Keystone logo

27 修士 プログラム の 工学研究 航空工学 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • 工学研究
  • 航空工学
研究分野
  • 工学研究 (27)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の 工学研究 航空工学

修士号は、取得するのに通常1年から2年かかる研究の単位です。学生は自分の選択した分野でスキル、知識、経験を積み重ねて、キャリアを進め、より高い賃金の仕事に挑戦することができます。

航空工学のマスターは何ですか?これらのプログラムの目標は、問題解決のための本質的な概念、研究、分析スキルを身につけることと、エンジニアリング分野の同僚と協力することです。コースの研究には、航空宇宙航行と技術、衛星設計、高度な計算方法、航空推進、基本的なエンジニアリング作業などがあります。生徒は関連する科目のトラックを追加したり、博士課程のプログラムを続けることができます。

航空工学のプログラムを修了すれば、多くのメリットが得られ、多種多様な潜在的なキャリアチャンスが開かれます。効率的なコミュニケーション、理論的スキルの適切な適用、グローバルなエンジニアリング環境への暴露はすべて、学生が自分の分野でより報酬の高い立場に立つために競争する準備に役立ちます。

プログラムを受講する費用は、学校の所在地や選択したコースによって異なる場合があります。プログラムに興味がある学生は、費用や追加要件についての質問を大学に問い合わせる必要があります。

航空工学の学位を取得することで、様々な履行のポジションを確保することができます。エンジニア、システムエンジニア、製造エンジニア、産業エンジニア、機械エンジニア、電気エンジニア、コンピュータハードウェアエンジニア、建築マネージャ、航空会社、教師など、航空宇宙や航空宇宙の可能性があります。多くのエンジニアは、連邦政府、軍隊、航空宇宙製品製造業者、大学、研究機関、コンサルティング機関など、関連業界内の仕事を探しています。

継続的な教育は、時にはバランスのとれた課題であると理解できます。コースは、あらゆる種類の学生に対応するフルタイムとパートタイムのオプションを国際的に提供しています。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。