Keystone logo

11 修士 プログラム の 言語 日本語 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • 言語
  • 日本語
研究分野
  • 言語 (11)
    • メインカテゴリに戻る
    場所
    他の場所を探す
    学位の種類
    間隔
    勉強のペース
    言語
    言語
    学習フォーマット

    修士 プログラム の 言語 日本語

    すでに学士号を修了しており、学問領域でのさらなる学習や特定のキャリアを追求するためのより高い専門資格の取得を希望する場合は、修士号がこれらの機会を提供します。これは、大学院レベルの研究への入り口です。

    日本語のマスターは何ですか?この学位は、研究と教育のリソースにアクセスして、日本語で高度な学習を行うことを学生に求めています。授業では、日本語のテキストや古典的な日本語を読んで翻訳することがあります。焦点は、文学、哲学、歴史などの言語と文化の理解を進めることです。プログラムはまた、口頭で書かれた日本語のコミュニケーション、言語の教授方法、バイリンガリズム、音声学、そして教育者のための計画と方針をカバーするかもしれません。

    主に日本語の修得力を伸ばし、日本文化の研究を深めるために、修士号を取得しています。彼らは、口頭と書かれたコミュニケーションスキルを磨き、効果的な教授法を学び、研究能力を磨くことができます。

    日本語のマスターのための勉強の費用は、プログラムの長さ、教育機関、およびその原産国によって異なります。この分野の学位は、獲得に2〜4年かかることがあります。

    日本語プログラムの修士課程の卒業生は、日本語、文化、社会の専門家になることができます。彼らはしばしば高度な資格を持ち、さまざまなレベルで日本語を教えるための訓練を受けています。講師や研究者としての学問的キャリアは、修士号を修了した後の次のステップである博士課程での最も可能性の高い選択肢です。その他の職種には、大学レベルの国際留学プログラムや日本語学科のアドバイザーや、日本語が流暢である企業の職位などがあります。

    あなたのスケジュールのニーズを満たすために、フルタイムとパートタイムのオプションが世界中で利用可能なオンラインとインキャストのキャンパスプログラムがあります。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。