとして働くことができるか、博士号を取得することで彼らの教育を継続できることが期待されています。工学修士(MEng)プログラムの目的は、業界のエンジニアが研究スキルの開発を含め、スキルをアップグレードおよび拡大する機会を提供することです。 MEngプログラムの卒業生は、学んだことを、産業界、政府、学界のさまざまなアプリケーションで使用できるようになります。

最後に9月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

We advance the discovery and application of knowledge to accelerate economic growth, regional development and social innovation. We inspire and equip our students and our graduates to make a positive ... もっと読む

We advance the discovery and application of knowledge to accelerate economic growth, regional development and social innovation. We inspire and equip our students and our graduates to make a positive impact in a tech-focused world. Our priorities Tech with a conscience We aim to improve the lives of humans and the planet through the ethical application of technology. It’s a key component in our teaching and learning practices, administrative processes and innovative research projects. 閉じる