Ehime University

はじめに

公式の説明を読む

質の高い教育が必要だが、西側の大学の半分近くの費用が必要な場合は、日本に来るべきです。 Ehime Universityは国立大学であり、その研究室は設備が整っています。多くの欧米諸国の修士課程とは異なり、教育は非常に研究指向です。研究室や自分のプロジェクトで作業しているフィールドで、上司が設計に役立つようになります。私たちの大学院は、留学生を受け入れ、20年以上にわたり英語で指導しており、さらにはグローバルな視点で現地調査を行っています。私たちはあなたの国の資源の持続可能性を高めるために帰国する際に使用できるスキルを教える研究プロジェクトを設計するよう努めています。

授業料と生活費

入場料:282,000円(約2,800米ドル)

授業料:535,800円(約5,300米ドル)

*留学生の96%以上が授業料を支払う必要はありません。

宿泊施設(賃貸料とユーティリティー):20,000〜35,000円(200〜350米ドル)/月

毎日の経費(食べ物など):50,000-80,000円(500-800米ドル)/月

留学生のためのサポート

Ehime Universityは留学生が118人収容可能な宿泊施設があり、これらの学生や他の学生には自転車が提供されています。奨学金や授業料免除などの財政的支援は、特に民間資金の学生に提供されます。 Ehime University私費留学生の約90%は何らかの形で財政的支援を受けています。国際交流を促進するために、大学内外の友人関係やボランティア団体が定期的にパーティーやイベントを開催し、留学生が地元の人々とコミュニケーションをとり、日本文化を学ぶ機会を多く提供しています。地元のNPOがEhime University留学生に無料で家財道具を提供しています。

この学校か以下のプログラムを提供しています:
  • 英語
  • 日本語

修士プログラムを見る »

プログラム

この大学がさらに提供しているのは:

Master

アジア学生のための災害軽減研究のマスター

キャンパス 全日制課程 April 2019 日本国 Matsuyama

アジア学生の防災特別研究を実施する主な研究目的は、アジアの自然災害の特徴を理解・解明し、予防措置を講ずることであり、教育上のモットーは、最先端の研究能力と自然災害の分野における高度な知識。 [+]

1967年に設立された工学研究科と1978年に設立された科学が統一され、 Ehime University理学系研究科が1996年に始まりました。この大学院は2006年に再編されました。

基本的な科学から実践的な技術分野に至るまで幅広い分野の講義や研究活動を通じて、学生の専門的な開発とキャリアアップの機会を提供することが主な教育目的です。大学院における共同研究やプロジェクト研究と同様に、科学技術の学際的な研究も容易に行うことができます。

アジア学生のための防災研究

アジア学生の防災特別研究を実施する主な研究目的は、アジアの自然災害の特徴を理解・解明し、予防措置を講ずることであり、教育上のモットーは、最先端の研究能力と自然災害の分野における高度な知識。このコースの主な研究テーマは、地すべりハザード、洪水ハザード、地震ハザード、沿岸ハザード、構造的被害、情報の伝播、および関連分野です。... [-]


ライフサイエンスのマスター

キャンパス 全日制課程 April 2019 日本国 Matsuyama

プロテオサイエンスセンターでは、感染分子科学、光生命科学、分子生物学、タンパク質機能科学の4つの主要な講義内容があります。 [+]

1967年に設立された工学研究科と1978年に設立された科学が統一され、 Ehime University理学系研究科が1996年に始まりました。この大学院は2006年に再編されました。

基本的な科学から実践的な技術分野に至るまで幅広い分野の講義や研究活動を通じて、学生の専門的な開発とキャリアアップの機会を提供することが主な教育目的です。大学院における共同研究やプロジェクト研究と同様に、科学技術の学際的な研究も容易に行うことができます。

ライフサイエンス

プロテオサイエンスセンターでは、感染分子科学、光生命科学、分子生物学、タンパク質機能科学の4つの主要な講義内容があります。... [-]


地球科学と天体物理学のマスター

キャンパス 全日制課程 April 2019 日本国 Matsuyama

GRCとRCSCEの地球、惑星、宇宙の構造とダイナミクスに関する研究を通して、知識と研究能力を高度に持つ研究者を育成することを目的としています。この部門は、高圧鉱物学の4つの地形、地球と惑星物質の理論、銀河の進化、およびX線天体物理学からなる。 [+]

1967年に設立された工学研究科と1978年に設立された科学が統一され、 Ehime University理学系研究科が1996年に始まりました。この大学院は2006年に再編されました。

基本的な科学から実践的な技術分野に至るまで幅広い分野の講義や研究活動を通じて、学生の専門的な開発とキャリアアップの機会を提供することが主な教育目的です。大学院における共同研究やプロジェクト研究と同様に、科学技術の学際的な研究も容易に行うことができます。

地球科学と天体物理学

GRCとRCSCEの地球、惑星、宇宙の構造とダイナミクスに関する研究を通して、知識と研究能力を高度に持つ研究者を育成することを目的としています。この部門は、高圧鉱物学の4つの地形、地球と惑星物質の理論、銀河の進化、およびX線天体物理学からなる。... [-]


環境科学のマスター

キャンパス 全日制課程 April 2019 日本国 Matsuyama

この部門は、物理学、化学生物学、それらの学際的な分野を基礎として、沿岸海域における環境と生態系の構造と変動メカニズムとその関連環境問題、有害化学物質の汚染と有毒影響に関する最先端の研究を行っています地域的および世界的規模で [+]

1967年に設立された工学研究科と1978年に設立された科学が統一され、 Ehime University理学系研究科が1996年に始まりました。この大学院は2006年に再編されました。

基本的な科学から実践的な技術分野に至るまで幅広い分野の講義や研究活動を通じて、学生の専門的な開発とキャリアアップの機会を提供することが主な教育目的です。大学院における共同研究やプロジェクト研究と同様に、科学技術の学際的な研究も容易に行うことができます。

環境科学

この部門は、物理学、化学生物学、それらの学際的な分野を基礎として、沿岸海域における環境と生態系の構造と変動メカニズムとその関連環境問題、有害化学物質の汚染と有毒影響に関する最先端の研究を行っています地域的および世界的規模で学生は、主に環境ダイナミクス、環境化学、環境生物学を勉強することができます。... [-]


農業のマスター

キャンパス 全日制課程 2 年間 April 2019 日本国 Matsuyama

地球規模の人口爆発、気候変動、環境や多様性の破壊など、農業科学技術と密接に関連しているこの時代には、世界のリーダーを育成し、学術研究分野としての四国地域の地域特性を有効に活用しています。 [+]

地球規模の人口爆発、気候変動、環境や多様性の破壊など、農業科学技術と密接に関連しているこの時代には、世界のリーダーを育成し、学術研究分野としての四国地域の地域特性を有効に活用しています。

四国留学生養成コンソーシアム(SISEC)は、四国にあるEhime 、香川、高知の3大学の農業大学院の共通のコンセプトのもとに設立されました。 SISECは、アジア、アフリカ、環太平洋地域の留学生のための特別な5年間のコースを提供しています(AAP特別コース)。プログラムと申請手続きは以下の通りです。

入学規定... [-]

お問い合わせ
所在地
Matsuyama, Ehime Prefecture, 790-8577 JP