Keystone logo

17 修士 プログラム の 防災 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • サステナビリティ研究
  • 環境の持続可能性
  • 防災
研究分野
  • サステナビリティ研究 (17)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の 防災

学士号を取得した後、修士号取得を目指す卒業生もいます。これらのプログラムは、学生が選択した科目をより深く理解することを可能にします。より多くの知識に加えて、修士号は独身者よりも高い賃金の仕事を開くことができます。

防災のマスターは何ですか?これらの修士号プログラムは、災害を予防し、準備することによって人生を救う方法を学生に教えるものです。生徒は、火災、洪水、暴風、その他の自然災害の影響に対抗する政府系および非営利組織のシステムを作成する方法を学びます。これらのプログラムでは、いくつかの種類の脅威の分析、初心者の管理、効果的な安全プログラムの作成に関するコースを受講することができます。学生は、社会政策、災害後管理、持続可能な再開発、災害の経済などの分野に特化することができます。

防災のマスターを持つ卒業生は、通常、多くの状況で人命を救うスキルになることができる安全性の徹底的な理解を持っています。さらに、これらの学生は、たとえ最悪の状況であっても、大勢の人々をどのように組織するかを学びます。学生は、雇用者が必要とするかもしれない危機管理スキルを得ることができます。

防災で修士号を取得するコストは、多くの独立した要素によって決まります。たとえば、異なる国の学校では、授業料が大きく異なる場合があります。さらに、一部の大学では地元の学生にさまざまな料金を請求しています。見込みのある生徒は、プログラムの費用を理解するために、各機関に相談する必要があります。

連邦、州、地方レベルの政府はすべて災害管理専門家を必要とし、災害対策マスターは卒業生がこれらの役割に適しています。災害対応や予防管理者として、これらの専門家は、災害発生時に人命や財産を救うためのシステムを考案し監督しています。彼らはレスポンダーの全チームを管理することができます。この学位を取得した卒業生は、大規模な災害発生後に現場にいる非営利組織でも復旧を支援するために働くことができます。

残念ながら、世界中のあらゆる場所で災害が発生しています。そのため、多くの地域でこの分野の修士号プログラムが提供されています。学生は地元で、別の国で、あるいはオンラインで勉強することができます。下記のプログラムを検索し、あなたが選んだ学校の入試事務所に直接お問い合わせください。