Keystone logo

36 修士 プログラム の 工学研究 機械工学 製造工学 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • 工学研究
  • 機械工学
  • 製造工学
研究分野
  • 工学研究 (36)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の 工学研究 機械工学 製造工学

彼らの履歴書を強化しようとする学生は、しばしば高度な研究のための修士号プログラムに向かいます。通常、これらの大学院レベルの学位は、1年から3年で修了し、選択した分野で高度に訓練された専門家として学生を育成することができます。

製造エンジニアリングのマスターは何ですか?製造エンジニアリングのマスターは、成功した製造管理への道を学生に任せることができます。学生は、それぞれのエンジニアリング業界で必要とされるスキルを開発し、ビジネス慣行と最新の科学技術革新を組み合わせる方法を学ぶことができます。カリキュラムは、通常、ビジネスプラクティスに重点を置いていないエンジニアリングと材料科学に重点を置いており、学生には特定のプロジェクトの独自の製造システムを開発するように訓練しています。製造プロジェクトは、工業的、機械的、航空学的、市民的なものがあります。

製造エンジニアリングの卒業生は、高度なエンジニアリング技術、製品開発戦略、効果的なリーダーシッププラクティスなど、多くの重要なスキルと能力を得ることができます。学生は、これらのスキルを使ってプロと個人の発展をさらに進めることができ、自分の夢の分野で有益なキャリアを得るためにトレーニングを適用することができます。

マスターのプログラムを自分の予算に当てはめるのは、それよりも簡単かもしれません。遠隔地のプログラムでは、地元のプログラムに代わる手頃な価格の代替手段が提供されることがありますが、費用は大学によって異なります。見込みのある学生は、選択した大学に連絡して、詳細な料金表と予算計画の支援を受ける必要があります。

製造技術は、より多くの技術が日常生活に統合されるにつれて、拡大を続けることが期待される豊富なキャリアチャンスを学生に提供します。この学位を持つ卒業生は、製造研究者、品質管理者、ビジネスコンサルタント、継続的改善管理者、およびプロダクションマネージャーの資格を得ることができます。他の可能なキャリア・アベニューには、購入、専門的開発、プロセス改善などのフィールド内の作業が含まれます。

オンラインでの利用やキャンパス内のクラスのおかげで、製造エンジニアリングのマスターを追求することが以前より簡単になりました。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。