Keystone logo

83 修士 プログラム の 工学研究 システムエンジニアリング 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • 工学研究
  • システムエンジニアリング
研究分野
  • 工学研究 (83)
    • メインカテゴリに戻る
    場所
    他の場所を探す
    学位の種類
    間隔
    勉強のペース
    言語
    言語
    学習フォーマット

    修士 プログラム の 工学研究 システムエンジニアリング

    修士の学位は、学生が学部を修了した後にのみ取得することができます。修士課程は、特定の分野での教育の向上に重点を置いています。

    システムエンジニアリングのマスターは何ですか?この分野の修士課程は、現代のコミュニケーション手段に焦点を当て、複雑なインフラの分析、設計、および管理方法を学生に教えるものです。この程度を追求する個人は、ソフトウェアとネットワークのコンピューティングにおける現在の傾向、通信ネットワークの背後にある基本的な設計原則、複雑なシステムが相互に作用する方法について知ることができます。コースでは、リアルタイムスケジューリング方針、リアルタイムシステムの検証とモデリングのためのツール、およびリアルタイムシステムのアーキテクチャーについても説明します。

    このプログラムの卒業生は、さまざまな複雑な問題を分析しトラブルシューティングする能力を含む強力なスキルセットを使い果たします。さらに、学生は強い起業家適性とボックス外で考える能力を発揮するかもしれません。これらの形質の各々は、任意の数のキャリアにおいて貴重であると証明され得る。

    システムエンジニアリングの学位のコストは大きく異なり、多くの要因に依存します。教育の場所、期間、モード(オンラインまたは教室)はすべて最終価格に影響する可能性があります。

    システムエンジニアの需要は、自動車、航空宇宙、輸送、材料生産、コンサルティングなど、多くの分野で高く評価されています。このため、現場で修士号を取得した個人は、プロセスエンジニア、研究および技術革新のエンジニア、または機械エンジニアとして、設計、材料、製造、機械工学または研究開発分野で雇用を見つけることができます。しかし、多くの卒業生の膨大なスキルのために、学生はコミュニケーションの分野外の機会を完全に楽しむこともあります。

    システムエンジニアリングの学位は非常に有利かもしれません。世界中の多くの大学がオンラインと教室の両方でこの種の学位を提供しています。詳細については、下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。