MASTERSTUDIES

日本で の エネルギー研究の 修士プログラム 2020 を見る

正常·マスターズ資格を得るためには、個々のモジュールを通過させることによってクレジット数を取得する必要があります。ほとんど教えマスターズは、あなたが資格を得るために取ると、通過しなければならないコアモジュールの数を持つことになります。研究マスターズの評価は完全に単一の論文モジュールまたはプロジェクトによってほとんど常にです。

エネルギー研究の焦点は、電力需要を満たすことに当てられています。 太陽光、風力、地熱、原子力、そして従来型のエネルギーなどの様々なエネルギータイプについて学べます。 持続可能なエネルギーや、効率を向上することに焦点を当てたプログラムもあります。

日本はアジアの高度に統合された高等教育システムのいずれかを持っています。科学技術へのJapansのアプローチは非常に子供の頃から三次のレベルに続発を通じて初等に彼らの教育水準は非常に構造化こうして評価されています。日本に住んで1.26億人で、それは文化の豊かな環境を持っています。首都圏では3000万人以上の住民と、世界最大の都市圏である。

日本で の 人気の エネルギー研究の 修士プログラム 2020

エネルギー研究, 日本国 で 1 の結果 Filter

国際マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラム

Ritsumeikan Asia Pacific University (APU)
Master
9月 2021
<
全日制
<
2 年間
14 4月 2021
英語
キャンパス

国際マテリアルフロー管理(IMAT)プログラムの修士課程は、ドイツのアプライドマテリアルフロー管理研究所(IfaS)によって実施された、APUの主要な二重修士課程プログラムです。 IMATの学生は、1年生のときに日本の別府にあるAPU運動の発祥地であるAPU、そしてヨーロッパで最初のゼロエミッションのビルケンフェルト(ECB)で勉強する機会を得ます ...

もっと読む