Keystone logo

198 修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • エネルギー研究
  • エネルギー
研究分野
  • エネルギー研究 (198)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー

修士のプログラムは、ほとんどの場合、学士の学業の継続です。これらのプログラムで得られた学位は、取得するのに2年から4年かかることがあります。

エネルギー研究のマスターは何ですか?これは、ほとんどの場合、大学のビジネス、公共政策、地球科学、生態学の各部門からの学際的なプログラムを描く学際的なプログラムです。多くのエネルギー研究プログラムの目的は、卒業生がエネルギー資源の使用に関する経営陣の決定を下すために必要な理解度を備えさせることです。一般的なコースには、気候変動、エネルギー金融市場、エネルギー輸送、環境科学のトピックの研究が含まれます。

修士号取得のメリットの1つは、求職プロセス中にそのような書類が得られる信頼性の向上です。コミットメントや精神的な集中など、この程度が雇用主に与える資質は、卒業生の生活のすべての面でも役立ちます。

度のオプションの研究プロセスの一部には、費用の調査を含める必要があります。各プログラムは異なりますので、申請する前に関連機関に確認してください。

エネルギー研究のマスターは、しばしば、エネルギー政策の開発においてキャリアを追求したい人にとって必要なステップです。この分野における専門職の例は、エネルギー政策アナリストです。これらの個人は、政府や民間企業に直接働く場合もあれば、独立した相談または分析会社で職を得られる場合もあります。このような地位には、徹底的な研究とデータ分析が必要となり、要約資料を経営幹部や諮問委員会に効果的に伝達する能力が必要になります。エネルギー研究の修士課程の卒業生は、その分野の専門家を必要とする上位レベルの職位については質が高いかもしれません。

エネルギー研究プログラムの焦点は異なりますので、コース構造の詳細に注意してください。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入学管理局に直接問い合わせてください。