設計の芸術のマスター

一般

講座の説明

デザインスキルを磨きたい非デザイナー向け。

MAは、ビジュアルコミュニケーション、プロトタイピング、人間中心の実践など、相互作用の設計に不可欠な基本原則、アプローチ、ツールを紹介する1年間のプログラムです。また、デザインの文化や実践についても学びますが、最も重要なのは、デザインを見て考えることを学ぶことです。

別の分野から設計への移行の最初のステップをとるか、既存の専門家のプロファイルに設計の補足を追加するかを問わず、修士号を取得します。

MAプログラムでは、分野で最も優秀な思想家や最も才能のある実務家の何人かとデザインの基礎を研究することができます。デザインの最前線でアプローチ、アイデア、メソッドに触れながら、時代を超えた原則を学びます。

一部の人にとって、この1年間のプログラムは、彼らが補完的なキャリアトラックを継続する際にスキルセットを通知し、増強する設計への十分な導入です。他の人にとって、これは最終的にデザインのやりがいのあるキャリアにつながるより深い研究への最初のステップです。 MPS、MDes、またはPhDプログラムで勉強を続けるかもしれません。ビジネス、ヒューマンコンピューターインタラクション、またはエンターテインメントテクノロジーの研究コースを継続する。または、設計スキルと視点を活用して、前の分野で仕事に戻ります。

最後に9月 2020を更新しました。

キーストーン奨学金

キーストーン奨学金にどんなオプションがあるかを見る

学校について

The School of Design at Carnegie Mellon is among the oldest and most respected programs in North America. We have a rich history in the design of products and communications, and were one of the first ... もっと読む

The School of Design at Carnegie Mellon is among the oldest and most respected programs in North America. We have a rich history in the design of products and communications, and were one of the first programs to offer a master’s degree in interaction design. Our programs enroll approximately 250 undergraduate and graduate students from a variety of backgrounds, inspired by a wide range of motivations and career ambitions. 閉じる