熱科学とエネルギーの修士

一般

講座の説明

このプログラムを通して、学生はエネルギー分野における革新的な研究開発プロセスを理解し貢献するために科学的および技術的知識、ならびに主要な経験を習得します。

目標

スキル:

工業プロジェクトのエンジニアリング設計を行い、実験的および数値的解析の研究と解析結果を実施します。

入場料

熱科学とエネルギーは力学修士号の学術カリキュラムです。それは2年間の学位(M1 M2)ですが、Polytech Nantesでは2年目(M2熱科学とエネルギー)しか利用できません。

登録のための前提条件

応用物理学、機械工学、化学工学のいずれかの分野で、申請者は高等教育において少なくとも4年間 (フランスではBac 4に相当)有効な学位を取得する必要があります。

前提条件トレーニング

志願者は、必ずしもすべてではなく、以下の分野の大部分において、(学位の成績証明書から)優れた知識を証明できなければなりません。

  • 数学(エンジニア用ツール)
  • 熱力学
  • 熱伝達
  • 流体力学
  • デジタル方式(コーディング)

プログラム

最初の学期(S9) - (30 ECTS)

熱伝達の基礎(熱伝達の物理と工学、対流、および放射熱伝達)

  • 実験およびデジタル手法(実験手法、デジタル手法)。
  • 流体力学(基礎、乱流、乱流、流体力学的安定性、動的システム)。
  • 固体および不均質媒体の熱伝達(界面での熱伝達、複合材注入時の熱伝達、相変化を伴う熱伝達、ポリマーおよび複合材の熱物理特性)。
  • エネルギーシステム(熱エネルギー貯蔵)。

第2学期(S10) - (30 ECTS)

2学期は、研究に関連するフルタイムの科学技術インターンシップ(最低5ヶ月)に専念しています

試験セッションと修士インターンシップ(弁護と報告)の両方の検証は、ナント大学のフランス修士課程につながります。

ビジネス部門または仕事

  • R
  • 国際博士号への今後の関与トップレベルプログラム
  • 工業企業の熱設計エンジニア(エネルギー生産、輸送など)

ロケーション

私たちの国際的なマスターはPolytech Nantes (Chantrerieキャンパス)で英語で教えられます。

最後に3月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

Université de Nantes has never stopped moving forward. Faced with today’s challenges we constantly reinvent ourselves. In the last 50 years, Université de Nantes has taken training and research to the ... もっと読む

Université de Nantes has never stopped moving forward. Faced with today’s challenges we constantly reinvent ourselves. In the last 50 years, Université de Nantes has taken training and research to the highest level and, in 2015 took a spot in the Times Higher Education World University Ranking. Université de Nantes is ranked among the top 25 French universities. In these 50 years, we have considerably progressed. 閉じる
ナント , ハノイ , ブリュッセル , Saint-Nazaire + 3 もっと 閉じる