応用計量経済学と予測のマスター

一般

講座の説明

ISEG計量経済学と予測を適用した理由

  • ISEGは、50年以上前にポルトガルで計量経済学の指導を開拓した学校でした。したがって、この科目を教えることには長い伝統があります。
  • ISEGは、統計、計量経済学、時系列の分野で全国で最も有能な教員がいます。
  • ISEGのこれらの分野の教員の大部分は国際的に認知された研究を実施しており、そのメンバーは世界で最も権威のある統計と計量経済学のジャーナルに発表しています(例:Journal of Econometrics、Review of Economic Studies、Econometric Reviews、Review of経済学と統計、計量経済学、ジャーナルオブビジネス
  • このマスターはポルトガルで独自の特徴を持っているためです(ポルトガルではコア領域が計量経済学である唯一のマスターです)。126299_business-3560917_640.jpg

歴史

ISEGは、ポルトガルの修士レベルでの定量的方法の教育を開拓した経済管理学部でした。

1982年に、経済学と経営管理のための数学的方法の修士号が発表されました。これは計量経済学を教え、学位論文の研究領域と見なされました。

1988年に、この学位は、類似の特性を備えた経済学と管理のための応用数学の修士号に置き換えられました。

このマスターから、2002年にいくつかのマスターが作成されました。これには、応用経済学と予測(MEAP)のマスターが含まれます。これは、より実用的で、計量経済学(およびミクロ経済学、マクロ経済学、時系列の経済学などのサブエリア)。

その研究計画は2007年に「ボローニャ合意」の適応により大幅に再定義され、その最終形式は6月11日の注文番号10897/2010(2010年7月1日にDRで公開)で定義されています。

当初、マスターズは隔年の頻度で機能していましたが、2008/2009アカデミックイヤー以来、毎年稼働しており、2014年/ 2015年に第9版が開始され、今後も稼働する予定です。

このコースは、2020/2021年から英語で教えられます。

目標

マスターズは、大学の教授や研究者だけでなく、意思決定のサポートとしてデータの分析と処理を使用する金融機関、企業、その他の公共および民間組織の専門スタッフを教育することを目指しています。

この目的のために、理論的および経験的知識を批判的かつ創造的に統合する能力を開発し、学生を定量分析のためのさまざまなITプログラムに習熟させることを目指しています。

のために設計

Masters of Applied Econometrics and Forecastingは、統計、計量経済学、時系列、および予測の分野で1サイクル目の教育を完了、統合、更新、強化することを目的としています。

マスターは、何よりも、知識の境界に近づくことを意図している人を対象としています。大学院コースは、最新の状態を維持する必要がある技術者、および技術的な専門知識を求めている最近の卒業生向けに設計されています。

アプリケーションは、経済学、工学、統計学、財務、管理、数学、またはMAEGの適格な卒業生から考慮されます。他の学士の卒業生からの申請は、科学および教育委員会によって正式に検討されます。

これは本質的にプロのマスターであり、企業でのインターンシップで最高潮に達することができる専門的な専門知識を授与します。また、アカデミックおよび/または研究のキャリアの見通しを強化したい人のために設計されています。

雇用

この修士課程の卒業生は、

  • 公共部門の経済調査および統計部門。
  • 民間部門の経済調査および計画部門。
  • 銀行および保険;
  • 高等および中等教育;
  • 研究;
  • コンサルティング会社。

時刻表:3学期

言語:英語で完全に教えられる

授業料:6400ユーロ(EU学生の場合5100ユーロ)

開始日:2020年9月

場所:リスボンのISEGキャンパス

最後に11月 2019を更新しました。

学校について

The first school of Economics and Management in Portugal, ISEG belongs to the University of Lisbon, the largest Portuguese University. ISEG Lisbon is internationally recognized and accredited by AACSB ... もっと読む

The first school of Economics and Management in Portugal, ISEG belongs to the University of Lisbon, the largest Portuguese University. ISEG Lisbon is internationally recognized and accredited by AACSB and AMBA, complying with the best higher education standards. ISEG’s research centers are very well rated by the Portuguese research council (FCT). With an experienced and well prepared faculty, students from more than 70 countries contribute to an ever-increasing international academic environment, and take advantage of the school's excellence and location. ISEG Lisbon has excellent modern premises at the heart of Lisbon, right next to the Parliament and the river Tagus, in a vibrant neighborhood full of social life, business and culture. At ISEG, you will find a culture of excellence and achievement, alongside a climate of inclusiveness and cooperation. This is made by the mutual collaboration of students, faculty and staff. ISEG is a School prepared for the future: with a unique blend of quantitative skills and social contextualization of economic and managerial decisions, ISEG’s faculty, professionals, students and alumni are at the forefront of those who address the UN’s 17 Sustainable Development Goals (SDGs) with an entrepreneurial and collaborative mindset. 閉じる