日本で の エネルギーの 修士プログラム

日本で の エネルギーの 修士プログラム 2019 を見る

エネルギー

修士号は大学院の最初のレベルです。学士号を取得した後に入学できるプログラムとなっています。 修士号を取得するために通常2年間のフルタイム学習が必要です。36から54のコース単位を集めることが求められています。  

日本は東アジアの島国です。太平洋に位置し、南は北のオホーツク海から東シナ海、台湾に伸びる、日本、中国、北朝鮮、韓国、ロシアの海の東に位置しています。

日本で の 人気の エネルギーの 修士プログラム 2019

もっと読む

国際マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラム

Ritsumeikan Asia Pacific University (APU)
キャンパス 全日制課程 2 年間 September 2019 日本国 Beppu

国際マテリアルフローマネジメント(IMAT)プログラムの修士課程は、ドイツのアプライドマテリアルフローマネジメント研究所(IfaS)が実施しているアプライドサイエンスのトリーア大学とのAPUの主任二重修士課程です。 IMATの生徒は、最初の1年間に一村一品(OVOP)運動の発祥の地である別府のAPU、そして最初のゼロエミッション(ZE)キャンパスである環境キャンパスビルケンフェルト(ECB)で学ぶ機会を得るヨーロッパでは、2年目です。 [+]

概要

IMATは、APUとアプライドマテリアルフローマネジメント(IFaS)、トリアー応用科学大学(ドイツ)の革新的な研究所で共同管理される二重度のプログラムです。学生は初学年をAPUで、2年目はドイツのゼロ・エミッション・キャンパス・ビルケンフェルトで過ごします。

このプログラムは、工学、経済、法律、自然科学、社会科学の総合的な知識を提供します。 IMATは、APUの持続可能性科学部門の学習目標に加えて、再生可能エネルギー、統合された水資源管理、およびその他の持続可能なコミュニティ開発分野に深い知識を持つゼロエミッションシステム設計の若手専門家になるための準備をする総合的なコースを提供しています。また、日本でフィールドワークを行い、ドイツのインターンシップに参加する機会もあります。 IMATの学生は、ドイツのIfaSに修士論文を提出する必要があります。この論文の簡潔な要約は、研究報告書の形でAPUに提出するものとする。プログラムの完了時に、学生は2つの修士号を取得します。国際協力政策学士(APUから)と国際資材フロー管理のエンジニアリングマスター(応用科学のトリアー大学から)... [-]