Keystone logo

3 修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー工学 電力エンジニアリング 2024

フィルタ

フィルタ

  • 修士
  • MSc
  • MA
  • エネルギー研究
  • エネルギー工学
  • 電力エンジニアリング
研究分野
  • エネルギー研究 (3)
  • メインカテゴリに戻る
場所
他の場所を探す
学位の種類
間隔
勉強のペース
言語
言語
学習フォーマット

修士 プログラム の エネルギー研究 エネルギー工学 電力エンジニアリング

電力工学は電力システムのさまざまな側面をカバーします。これには、発電、送電線、変圧器、パワーエレクトロニクス、再生可能エネルギー源が含まれます。

電力工学の学位プログラムに登録すると、理論と実践の組み合わせのコースワークに取り組むことになります。電気回路、電磁理論、制御システム、パワー エレクトロニクスなどの主要科目を学習しながら、数学、物理学、工学原理の強力な基礎を構築します。

電力工学プログラムでは、多くの場合、スマート グリッド、エネルギー貯蔵システム、高電圧工学など、興味のある特定の分野を専門に学ぶ機会が学生に提供されます。これは、キャリアの希望に合わせて教育を調整し、業界のトレンドを先取りできることを意味します。

卒業生は公益事業、製造、運輸、コンサルティングなどのさまざまな分野で仕事を見つけており、多様性と成長の可能性を求める人にとっては素晴らしい選択肢となっています。

電力工学の学位を取得することで、世界のエネルギー情勢に永続的な影響を与えるために必要なスキルと知識を得ることができます。

修士号は大学の学部過程を卒業した後に取得できる学位です。 修士号を取得するためには、テストや論文の提出が求められている12から18の大学授業を終了しなければなりません。