ITECH Lyon

はじめに

公式の説明を読む

ITECH-Lyonは、材料(プラスチック、繊維複合材料)、化学(塗料 - インク - 接着剤)、化粧品、革靴 - 皮革製品の分野で、1世紀以上にわたってエンジニアを訓練してきました。 ITECH-Lyonは専門家によって作成され、プロの協会や組織によってサポートされる私立学校です。インターナショナルは、ITECH-Lyonの核となる存在であり、世界中からのプレゼンスと交流を発展させています(米国から中国、ヨーロッパまで)。

詳しくは、欧州のウェブサイトをご覧ください: ITECH-EURO.eu

ティーチングがITECH-リヨンの最初の召命である場合、研究とイノベーションはその拠点です。これらは、地域、国家、欧州の研究開発分野で強力なパートナーシップを通じて翻訳されています。

  • 500人の学生
  • 高等教育機関
  • 国際交流協定
  • "委員会のデットインジェニュール"によって認識された工学の学位

ユニークで異なる

Institut Textile et Chimique de Lyon(Lyon Textile and Chemical Institute)は、1世紀以上前にリヨンの専門家によって設立された繊維、皮革、化学の学校から直接派生した唯一の工学学校です。 ITECH-Lyonは、塗料、インキ、接着剤、化粧品、皮革およびその用途(履物、革製品)を調べることにより、プラスチック、織物、複合材、化学技術者を養成します。 ITECH-Lyonは、連想的な地位を持ち、プロの組合や企業によって作成され、支援されるグラン・エコールです。 ITECH-Lyonは、BTS(Brevet de techniciansupérieur - 高等職業訓練証明書)、専門学位(Claude Bernard大学共同賞)、ポスト・プレミア・サイクル(Postgraduate) ITECH LyonはITECH-Lyonの主要な召命ですが、労使関係はその強みのなかでも特に優れています。 ITECH-Lyonとその子会社であるITECH Entreprisesは、全地域、全国、ヨーロッパの研究開発分野において強力なパートナーシップを確立しています。企業に利用可能な技術的および人的資源のさまざまな形態の契約産業研究、分析、試行、コンサルタント、スタッフ派遣(専任の研究教授)、職業訓練などの設備のレンタルなど、1年以上の研究プロジェクトを実施しています。 ITECHの社長、JérômeMarcillouxのルイ・フィリップ・レイノー(Louis Philippe Reynaud)氏は、「私たちの学校は革新を通じて企業の付加価値を向上させることに貢献しています。

ITECHは、研究所、百歳の機関以上のものです。

  • ITECHは、専門家によって設立された2つの高等教育機関ESITLとEFTの合併から1988年に生まれました。
  • ESITL(Lyon Higher School of Textile Industries)は、1840年に設立されました。リヨンのシルク産業の優れた伝統を体現したものです。
  • 1899年に設立されたEFT(French Tanning School)は、リヨン大学の工業化学研究所の支部であり、1969年にペイント、インキ、接着剤部門を追加する前に、まずPlastic Engineering(CNAM)続いて1983年にESCEPEA(革と塗料、インク、接着剤の高等学校)になりました。
  • 1988年のESITLとの合併により、ITECHが創設され、繊維部門が創設されました。
  • 両方の親学校の専門的な専門知識を継承したITECHは、彼らの教えの補完的な性質と、彼らが常にビジネスの世界と維持してきた親密な関係をうまく利用しました。これらの資産に加えて、ITECHは進歩的な教育を提供しています。コースでは新しい機械や技術開発が体系的に組み入れられています。

ITECH-Lyonは、4つの専門分野を配合化学、プラスチックエンジニアリング、レザー、テキスタイルなどの「ポリマー材料とコーティング」に焦点を当てた単一のコースに統合することを目的として設立されました。 pic_1_surfpic_2_glassespic_3_cars ITECH-Lyonは、ポリマー、その用途、特にプラスチック、繊維、複合材料、化学(塗料、インク、接着剤、化粧品)、皮革とその用途(履物、皮革製品)の技術者を養成しています。 ITECH-Lyonは、民間団体であり、専門団体や企業によって作成され支持されている州認定のGrande Ecoleです。 ITECH Lyon 、特権的な学術および産業契約を通じて、世界的なプレゼンスと国際交流を強化しています。革新はITECH-Lyonのモットーであり、そのコースと研究の両方に適用されます

学校:450人以上の学生

4レベルのトレーニング:ITECHエンジニア:3年(大学院入学)4つの専攻:配合化学(塗料、インキ、接着剤、化粧品など)、プラスチックおよび複合材料、テキスタイルおよび複合材料、レザー。大学院課程への入学(Bachelor's in Chemistry、...)。 CTI(フランス工学資格委員会)とEURACEの認定を受けています。新しいヨーロッパセクション:処方化学専攻;すべてのコースは英語で教えられます。ペイント業界の後援(授業料とインターンシップ)*スペシャライズド "マステール":1年間の "革新と新製品のエンジニアリング:コンセプトから市場へ"初期研修または継続教育としての大学院の学位(工学の学位、修士号または同等のもの)への入学。グランド・エコレスの認定コース。 *化粧品の認証および着色製品の調合:1年間の接着剤/化粧品/カラー/塗料およびインク。 2年間の学部卒業後の入学。 * IPLサマースクール:6月中旬から7月中旬の5週間、材料のポリマー用途に焦点を当てます。フランス語の指導:40時間の指導; 50時間の小グループ練習、文化的な遠足などがあります。

ポリマーサイエンス:今日はポリマーに関するすべてです!

この分野は、贅沢な産業の革製品、ヘリコプターブレード、抗UVインク、全天候型の衣類、自転車のフレームで作られた自転車フレームなど、私たちの日々の生活の中でポリマーの直接的な応用が現代科学の卓越性を表しています。複合材料、新しい抗アレルギー性繊維製品...これらはすべてエンジニアの創造性によって生まれています。ポリマーの合成と取り扱いには、科学的な訓練(化学、力学など)が必要です。しかし、アプリケーションの開発は趣味や情熱の問題です。皮革製品、繊維、プラスチック材料、化学製品(塗料、インキ、接着剤、化粧品など)を専門とするITECH Lyon Engineering Schoolは、教育の核心である科学、特にポリマーサイエンスを行っています。その特産品は、しばしばお互いを補完し、科学と経済の絶え間ない発展の中にあるポリマー科学の進歩を助けました。

エンジニアリングプログラム

この訓練は、化学と物理学の2つの主な科学分野に依存しています。基礎知識は、専攻科目の準備のために1年目に作成されます。 ITECHの教育は高分子科学に焦点を当てています。 ITECHのエンジニアは、キャリアの中でこの分野でのスキルを主張しています。彼らの主要な選択は、最初の仕事を容易に見つけるのに役立ちます。 ITECHは、技術的および科学的スキルに加えて、生徒が経済的および社会的科学と多くのプレゼンテーションで社会的スキルを明らかにし、開発することを可能にします。 ITECHのエンジニアリングディグリーは、フランス国外のキャリアに興味のある方のための「修士号」に相当します。

ユニークで異なった

ITECHは3年後にエンジニアを訓練します。提供される教育の種類は次のとおりです。

  • 正規の学生ステータス
  • 見習いのステータス(学校での交代コースと3年以上の会社で働く)

レギュラーコースを受講した学生は、1年次後に提供される4つのメジャーのうちの1つを選択します:

  • 処方化学:塗料、インク、接着剤および化粧品
  • プラスチック材料
  • 繊維材料
  • レザー

ITECHはConference des Grandes Ecolesのメンバーであり、化学工学の学位(修士号)はCTI(The Comission des Titres d'Ingénieurs)によって認定されています。

動的相互作用

ITECHは専門家によって作成され、常に変化している産業環境に定着しています。このため、各分野(塗料、インク、化粧品、プラスチック、皮革、繊維)のプロフェッショナルシンジケートおよびインダストリストが研究所の理事会に参加しています。 pic_5_tablepic_6_people学校は、これらの各シンジケートの専門知識を考慮して、教えられたプログラムのオリエンテーションを更新し、洗練する。企業との関係は、将来のエンジニア(会議、情報の日、プロフェッショナルなフォーラム...)の適応性を促進することに貢献しています。これは、2014年に開かれた新しいプログラムのケースです。次の10年間に必要なペイントエンジニアの需要を満たすために、ITECHは欧州化学製剤スクールを立ち上げました。すべてのコースは、ペイント部門の需要が高いこの専攻に向けてヨーロッパの学士課程の学生を引き付けるために英語で教えられています。

厳格な創造性

どのような科学と同様に、ポリマーの分野における進歩は、規律を実践する研究者と技術者の創造性に基づいています。 ITECHの学生は、自分の処分している科学技術が常に進化しているので、創造的でなければなりません。この特性は、ITECHの教授の際に考慮されている。学際的には、職場環境を統合する上である程度の保証があります。しかし、学生の創造的側面を奨励するために、ITECHは3年間のコースの最後にProj'ITECHを組織し、研究者、研究者、

実地研修

ITECHは、強力な専門的な経験を学生に提供することに断然断言しています。学際的な教育の上に、研究所は定期的なステータスの学生のための企業での強制的なインターンシップの10ヶ月の最小を追加します。

通常のステータス

1年目の終わり:国際経験 - 6週間以上この国際的な経験は、異文化間のアプローチの観点から事前に準備されており、レポートの内容に関する期待は完全に定義されています。これは、各生徒の経験を個別にレビューしたもので、異文化間の授業での反映の基礎として、次のような役割を果たします。 2年目の終わり:エンジニアリングプレースメント - 最低8週間特権研修生の資格を有する実践的な申請により、学生は企業生活の現実に直面し、企業の物質的、経済的、人間的要件に慣れることができます。 3年目終了:最終年度プロジェクト - 最大6ヶ月これは一般的に若手技術者に委託されているプロジェクトです。生徒は自律的に行​​動し、複雑な問題に取り組むことができることを実証します。このプロジェクトには、フランス国内または海外の会社または研究室との最低5ヶ月の配置が含まれます。オプションの1年の職業配置(2年目と3年目の間)希望する場合、学生は企業や外国の研究室で1年間の仕事の配置を完了することができますが、少なくとも6ヶ月は海外で過ごす必要があります。事実、フランス国外で長期滞在することは、常に有益であり、学生は自分のキャリアプランを徹底的に考えるようになります。

仕事と雇用

ITECHの卒業生の半分は、学位が授与される前に契約書に署名します。 6ヵ月後には、卒業生の90%以上が雇われています。活動セクター

  • 化学工業、化学製品メーカー
  • 化粧品、塗料、ワニス、接着剤、インク、
  • 航空産業、自動車、包装、複合材料、塑性加工
  • 皮革産業、靴、革製品、皮張り、贅沢
  • 繊維産業、技術および医療用繊維、衣類
  • 商業と流通
  • コンサルティング

ITECH Career Counseling Serviceは、卒業生の25年以上の雇用を支援しています。それは、プロのカウンセラーと仕事の心理学者と緊密に協力しながら、プロのプロジェクトや職業を探す際に学生に付随しています。平均してITECHに直接提出され、キャリア・カウンセリング・サービスによって毎年スクリーニングされる300の申し出があります。エンジニアと専門マスターは60%、技術者は40%です。

ITECH ENTREPRISES:工業用に作られた「Grande Ecole」の専門知識。

ITECH-Lyonおよびその子会社であるITECH Entreprisesは、様々な形態の契約を通じて企業に利用可能な技術と人材のフルレンジを提供しています。これらのサービスには、研究(CIFRE [産業研究訓練協定]、研究)、R

スキルのプラットフォーム

すべてのITECH-Lyonのスキルプラットフォームは、パイロット規模で表面を処理し処理するために必要なリソースを有しており、さまざまなスキームの企業が利用できます。

  • 配合化学(塗料、インキ、接着剤、化粧品など)
  • プラスチック
  • テキスタイル
  • レザー
  • 分析研究所
この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語
  • フランス語

学生とキャンパス

Serving the Students

ITECH’s premises are situated in the Campus Ouest of Lyon (5000m²) and also in Roanne (2000m²), 1 hour outside Lyon, for the textile material specialization.

pic_4_itech

These premises are made up of rooms equipped with audio-visual equipment, a 150 person capacity amphitheatre, chemistry laboratories (polymers, analytical, microbiology, material ageing...) and technology platforms dedicated to industrial application taught at the school. Wi-fi access is available in all rooms and a computer room is available for students. A student union and sports organisation is also available. Please come visit the school by appointment or during the Open Days in December and March.

The Region

pic_7_lyon

Lyon is located in the south-east of France, on the confluence of the Rhône and the Saône Rivers. It stands on a geographical crossroads, to the North of the natural corridor of the Rhône valley (which stretches from Lyon to Marseille). With the Lyon-Saint Exupéry international airport and three TGV high-speed train stations, Lyon is connected to all major European cities and the world! Lyon is only 2 hours by TGV to Paris and 1hr40 to Marseille and the Mediterranean. If it's mountains you prefer, the Alps are a mere 90 minutes away by car, the Massif Central only 30 minutes away.

Historically, Lyon is an industrial city and therefore houses many petrochemical industries along the Saône and Rhône Rivers, in the so-called ‘chemistry corridor’. Lyon is also the city with the second largest number of students in France, with three universities and many engineering schools.

In terms of its population, it’s the 3rd biggest city in France, with over 470,000 inhabitants, and the second largest agglomeration after Paris (2 million inhabitants).

入学と条件

Admission for Students outside France

1st year admission: Graduate studies in chemistry (Bachelor’s degree or equivalent , 180 ECTS) A satisfying level in French: B2 CERF + interview with ITECH

2nd year admission: 1 year of postgraduate studies completed (M1 or equivalent, 240 ECTS)

修士プログラムを見る »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

Master

Masters in Formulation Chemistry Engineering - IN ENGLISH

キャンパス 全日制課程 3 年間 September 2018 フランス リヨン

[+]

Allios(フランス) BASF(ドイツ) ベッカー(フランス)

「精緻はブリキの自由な不動態化をクロム。 缶詰業界で使用される適切なクロム処理された基材と比較してクロムフリー不動態化の性質を調べた」 - 。PPG DeutchlandビジネスサポートGMBH

[-]

Masters in Formulation Chemistry Engineering - IN FRENCH

キャンパス 全日制課程 3 - 3  September 2018 フランス リヨン

[+]

ダウンヒル:製品を使用しての産業 フランス国外留学生のための入学

1年目の入場料:

化学の大学院研究(学士号または同等の、180 ECTS) フランス語で満足のいくレベル:ITECHとB2のCERF +インタビュー 適用するには? [-]

Masters in Plastic Materials Engineering

キャンパス 全日制課程 3 年間 September 2018 フランス リヨン

[+]

衛生からスポーツまで、自動車航空、に、多くの分野では「配合」のように、原材料サプライヤーと同じくらい仕事ができるプラスチック製造エンジニアを利用する。

フランス国外留学生のための入学

1年目の入場料:

化学の大学院研究(学士号または同等の、180 ECTS) 英語で満足のいくレベル:ITECHとB2のCERF +インタビュー [-]

Masters in Textile Materials Engineering - IN ENGLISH

キャンパス 全日制課程 September 2018 フランス リヨン

衣類。 彼/彼女は、経営からの生産の組織に、製品の開発を以下の通り。 [+]

ITECHテキスタイル製造エンジニアは、繊維材料の製作に関与する多くの上流の産業だけでなく、さまざまなアプリケーション分野をカバー:医療、建築·土木、スポーツ機器、自動車、航空、家具などを... 衣類。

彼/彼女は、経営からの生産の組織に、製品の開発を以下の通り。 3年間のコースはITECHの2つの異なるサイトに場所を取る:リヨンのメインキャンパスであり、ロアンヌで(1h15をリヨンから)テキスタイル部門が配置されています。

英語の新繊維エンジニアリング

2014年に処方化学大手の成功に続き、ヨーロッパのセクションは2017分の2016学年度のためにプラスチックや繊維部門に英語コースの教示を開いています。... [-]


Masters in Textile Materials Engineering - IN FRENCH

キャンパス 全日制課程 3 年間 September 2018 フランス リヨン

ITECHテキスタイル製造エンジニアは、繊維材料の製作に関与する多くの上流の産業だけでなく、さまざまなアプリケーション分野をカバー:医療、建築·土木、スポーツ機器、自動車、航空、家具などを... 衣類。 [+]

ITECHテキスタイル製造エンジニアは、繊維材料の製作に関与する多くの上流の産業だけでなく、さまざまなアプリケーション分野をカバー:医療、建築·土木、スポーツ機器、自動車、航空、家具などを... 衣類。

彼/彼女は、経営からの生産の組織に、製品の開発を以下の通り。

フランス国外留学生のための入学 [-]

革の工学のマスター - フランス語

キャンパス 全日制課程 3 年間 September 2018 フランス リヨン

ITECH革のエンジニアは、なめしとtaweriesで、ユーザーのために、大規模な化学製品会社のために働く:レザーショップ、靴メーカー... [+]

ITECHは、そのすべての面で業界に合った革で工学の学位を提供しています世界で唯一の機関です。

フランス国外留学生のための入学 適用するには?

訪問し、で登録

学生は、彼らが自律的に行​​動し、常に、複雑な証明することができな状況で複雑な科目に取り組むことが可能であることを示している。

[-]

動画

ITECH Lyon: The Colour of Money

Bienvenue à l'ITECH

お問い合わせ

ITECH LYON

住所 ITECH LYON 87 chemin des mouilles ECULLY cedex
69134 リヨン, ローヌ=アルプ地域圏, フランス
ウェブサイト http://www.itech.fr/
電話 +33 4 72 18 04 80