Keystone logo

19 修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー工学 再生可能エネルギー工学 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • エネルギー研究
  • エネルギー工学
  • 再生可能エネルギー工学
研究分野
  • エネルギー研究 (19)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー工学 再生可能エネルギー工学

一般的に、修士号は完了するために1年から3年の専攻の大学院の研究を要します。一部のプログラムでは、包括的な試験を受けたり、一定のクレジット・タイムを達成するとともに論文を書く必要があります。

再生可能エネルギー工学のマスターは何ですか?これは、再生可能エネルギー源および計画の技術的および経済的実行可能性を設計、最適化、評価するために必要な学際的スキルの研究です。通常、再生可能エネルギーに特に関心を持つ数学、科学、工学の学生は、再生可能エネルギー工学の大学院学位を取得するのが大好きです。そのようなプログラムに参加している間、学生は、流動エネルギーデバイスのダイナミクス、リスクと信頼性のエンジニアリング、技術の管理、構造的な完全性、再生可能エネルギーの計算流体力学などのコースに参加するかもしれません。

多くの卒業生は、継続的な専門的な改善と最高レベルの新しいスキルの取得に必要な独立した学習能力を開発しています。学生は今日、世界が直面している最大の課題のいくつかに直面することが求められるかもしれません。彼らは大量の情報の研究と分析を学び、これらの問題に対処する革新的なアイデアを開発することができます。これらのスキルは、卒業生が社会で高いレベルで機能することを可能にします。

大学院の学位になると、プログラムと大学によって費用が異なることがあります。個人は適切な学習コースを探す際に研究を行うべきです。入学事務所は、出席費用に関する詳細情報を提供することができます。

現在の化石燃料技術の再生可能な代替物を探し出して開発するために企業にインセンティブを与えるにつれて、世界中で幅広い雇用機会が期待できる。ほとんどのプログラムは一般的にエンジニアリングや再生可能エネルギー産業のキャリアのために生徒を準備するため、個人は通常、幅広い種類の就職資格を得るための知識とスキルを持っています。卒業生は、現地のエンジニア、エネルギー監査員、プラントエンジニア、地方自治体や州政府の再生可能エネルギープランナー、または家庭や企業の再生可能エネルギーシステムインテグレータとして雇用を見つけることができます。

再生可能エネルギー技術プログラムは世界中の大学で利用できます。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。